« February 2006 | Main | April 2006 »

戦略無き喚問は無意味

3月30日(木)晴れ
 民主党は証人喚問を連呼するが喚問が成功した例は過去にあるのか。記憶に無いや真実だと信じてやったなど客観的証明の難しい個人の主観を理由にされて逃げられる。強制捜査が出来ないので検察を上回る事実は出ない。時間が空転する空しさだけが印象に残る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PSE問題は法律が悪いのではなく販売業者が悪い

3月29日(水)晴れ
 中古品でも自分で安全性を評価し自らの責任で保証すればPSEマークは貰えるし販売できる。費用が掛かるのと損害賠償が怖いからやらないだけ。商品に関する全ての責任は販売者が持つのが本来の姿。利益だけを手にして責任は他に押し付けるのは身勝手な論理。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何故社長の長男なの?

3月28日(火)曇り
 親が立派なら子も立派との仮定が成り立つなら世の中に犯罪者は居なくなる。本人は35歳の列記とした社会人。最早親に管理責任は無い。それをあたかも親の教育が悪いが如き報道をする姿勢に問題がある。社長の長男でなく秋山竜太個人の犯罪として報道すべき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

西澤氏を喚問しても事態の進展は無い

3月27日(月)晴れ
 西澤氏を喚問して何が究明出来ると言うのか。彼は口が裂けてもでっち上げとは言わない。必ず「文章自体は創作だが当時自分の周辺に噂が流れており自分は今でも真実だと信じている」と証言する。信じての行動なら罪には問えない。その後どう処理をする積り?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

後になって前言を翻しては医師が気の毒だ

3月26日(日)晴れ
 本人が意思表示出来ない状況では家族の行為が重大な意味を持つ。しかも例え明確な言葉でなくても全体の態度から相手が意思有りと判断する場合もある。長男は外科部長の行為を不当と怒っているなら別だがもし行為に理解を示すなら取材に応じるべきではない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

これ以上どう歴史認識を正せと言うのか

3月25日(土)晴れ
 過去の過ちの責任を痛感し深く反省する証として小泉首相は靖国神社参拝で不戦の誓いをしている。日本は戦後一貫して不戦を実行し今迄一度も戦闘で他国民を殺していない。これ以上どう認識を正せと言うのか。他人の行動を故意に曲解し批難するのは侮辱行為。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

医療ミスの防止対策は遅れている

3月24日(金)曇り
 人間の識別能力には限界がある。特に忙しく働く医療現場では落ち着いて確認している余裕は無い。事故が多発する現場への事故防止の機械やシステムの導入は必須。寧ろ遅きに失した感がある。ただバーコードへ間違った情報を入力したら被害は更に大きくなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

予測が正しいとどうすれば確かめられるの

3月23日(木)曇り
 多くの仮定の上に立ちしかも検証不可能な千年先を予想して何の意味があるのか。その結果から我々に何をしろと言うのか。単に予測だけなら人々を不安にさせるだけ。寧ろ検証可能な近未来を予想し効果が現れる遅延要因を加味して今何をすべきかを提言すべき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

太陽政策がテロを撲滅した

3月22日(水)晴れb
 テロの継続には膨大な資金が必要で誰か後ろ盾が要る。勿論市民の支持も鍵。過激な行動には政府に対する市民の不満が背景にある。敵愾心を剥き出しに力で抑えようとすれば却って先鋭化する。市民の生活が安定し政府も対話路線を重視すればテロは必ず防げる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

男性には一生社会で働く義務がある

3月21日(火)晴れ
 どんなに社会が変っても男性は社会に出て仕事をする義務を持つ。家庭内での分担論議も分かるが特に30歳前半は社会の中での自分の位置決めや自分の専門性を高める上で一生の中で極めて重要な時期。例え企業側で良い育児休暇制度を設けても実際には使い辛い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お金が使われる先が問題

