中国からの多額の借金への警戒感は増している

8月26日(月)晴れ 

 今アフリカではドローンでの輸送や携帯アプリでの農産物管理など先進国で時間をかけて発展した技術が一足飛びで普及する技術革新の舞台。そんな大陸のいまと未来を語るアフリカ開発会議が横浜で開かれる。援助する相手ではなく対等の相手として向き合いたい。

| | Comments (0)

今日から脱プラに向かって歩み出そう

8月25日(日)晴れ 

 プラスチックごみの海洋流出を2050年までにゼロにする目標が先のG20で決まった。ただ国や自治体の対策だけでプラごみを減らせるわけではない。私たち一人ひとりがプラスチックにどっぷり浸かった日常を見直し一歩ずつ脱プラに向かって歩み出すことが大切。

| | Comments (0)

ブラジルの政権は環境保護より開発を優先

8月24日(土)晴れ 

 ブラジル国立宇宙研究所によると今年1月以降アマゾンでの森林火災件数は3万9千件を超え昨年同時期より78%増え焼失面積も前年同期より79%増えた。違法伐採も横行しており今年1~7月の伐採で失われた面積は約4698平方㌔で昨年1年間の95%に相当する。

| | Comments (0)

経済効果だけで何でも決めて良いのか

8月23日(金)雨 

 横浜市がカジノを含むIR誘致を発表。林市長はその理由として19年をピークに人口が減少に転じ観光客も日帰りが多く消費額が少ない、IRの誘致で建設時に1兆円前後の経済波及効果が生まれ年1千億円前後の増収が見込めると言う。だが依存症など心配する声も。

| | Comments (0)

先ず行政監査の実を挙げることに重点を

8月22日(木)曇り 

 立憲民主党と国民民主党の両代表が会談し秋の臨時国会前の衆参両院での統一会派の結成で合意。衆院では野田代表の会派も加わり全員が合流すれば117議席となり第2次安倍政権発足後の最大勢力に。6年半を超す長期政権のおごりと緩みは明かで先ずそこを正す。

| | Comments (0)

日本も航空母艦を持つ時代に

8月21日(水)晴れ 

 護衛艦「いずも」は20年度に甲板の耐熱強化などの改修を行いF35Bが発着艦できるように改造するが日本がF35Bを配備するのは24年度。その間米海兵隊のF35Bを使って戦闘機の運用の要領などを確立するという。いよいよ米第七艦隊の一翼を担う存在になった。

| | Comments (0)

当分異常状態は続く

8月20日(火)曇り 

 日本の太平洋側を流れる黒潮の大蛇行が長期化している。気象庁が2017年8月に発生を確認してから2年。生鮮カツオの水揚げ量日本一を誇る気仙沼漁港は大打撃。逆に和歌山県では豊漁が続く。大蛇行の原因の渦を押し流す流れは弱くすぐに終わる兆候は見られない。

| | Comments (0)

高度成長時代の遺物を未だに引きずっている

8月19日(月)曇り 

 建設中の整備新幹線のうち武雄温泉―長崎間は当初見込みより1188億円増えた。在来線の特急が走る区間に巨費を投じてまで新幹線が必要か。整備新幹線の建設は高度成長末期の計画に基づく。人口が減り高齢社会のいま優先すべきは医療や介護、子育てではないのか。

| | Comments (0)

財政健全化の旗は掲げ続けるが具体策は示さず

8月18日(日)晴れ 

 政府が2025年度に達成をめざす財政健全化の目標は実現不可能。内閣府が発表した28年度までの試算では名目の経済成長率が1%台半ばでは赤字から抜け出せない。名目で3%程度を上回る成長が続くとしても25年度は2.3兆円の赤字。黒字は27年度を見込む。

| | Comments (0)

優勢保護の思想が闇のルートで広がっている

8月17日(土)晴れ 

 妊婦の血液から胎児の染色体の異常を調べる新型出生前診断が認定外の民間クリニックでも行われてまれな染色体の異常など日本産科婦人科学会の指針外の検査まで広がっている。検査後の妊婦ケアが不十分なところもあり不確実な結果に基づく中絶に繋がる恐れも。

| | Comments (0)

«米市場に景気後退の前兆現象が