日本は既に「茹でガエル」の領域に入っている

7月19日(金)雨 

 現代貨幣理論(MMT)が持て囃されている。確かに際限なくお金が使えれば勝手気儘ができる。しかし「茹でカエル」と言われる。気儘に借金を続けると何時かは限界がくるがそうなった時は既に手遅れ。自らを律する限界線を設定しそれ以上は借金しない決意が必要。

| | Comments (0)

掛け声だけの地方創成で具体的な成果はゼロ

7月18日(木)晴れ 

 縮んで行く地域社会はこれからどうなるのか多くの有権者が行く末を案じている。自民は地方創成の旗を振り東京への一極集中の是正と出生率の向上を言うが一極集中は寧ろ進んでいる。目立つのは地方創成交付金のみ。野党はこぞって地方分権を言うが具体策がない。

| | Comments (0)

寝た子を起こした防衛省

7月17日(水)晴れ 

 参院選秋田選挙区で陸上配備型迎撃ミサイル「イージス・アシュア」の配備が参院選の争点に。防衛省のずさんな調査が発覚し謝罪と再調査の約束で防戦に回る与党現職に対し野党新顔は配備反対を掲げ激しく競り合っている。選挙結果は配備の行方にも影響しそうだ。

| | Comments (0)

これで50年までに80%排出削減ができるの?

7月15日(月)雨 

 来年からパリ協定が始まるのを前に世界の脱炭素化が加速している。再生可能エネルギーは10年間で倍増し総発電量の4分の1を超えた。石炭火力発電も先進国では全廃や縮小を目指す。だが日本は再エネは2030年に2224%しか見込まず石炭火力も26%残す計画。

| | Comments (0)

中国が着々と台湾へ触手を伸ばしている

7月14日(日)曇り 

 中国が北京と台北を高速鉄道で結ぶ計画を2016年の5カ年計画に盛り込んだ。台湾側はありえないと切り捨てたが福建省の平潭島への架橋工事が進み来年にも北京発の列車が乗り入れる。台湾が実行支配する金門島で昨年大陸から送水管が敷かれ島民も歓迎している。

| | Comments (0)

安倍首相は遮二無二米国から武器を買いまくる

7月13日(土)曇り 

 三菱重工業小牧南工場は戦後初の国産戦闘機F1を製造し日米共同開発のF2やライセンス生産のF15など国内唯一の戦闘機の完成機製造工場。だが日本政府は昨年12月にこの工場でのF35の組み立ての中止を決定。105機の追加購入に合わせ完成機の輸入に方針転換。

| | Comments (0)

米国の目論見は完全に失敗に

7月12日(金)雨 

 米国は10日にあったIAEAの特別理事会の開催を英仏独と共同で要請しようとしたが折り合えず理事会の中でもEUが米国の一方的な離脱に遺憾の意を表明するなど多くの国が合意の重要性を強調し米国が目指す対イラン包囲網の構築にはほど遠い実態が浮き彫りに。

| | Comments (0)

東京モーターショーは国際色が薄れる

7月11日(木)曇り 

 今年10月に開かれる東京モーターショーで海外勢の出展見送りが相次ぐ。前回も米国勢などが参加しなかったが今回はドイツ勢が不参加を表明。日本の自動車市場は人口減や若者の車離れで伸び悩んでおり海外メーカーは隣国・中国に目を向け上海に力を入れている。

| | Comments (0)

同一労働同一賃金と言うけれど

7月10日(水)曇り 

 厚生労働省の18年の調査では男性の非正社員の月額平均賃金は男性正社員の66.2%にとどまり女性の非正社員の平均賃金も女性正社員の70.8%で男女とも前年より広がった。安倍政権の6年間で非正社員は約300万人増えて2150万人に達し働き手の38%を占める。

| | Comments (0)

安全ならなぜ表示しないのか

7月9日(火)曇り 

 野菜や家畜など生物の遺伝情報をピンポイントで変えられるゲノム編集技術を使った食品が市場に出回る。先ず血圧抑制を狙ったトマトが来年にも発売される見込み。ただ国への届け出なくても罰則はなく食品表示も見送られる見通し。消費者の不安はぬぐえないまま。

| | Comments (0)

«成長戦略はお題目ばかりで具体策がない