3月20日(月)晴れ
 今回の問題は金額ではなくその使われ方。国内の基地では日本人を雇い国内で物資を調達する。その結果お金は我々に還流され国全体では損失が少ない。だがグアムで使われたら米国人が給料を貰い米国にお金が落ちる。これでは完全に米国への単なる寄付に終る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

組織の長は疑惑を招き易い事を全て排除せよ

3月19日(日)春の嵐
 支援を受けているからと言って検証に偏りが出るとは思わない。だが外部から疑いの目で見られるのも無理からぬ事。検証活動がエネの会の活動と無関係であり関電からの支援が必要なら会長として委員を辞退すべきだ。無関係と言い訳しながら続ける意味は無い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

定年退職者が地域を救う

3月18日(土)晴れ後雨
 能力が高くしかも就労意欲は強い。財力はあるが生活は年金で保障されている。企業誘致だけが地域活性化策では無い。農作業から環境保全まで地方で必要とする生産活動は山ほどある。少ないコストで高い税収入が期待できるこんな美味しい宝を見逃す手は無い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

非は米国にある、脅しに屈するな

3月17日(金)晴れ
 検査もせずどうして安全と言えるのか。危険部位の除去か全頭検査の何れかでしか安全は証明できない。自分で杜撰と指摘した処理施設に輸出許可を出す等米政府の対応は信用出来ない。非はあくまで米国にある。制裁で脅されても挫ける事無く安全確保を貫こう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イラクに残された時間は少ない

3月16日(木)驟雨
 多くの犠牲を払い漸く辿り着いた国民議会選挙から3ヶ月。議会開会と言っても形式だけ。相変らずの内部の権力闘争。内輪もめで隙を作ると外部から侵入する。幸い米国は羹に懲りて膾を吹いているがそれにも限界がある。此処はお互いが一歩譲って大同団結を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

裁判では何のために弁護士が付いているのか

3月15日(水)晴れ
 被告の人権を無視した不当裁判を防ぐために弁護士は付いている。被告の利益のためではない。弁護団は鑑定内容が間違いだと反論した後訴訟能力が回復するまで待てというのか。引き伸ばし戦術に乗せられ刑の執行が遅れるだけなら被害者の人権はどうなるのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「非攻撃的な防衛目的」の裏に隠されたものは

3月14日(火)薄曇
 衛星から直接攻撃する事は国際協定で禁止されており全ての軍事衛星は非攻撃的。加えて自国の軍隊を侵略の為と定義している国は無く全ては自衛目的。非攻撃的な防衛目的を容認すると米国並みの軍事衛星が可能となる。どうして為政者は武器を持ちたがるのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

渡部恒三氏の舞い上がりは目に余る

3月13日(月)薄曇
 暗いところから急に表舞台に出され照明に目が眩んだのかはしゃぎすぎの言動が目に余る。まるで場内を狂って走り回る闘牛の牛のようだ。民主党は危急存亡の危機にある。そんな事が許される状況にない。前原氏は人選を誤った事を率直に認め即刻首にすべきだ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

横っ面をはるのに札束をちらつかせる手は古い

3月12日(日)晴れ
 地域振興策は一時のカンフル剤だが基地被害は永続的。最早豪華な公共施設や札束では民意を説得できない。国は事案の必要性や代替案との比較等王道で説明すべき。特に艦載機移転問題では離着陸訓練を硫黄島ではなく市街地で行なわねばならない理由の説明を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何を言われても聞こえないふりをしよう

3月11日(土)晴れ
 いま中国は深刻な国内問題を抱えており舵取りを間違えると暴動が起きかねない。その時は不満を外に向けさせるのが最も無難な策。日本が格好のターゲットとばかり何かにつけて日本に難癖を付けてくる。大事なことはその手に乗らない事。徹底的に無視しよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

役人の巧妙な手口に騙されるな

3月10日(金)小雨
 総務・財務両省とも共済・厚生年金一元化には消極的。だから分からない数字を出して実現の困難さをアピール。要は簡単。保険料も給付金も全て含めて共済年金を廃止して厚生年金化すれば公務員の負担がどれだけ増え国の負担がどれだけ減るかを出せば済む話。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自衛隊は技能訓練より精神鍛錬を

