« 原子力の平和利用の道を日本が開いてやれ | Main | 前原代表が謝罪すべきは劇場型政治手法 »

ゴルビーの健在はエリツィンのお蔭

2月27(月)曇り
 いつの世にも政敵は居るし自分を追い落とした人を良く言う人はいない。だがバルト三国を始め次々と独立して行った国々を見れば例え革命が無くても早晩ソ連は崩壊しゴルバチョフ自身もっと悲惨な目に遭って居ただろうしゴルビー節も今の健在ぶりは無かった。

|

« 原子力の平和利用の道を日本が開いてやれ | Main | 前原代表が謝罪すべきは劇場型政治手法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ゴルビーの健在はエリツィンのお蔭:

« 原子力の平和利用の道を日本が開いてやれ | Main | 前原代表が謝罪すべきは劇場型政治手法 »