« EUの先行きに暗雲 | Main | 国民投票は必ずしも有効な政策決定手段とは言えない »

民主党は戦術転換を

5月31日(火)雨後晴れ
 民主・社会両党が漸く審議に応じると言う。先ずは朗報だが審議拒否以外の戦術は無いのか。郵政民営化より優先すべき重要課題が山積していると言うなら単独ででもそれに関連した審議を積極的に進めるべきではないのか。そうでないと単なる怠惰としか映らない。

|

« EUの先行きに暗雲 | Main | 国民投票は必ずしも有効な政策決定手段とは言えない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 民主党は戦術転換を:

« EUの先行きに暗雲 | Main | 国民投票は必ずしも有効な政策決定手段とは言えない »