« 横っ面をはるのに札束をちらつかせる手は古い | Main | 「非攻撃的な防衛目的」の裏に隠されたものは »

渡部恒三氏の舞い上がりは目に余る

3月13日(月)薄曇
 暗いところから急に表舞台に出され照明に目が眩んだのかはしゃぎすぎの言動が目に余る。まるで場内を狂って走り回る闘牛の牛のようだ。民主党は危急存亡の危機にある。そんな事が許される状況にない。前原氏は人選を誤った事を率直に認め即刻首にすべきだ。

|

« 横っ面をはるのに札束をちらつかせる手は古い | Main | 「非攻撃的な防衛目的」の裏に隠されたものは »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 渡部恒三氏の舞い上がりは目に余る:

» 渡部恒三氏の運動員、大麻所持で逮捕! [エヌのブログ]
今、瀕死の民主党の再建を図るべく、73歳の老骨に鞭打ちながら作り笑顔をばら撒き、大声を張り上げている平成の水戸黄門こと、渡部恒三国対委員長。 今週発売の週刊誌にとんでもない記事が掲載された。週刊新潮2006.3.23号と週刊ポスト2006.3.24号の2誌だ。 それによると、昨年の衆議院総選挙で、「奥さんの妹と、長年付き合いのある支持者が、数人のアルバイトを使ってビラを撒かせ、公選法違反で逮捕された・・・二人には懲役1年... [Read More]

Tracked on March 16, 2006 04:24 PM

« 横っ面をはるのに札束をちらつかせる手は古い | Main | 「非攻撃的な防衛目的」の裏に隠されたものは »