若い元気な感染者が活発に活動している

4月5日(日)雨 

 東京都で新型コロナウイルスの感染者が新たに118人確認され1日あたりの感染確認者数が100人を超えたのは初めて。累計は891人になった。6080代の男女5人が死亡しうち3人が集団感染が起きた永寿総合病院の入院患者。年齢別では30代が21人と最も多い。

| | Comments (0)

自宅療養では家庭内感染が防げない

4月4日(土)晴れ 

 世界で最初に新型コロナウイルスの感染爆発を経験した中国・武漢市では1月中旬に医療機関がパンク状態になり軽症者は次々と自宅に戻された。だが感染者から家族らに感染する家庭内感染が次々と発生。このころ中国本土で起きた集団感染の約8割が家庭内感染。

| | Comments (0)

何のための隔離政策か

4月3日(金)晴れ 

 新型コロナウイルスの感染拡大のなか各自治体にとって病床の確保が緊急の課題になっている。政府の専門家会議は東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫の各都府県について医療提供体制の切迫を指摘。その対策として厚生労働省は軽症者は原則自宅療養を打ち出している。

| | Comments (0)

飲食や小売りの客が激減し五輪延期が追い打ち

4月2日(木)晴れ 

 3月の短観で代表的な指標の大企業・製造業の業況判断指数がマイナス8と昨年12月の指数から8㌽下げ7年ぶりのマイナス圏へ。新型コロナウイルスの感染が広がってから初の結果で2009年3月調査以来の大幅な下落幅。底が見えずに景況感が急速に冷えている。

| | Comments (0)

外需の見通しが厳しいので内需の振興に力を入れる

4月1日(水)雨 

 中国の3月の製造業購買担当者指数は52で過去最低だった2月(35.7)から16.3㌽の急回復になった。新型コロナウイルスの感染拡大が止まり工場の再開が進んだため。ただ世界で感染拡大が止まらず外国への輸出が減り政府が描いていたV字回復のシナリオに狂い。

| | Comments (0)

感染するリスクより感染させるリスクを考えろ

3月31日(火)曇り 

 東京都の小池知事が緊急記者会見で最近は感染経路が不明な方が増えておりその中で特に夜間から早朝にかけて営業しているバーやナイトクラブ、酒場など接客を伴う飲食店で感染したと疑われる事例が多発していると述べた。感染者は都内で38人確認されている。

| | Comments (0)

8050問題が深刻化している

3月30日(月)曇り 

 無職で独身の4050代の子が高齢の親と同居し生活費を親に頼っている家庭が2013年時点で推計約57万世帯あり1995年の約3倍に。7年後の現在は事態が更に悪化している可能性が高くこれらの家庭はひきこもりや介護、貧困など課題を抱え社会から孤立し易い。

| | Comments (0)

フリーランスが悲鳴を上げている

3月29日(日)雨 

 フリーランスのカメラマンとして働く男性は電話がこわいと打ち明ける。例年なら春は遠足、卒業、入学とイベント目白押しで撮影の依頼が入る。だが今年は新型コロナウイルスの影響で一変。安倍首相の全国小中高校の一斉休校宣言以来キャンセルの電話が絶えない。

| | Comments (0)

日本の産業の基幹である鉄鋼業の不振が続く

3月28日(土)雨 

 国内鉄鋼2位のJFEが高炉の休止を含む構造改革策を発表。新型コロナウイルスの感染拡大で鉄鋼の需要減は避けられずさらなる生産能力削減に追い込まれる可能性もある。最大手の日本製鉄も生産設備の大規模削減を先月発表しており日本勢の苦境が深まっている。

| | Comments (0)

景気後退はウイルス禍の前から始まっている

3月27日(金)曇り 

 政府は3月の月例経済報告で景気判断を3カ月ぶりに下げ「新型コロナウイルス感染症の影響により足下で大幅に下押しされており厳しい状況に歩く」との見方を示した。2013年7月から続けた回復との文言を6年9ケ月ぶりに削除し景気は後退局面に入った可能性。

| | Comments (0)

«海外から来た感染者が国内の大流行の原因に?