« June 2005 | Main | August 2005 »

教員を減らして浮いた財源を高齢者福祉へ

7月30日(土)晴れ
 文科省は40人学級の縛りを緩め教員の加配を大幅に認める方針。少子高齢化が急速に進む現状では教育関連費の温存は財政を益々悪化させるだけ。少子化で家庭の負担も減っているはず。学校教育の負担を減らし家庭での教育を強化する方向に施策を転換すべきだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

禁煙より分煙の徹底

7月29日(金)晴れ
 新幹線の新型車両に喫煙ルームを導入。喫煙が悪で禁煙が善との一元的主張が勢力を増し急速に禁煙場所が拡大する中で肩身の狭くなった愛煙家には久々の朗報。統計的には喫煙は死を早めるが長寿者に煙草のみは多い。健康障害より精神的安らぎが長寿に好作用。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

kinnenn

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NHKは悪質リフォーム業者の先棒を担ぐな

7月28日(木)晴れ
 クローズアップ現代でアスベスト禍を放映。有識者が死んだ子の歳を数える論議に終始したのに司会者が盛んに住民への不安を掻き立てる。石綿は樹脂やセメントで固めてあれば安全と何故言わないのか。これでは悪質リフォーム業者に格好の脚本を与えてしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

議員年金は直ちに廃止すべきだ

7月27日(水)快晴
 議員は選挙に負ければ唯の人と言われているのに議員年金が有るのはおかしい。議員は辞めても人付き合いが多く他の人に比べて出費が嵩むと当の本人は言うがその付き合いが政治活動ならその経費は党が負担すべきだ。そのために党に対して税金が使われている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天下りが悪いのでなくOBに情報を洩らす現職幹部が悪い

7月26日(火)台風
 道路公団は職業選択の自由を侵す恐れがあるとして天下り禁止を見送る方針。民間企業では退職後の一定期間同業他社には就職しないとの誓約を取るので一概に違反とは言えないが、要は現職者がOBに情報を洩らさなければ企業側も敢えて天下りを受け入れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民営化法案否決時の解散で民主党に漁夫の利はない

7月25日(月)曇り
 民営化法案否決時の解散では民主党大敗の可能性も。選挙は守旧派の最後の決戦場。分裂した第二自民党は徹底した組織選挙で手堅く纏める。民営化で被害を受ける自治労が応援の可能性も。民営化推進の経済界は勿論小泉首相支持。日和見野党に支持者は居ない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロンドン警視庁の誤射殺は不可抗力の事故

7月24日(日)曇り
 突然5人の男が襲い掛かってきたので逃げだ。警察官の身分を明かしての逮捕行動ではその間に自爆する。自爆されれば自分も含めて周囲の人に被害が及ぶ。頭部を狙い瞬時に死亡させた。悲しい事ではあるがやはり偶発的に起きた不可抗力な事故と考えるべきか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルカイダはイスラム教過激派ではない

7月23日(土)晴れ
 ロンドンやエジプト等テロ事件がエスカレートしている。自爆中心の手口からアルカイダの仕業だろうが彼らをイスラム過激派と呼ぶのを止めよう。彼らは単に市民社会の撹乱を狙うテロ集団で宗教的思想とは無縁。イスラム対キリストの宗教戦争は彼らの思う壺。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

積極的に外へ出て不審者探しでテロ防止に協力を

7月22日(金)晴れ
 ロンドンでは相次ぐテロで観光客の落ち込みが心配。一度起きるのと恒常的に見舞われるのでは決定的に違うと業界も憂い顔。家に閉じこもって居らず積極的に外に出て不審な物を見聞きしたら当局に通報しテロ防止に協力して欲しいとは国際旅行観光会議の声明。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

sekkyokutekini

| | Comments (0) | TrackBack (0)

沖縄米軍に根強く残る占領軍意識

7月21日(木)晴れ
 沖縄米軍基地内での実弾射撃訓練に住民から即時中止の声。米軍は何故住民感情を逆撫でする行為を敢えて行うのか。広い基地内の何処へでも訓練施設を移せる筈。住民を騒がせて基地の存在を世界にPRするためか。はたまた占領軍であることを誇示したいのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アスベスト禍は個別対応の問題で一般社会問題ではない