3月9日(木)曇り
 高度な戦闘能力と高性能な武器を持ちつつ不使用を貫くためには強い自己管理能力が求められる。当然ストレスも大きい。だが憲法で戦争を放棄している以上自衛隊員はそれが義務。そのための精神鍛錬に励んで欲しい。これからの世界にはそれが役立つのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

近視眼的に出産を選択すると後が大変

3月8日(水)晴れ
 育児休暇制度履行の会社に勤務する女性に出産が多いとの調査結果を厚労省が発表。もしこの結果が真実なら近視眼的理由で出産がなされ過ぎる。本来育児とは出産直後数年の問題ではなく一生の仕事。外的要因で安易に出産が左右されるのでは子供の将来が心配。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

公私の区別は組織人の最低のモラル

3月7日(火)曇り
 公私の区別の徹底は謂わば組織人の基本。仕事中に映像を見たり音楽を聞く事は出来ない筈なのでファイル交換ソフトを取り込む必要は無い。家に仕事を持ち帰る事も本来はあってはならない事。職場での点検を強化するのではなく個人の教育に重点を置くべきだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

耐震強度の評価には種々の手法がある

3月6日(月)曇り
 五重塔など柔構造で耐震性を持たせる技法は日本の伝統技術。耐震性の評価は単なる梁や柱の強さだけでなく壁や全体構造等の要素も加味すべき。単に一つの計算結果から一方的に耐震性不足と騒ぎ立てるのは誤り。設計士の技量を信じ本人の主張を十分聞くべき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第9条は世界平和に貢献

3月5日(日)晴れ
 アナン事務総長は日本の憲法9条が世界の軍拡の抑止力に貢献していると高く評価。世界有数の経済力と技術力を持つ国が一たび軍拡に走れば一気に世界不安が高まる。強力な軍事力を持ちながら合憲の言い訳に四苦八苦している微妙なバランスが世界平和に寄与。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何故いま五輪誘致なのか

3月4日(土)曇り&驟雨
 東京都も含め何故いま五輪誘致なのか。かつての五輪開催国の事例を引く迄もなく我が国でも長野県やワールドカップを開催した各県で多くの施設が利用されず維持費の捻出に四苦八苦している。一時的な経済効果に目が眩むことなく先人の苦悩を学習して欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いまや消費税が国を支える

3月3日(金)曇り&驟雨
 高齢化が進み労働人口比が急速に落ちている。加えてフリーターやパートが増え労働分配率も落ちた。国際化が進み過度に税負担を重くすると本社を海外に移す企業が増える恐れも。給与所得者や企業からの所得税に限界が見えた。結果消費税を主な財源にせねば

| | Comments (0) | TrackBack (0)

核保有国を優遇するから皆が核武装したがる

3月2日(木)曇り時々雨
 インドは原子力関連施設を軍事用と民生用に分け民生用だけIAEAの査察を受け入れると言う。だがIAEAは燃料等が軍事用に転用されていないかを査察する。同一国内に査察出来ない施設が存在していて、民生用施設で転用が無い事を証明して何の意味があるのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

輸入再開の決定には我々消費者の意向を第一に

3月1日(水)雨
 米牛肉輸入再開は外交交渉課題では無い。再開を決めるのはあくまでも消費者。政府は早急に米報告書の全文の日本語訳を公開し一般の審査に付託すべき。危険部位の除去作業も消費者代表が監査する。その方が日本政府も米国から無用な圧力を掛けられずに済む。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

前原代表が謝罪すべきは劇場型政治手法

2月28(火)曇り
 問題の本質はメールの真贋ではない。本来無関係な民間での金銭授受を恰も政治問題の如くに装い政府与党から失言を引き出そうとした戦術自体が誤り。民主党は4点セットと息巻くがいつも抹消の議論に終始しておりそれにより何らの政治的収穫も産んでいない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »