« 介護実態に即して多用性を持つ介護施設の設置を | Main | 議員の勉強不足だけが目立つ参考人招致 »

科学技術予算の使い道開拓で何処の研究機関も忙殺されている

11月28日(月)晴れ
 科学技術基本法が成立して最初の5年間の投資はそれまで乾き切っていた田に水が行き渡り全員安堵の息をつく。だがその後の5年間は洪水気味。何処もお金の使い道に翻弄されている。お金を掛ければ良い技術が生まれる訳でもない。実態に合わせて予算縮小を

|

« 介護実態に即して多用性を持つ介護施設の設置を | Main | 議員の勉強不足だけが目立つ参考人招致 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 科学技術予算の使い道開拓で何処の研究機関も忙殺されている:

« 介護実態に即して多用性を持つ介護施設の設置を | Main | 議員の勉強不足だけが目立つ参考人招致 »