« 副作用の無いクスリはない | Main | 認知症のお年寄りの運転事故が増えている »

米国では今迄本当にBSEの発生は無かったのか

6月25日(土)晴れ
 米でBSE2例目確認。簡易検査で陽性となりIHC法では陰性と出たが英国の研究所が別の検査法で陽性と判定。今迄BSEの発生は無いと強気に押し捲って来た米政府の検査体制そのものが揺らぐ。牛肉の輸出再開を業界から強く迫られているだけに難題を抱えた形。

|

« 副作用の無いクスリはない | Main | 認知症のお年寄りの運転事故が増えている »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 米国では今迄本当にBSEの発生は無かったのか:

» 英国:BSE(狂牛病)被害者は本当に150人だけ?盲腸推計3800人と、二次感染防止通知6000人 [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
BSEによる変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)について、一部の学者の方々によって喧伝されるのは、「リスクは僅少」という形容をつけた、発病した「死者」の数だけだったりします。しかし私達が注意しなければならないのは、彼らが公衆衛生や院内感染の専門家ではなく、二次感染問題などに触れていないということです。 BSE/vCJDの問題は、今現在&ここ数年の患者数だけではまだまだ判断できず、状況を見守るしかない点�... [Read More]

Tracked on June 29, 2005 04:30 PM

« 副作用の無いクスリはない | Main | 認知症のお年寄りの運転事故が増えている »