« アルカイダはイスラム教過激派ではない | Main | 民営化法案否決時の解散で民主党に漁夫の利はない »

ロンドン警視庁の誤射殺は不可抗力の事故

7月24日(日)曇り
 突然5人の男が襲い掛かってきたので逃げだ。警察官の身分を明かしての逮捕行動ではその間に自爆する。自爆されれば自分も含めて周囲の人に被害が及ぶ。頭部を狙い瞬時に死亡させた。悲しい事ではあるがやはり偶発的に起きた不可抗力な事故と考えるべきか。

|

« アルカイダはイスラム教過激派ではない | Main | 民営化法案否決時の解散で民主党に漁夫の利はない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロンドン警視庁の誤射殺は不可抗力の事故:

« アルカイダはイスラム教過激派ではない | Main | 民営化法案否決時の解散で民主党に漁夫の利はない »