7月20日(水)曇り
 アスベスト被害が連日紙面を賑わしているがそれ程の問題か。99~04年度の6年間の労災認定患者は僅か532人。過去の統計解析でも40年間の100万件の解剖結果の内中皮腫は2000件弱。労災としては小さな数字では無いが一般の死亡原因としては取るに足らない。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

武力で相手を威圧する米国の片棒は担ぐな

7月19日(火)晴れ
 安全保障上の利益がグローバル化している今の世界では集団的自衛権の行使が憲法違反か否かの議論は馬鹿げていると米政府高官が批判。一理ある。だがその前にその戦闘行為自体が武力を国際紛争解決の手段にせずとした第1項に抵触するか否かの詮議をすべき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

郵政民営化に反対なら自民党を出るべきだ

7月18日(月)晴れ
 自民党は2回の総裁選で郵政民営化を掲げる小泉氏を選んだ。先の衆院選でも党の公約として戦った。その党に居て何故民営化反対なのか。党の方針と異なるなら離党すべし。民営化の賛否では国論は二分されているが反対派の離党では世論は一致していると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「少子化対策に移民の受入れを」論義は慎重に

7月17日(日)晴れ
 ロンドンの同時多発テロはパキスタン系英国人集団の犯行らしい。同じ英国人と謂えども低所得水準や高失業率など差別的扱いを受けている。日本で少子化に伴う労働力不足に移民容認の声があるが一時凌ぎの対応で無くこの様なリスクも考慮に入れた議論が必要。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アスベストは禁止ではなく厳格な管理の下での限定的使用

7月16日(土)晴れ
 石綿の全面使用禁止措置が遅れたとの批判があるが何でも使用禁止にする事には反対。石綿は耐熱性や耐薬品性に優れ布等への加工性にも優れた天然素材。樹脂で固める等使用上の管理を強化し明確な表示を義務付けて廃棄処理を厳格に行えば被害は完全に防げる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

知床の住民は観光客を一切入れない決意を

7月15日(金)曇り
 知床が世界自然遺産に登録された。流氷の南限に位置して流氷が齎す恵みによる食物連鎖のモデルが見事に具現化されている。だが屋久島や白神山地の苦い経験を引く迄もなくそれを壊すのは人間。住民は観光客を一切入れない堅い決意で祝賀式典に臨んで欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小学校に日本語会話の課程を設けよ

7月14日(木)曇り
 ついカッとなってやったとは凶悪犯少年の弁。奥に自分の意思を十分表現出来ないもどかしさが潜む。特に若年層の間で日本語の乱れが目立つ。英会話の授業があるのに日本語会話の授業が無い。きちんとした日本語ではっきり自分の意思を表現する訓練をすべき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ロンドンの同時多発テロは普通の市民による自爆テロ

7月13日(水)曇り
 ロンドンの同時多発テロはごく普通のイギリス市民による犯行。だがサミット初日に高性能な軍事用の爆発物を使った自爆テロ。社会に不満を持つ単なる衝動的犯行ではなく高度に組織化されたもの。テロ思想がそこまで社会に深く浸透している事に怖さを感じる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

公共工事の無駄は談合ではなく予定価格の設定にある

7月12日(火)曇り
 橋梁談合事件で公団元理事逮捕。談合により競争原理が働かず数百億円無駄が出たと実しやかに騒ぐが予定価格を低く抑えれば防げる話。本人は良い橋を作るために業者任せに出来なかったと語る。内部で切磋琢磨すれば技術革新は進み国民にとっては寧ろプラス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アスベスト禍で何故マスコミが騒ぐのか不可解

7月11日(月)晴れ
 アスベストによる中皮腫は発症機構が明確である量以上吸い込まないと発症しない。ビルの解体等一時的に吸い込んでも問題ない。それが労働災害であり公害ではないとする由縁だ。しかも労働環境は大幅に改善されておりこれ以上問題が深刻化する可能性は皆無。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

石油の枯渇がいよいよ現実問題に

7月10日(日)晴れ
 ロシアは東シベリア油田から太平洋へ繋ぐパイプラインを途中から迂回させ当面中国へ送ると発表。中国は急速な経済成長で石油の需要は鰻登り。世界中から買い捲る。それでも1人当たりの石油消費量は日本の1/10。中国のガブ飲みで石油の枯渇が益々加速する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

英国報道陣の良識ある行動に感服

7月9日(土)曇のち驟雨
 イギリスでは同時多発テロに関しては警察の発表以外一切の報道が無いと言う。勿論日本でお馴染みの死者の名簿や収容されている病院名の公表も無い。危機管理の徹底振りに感服。テロの起きる確率が高まったと徒に不安を煽る報道に明け暮れる日本とは対照的。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

eikokuno

| | Comments (0) | TrackBack (0)

米国が同時多発テロをイラク攻撃の正当化に利用

7月8日(金)曇
 米当局者がロンドンの同時多発テロにザルカウィ氏が関与した可能性が高いと述べたが英当局者は否定。米国は何が何でもイラクとアルカイダとを結び付けイラク攻撃を正当化しようとしている。特にザルカウィ氏が当面の標的。だが英国はこの戦術に同調しない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アスベスト禍でなぜ今騒ぐのか

7月7日(木)曇
 石綿問題で自治体が各地で立ち入り調査。なぜ今騒ぐのか不可解。全て過去の情報で新事実は何も出ていない。石綿は20年前に厳格な法規制が敷かれ完璧な管理下にある。死亡した従業員も全て労災認定され各地の労働基準監督署へは発生や対策の詳細が報告済み。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やはり小泉さんは勝った

7月6日(水)曇
 不成立なら解散と小泉首相は強気の発言を繰り返す。政治生命を掛けているだけに実行するだろう。解散すれば後釜が無い自民党は困り分裂も有り得る。反対派もそれまでは望んで居ない。でも面子は立った。民主党はただ情勢を見詰めるだけで陰が益々薄くなった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

郵政民営化法案の衆院採決は観客ゼロの茶番劇

7月5日(火)薄曇
 郵政民営化法案が5票の僅差で衆院通過。自民党で党議拘束に反し37人が反対。だが相変らずの裏談合でその理由は不明確。議員内閣制では首相が直接国民に説明する事は無いが議員達には説明責任がある。比例区議員には党議拘束を掛け選挙区議員は自由投票に。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

郵政民営化の本質が見えた

7月4日(月)雨
 特定郵便局長会と自治労郵政支部が合同で民営化反対デモ。コスト低減や業務効率化等の顧客サービスの質向上策は一般的には労働者に過酷労働を求め労使対立の構造を生む。逆に言えば労使の利害が一致する民営化反対が顧客サービスの質向上に繋がっていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無風状態で終わった都議選

7月3日(日)曇り
 都議選は際立った政策論争も無く投票率が44%と過去2番目の低さに終わる。民主党は35議席を獲得し第二党に躍り出たが勝因が分からず。当面岡田体制の面目を保ったのみ。自民党も議席を減らしたが目標議席に迫っただけに責任問題に発展する程では無かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

家の補強工事では効果確認条項を必ず入れる

7月2日(土)曇り
 悪質リフォーム業者による杜撰な工事の被害では容疑者を詐欺罪で立件するのが困難。地震で倒壊する危険性がある家屋なのは事実。不当な価格とは言え一応契約上の工事も行っている。杜撰な工事か否かが争点だが補強効果確認の条項を入れていないのが致命傷。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アスベスト疾患の問題は騒ぎ過ぎ

7月1日(金)曇り
 石綿による発ガンでは過剰報道が目立つ。現在は石綿の取り扱いが法律で厳しく規制されており不慮の災害でも遭う事は無い。しかもある一定量以上吸い込まないと発症しないのでビルの解体工事等で過去に吸った人でも現在兆候が無ければ突然発症する事は無い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

流域自治体の撤退表明でダム建設は中止できる

6月30日(木)曇り
 国交省は淀川水系2ダムの建設中止を決定。流域自治体が相次いでダム事業からの撤退を表明し事業継続が困難と判断。海岸線の崩壊などダムの害は計り知れない。バブル期に作った右肩上がりの需要増の亡霊を退治して森林回復による地下水利用への転換を急げ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »