« 郵政民営化の本質が見えた | Main | やはり小泉さんは勝った »

郵政民営化法案の衆院採決は観客ゼロの茶番劇

7月5日(火)薄曇
 郵政民営化法案が5票の僅差で衆院通過。自民党で党議拘束に反し37人が反対。だが相変らずの裏談合でその理由は不明確。議員内閣制では首相が直接国民に説明する事は無いが議員達には説明責任がある。比例区議員には党議拘束を掛け選挙区議員は自由投票に。

|

« 郵政民営化の本質が見えた | Main | やはり小泉さんは勝った »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 郵政民営化法案の衆院採決は観客ゼロの茶番劇:

» 郵政民営化が衆議院を通過しました。 [デザートスプーン・テラス]
郵政民営化が衆議院を通過しました。 首相は「やり~」って感じで、サミットに出発していました。 国会議員さんも大変ですね。地元の要望やいろんなしがらみ、それに自分の信念との間で 葛藤しながら「青票」「白票」を投じるわけで、一票の重みをすごく感じておられるでしょうなぁ。 その一票の重みを感じながらあなたに投票しているわけで、それをおわすれなくって感じがします。 自民党の若手の人が、拉致問題で活躍した阿部さんに呼ばれて 議場のすみっこで話している姿が、何度も映し出されていました。 ... [Read More]

Tracked on July 06, 2005 12:30 PM

« 郵政民営化の本質が見えた | Main | やはり小泉さんは勝った »