« May 2006 | Main | July 2006 »

子供を産む時は親としての自覚を

6月29日(木)晴れ
 子供の教育より自分のエゴを優先する親が居るのでは幾ら員数合わせで産めよ増やせよと言っても将来に禍根を残す。何故母親は教育者としての自覚を持たないのか。自分の人生からすれば高々5~6年の辛抱。自分の欲望を全て我が子に捧げ躾に徹してはどうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NHKの報道姿勢に疑問

6月28日(水)晴れ
 環境ホルモンはヒト健康への影響が少ないから当面安心とする報道姿勢は公共放送として不適正。「失われし未来」は人間生活が環境汚染の元凶とした告発本。日本だけがヒトの問題へと拡大解釈。我々の野放図な生活態度が自然生物を苦しめている実態を報道すべき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

藤井総裁はどの様な間違った政策決定をしたのか

6月27日(火)晴れ
 就任後もファンドを続けた事が日銀総裁としての業務遂行上どんな支障を来たすのか。マスコミは「国民にはゼロ金利を強いて自分だけ儲けるのはけしからん」との国民感情を煽り強引に辞任に追い込むが藤井氏を辞めさせる事が本当に国民にとってプラスになるのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

制度より内容

6月26日(月)雨のち曇り
 教育の質が問われている現状では教員の質向上は急務。その意味では免許更新制度導入は必然だが問題は更新講座の内容。愛国心など一方的な思想の押付けや紋切り型の官僚主導であってはならない。教員が更新の価値を認め積極的に参加出来る内容にして欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ポスト小泉で悪い因習が頭をもたげた

6月25日(日)曇り
 耐震偽装や薬害被害に懲りて国民の安全は国が守れとの声に押され規制緩和にブレーキが、後継総裁は派閥力学からと各派閥の動きが活発、官僚と族議員が結束して内閣主導に圧力、参院選対策と称して公共事業の復活へ、ポスト小泉を狙って亡者連が活動を再開。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

陸上での超高速移動体実験施設としては貴重な存在

6月24日(土)晴れ
IT網が整備され空間上の居場所に拘束されずにビジネスが可能となり人の往来は将来的には減少傾向。スローライフが叫ばれ高速移動体への期待も少なくなる。ただ陸上での高速走行時に発生する種々の問題に対する解決策を見出す実験施設としては貴重な存在

| | Comments (0) | TrackBack (0)

変革の速度調整の犠牲

6月23日(金)曇り
 大きな社会変革の時期には極端な行動が一部で起きる。行過ぎた行動で社会秩序が乱れるとそれを抑える力が生まれる。幾つかの犠牲を伴って変革の速度が調整され全体にはゆっくりと変革が進む。ルールは守らねばならないがそのルールは時代と共に変って行く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

凶悪犯受刑者に人命救助の仕事を

6月22日(木)曇り
 凶悪犯の殆どが自らの生命を危険に曝した経験が無く命の大切さを知らない。受刑期間中にそれらを体験させることは出所後の再犯防止に役立つのでは。自然災害で救護の仕事に当たらせては。凶悪犯に人命を預ける不安は残るが性善説に立てば妙案かも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

調査団は調査結果の詳細を公表して欲しい

6月21日(水)曇り
 背骨が混入されていなければ良いとの日米政府の誤魔化しに騙されてはならない。肝心なことは脊髄を含め危険部位の完全除去。前回の査察で杜撰な管理を見逃したのだから信用を取り戻すためにも査察結果を公表し何故輸入を再開したかの根拠を説明して欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

受信料不払いはNHKの取り組み方の鏡

6月20日(火)晴れ
 公共放送としての理念を育むのも壊すのもNHKの取り組み次第。義務化しても不払いが続くとすればそれはNHKに公共放送としての価値を認めないから。なのに罰則を科して強制的に受信料を取るのは道理に合わない。そう言う事態になったら即刻解散すべき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

藤井総裁や松井議員の何が悪いの?

 村上ファンドに関わった全てが悪いような報道に疑問。本筋を見極める必要が。藤井総裁の場合は日銀総裁の立場で投資活動に参加したのが問題。松井議員も秘書給与の肩代わりを政治資金収支報告書に記載しなかったのが問題。個人的関係まで批難すべきでない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自衛隊は将来への模範を全世界に示した

6月18日(日)雨
 喉に刺さった魚の骨は早く取り除いてやって欲しい。軍隊は戦うために組織される。それを1発の銃弾も撃たずただひたすら耐えることに徹する。並大抵のことではない。多分これからの紛争は全てこのような状態になるのだろう。今回の派遣は良い模範を示した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

税金が増えても食べて行ける

6月17日(土)薄日
 誰でも払う税金は多いより少ない方が良い。ただ不公平があってはならない。これ以上切り詰めようが無いと嘆いているが65歳未満で同じ収入の人は今迄恩恵に預って来なかった。65歳になって急に支出が増える訳はない。その人と同じ生活をすれば食べて行ける。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テポドンの発射実験の何処が脅威なの?

6月16日(金)曇り
 テポドンの発射で何故そんなに騒ぐのか。ロケットの打上げ実験はどの国も日常茶飯事的にやっている。ミサイルとは精密な誘導技術が伴って初めて兵器としての価値がある。小型核弾頭を搭載するためには核兵器の小型化と遠隔操作による爆発のシステムが必要。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BSEの肉を食べると本当に発病するの?

6月15日(木)曇りのち雨
 食品安全委員会なのだから牛肉のBSEリスクを審査する前にBSEのヒトリスクを評価すべきだ。変形CJ病で何人が死にその内明らかにBSEとの因果関係があるが何例か、異常プリオンの摂取から発病までの過程は、蓄積か増殖か、これらの疑問に答えて欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

南北統一はイベントの積み重ねで

6月14日(水)曇り
 韓国と北朝鮮は同じ民族でありながら単に政治力で分断されている形は東西ドイツと同じ。ベルリンの壁が一気に壊れた様にある日突然38度線の鉄条網が破られるかも。その力は民衆の決起以外に無い。統一のための小さなイベントの積み重ねがそのうねりを呼ぶ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

犯罪加害者は被害者に全額弁償すべき

6月13日(火)曇り
 犯罪加害者の弁済能力に応じた弁済義務を負わせているので加害者が簡単に自己破産し弁済義務を逃れる。収益金を被害者に還元するのは一歩前進だが犯罪被害者は本来全額弁済される権利を持つ。一生掛けて全てに優先し弁済義務を負わせれば犯罪が少しは減る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

領有権問題は双方が熱が冷めるのを待ってから

6月12日(月)晴れ
 韓国が竹島を基点とした提案をすることは当然予想されたこと。双方が領有権を主張している以上第三者機関の裁定を仰ぐか双方で統治する以外に方法は無い。特に時の政権が政治に利用している段階では感情的になり易い。ここは時間を掛けてじっくりとやろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

残業代をまともに払っている会社は少ない

6月11日(日)雨
 残業手当の割増率を上げれば残業が減り少子化対策に役立つとは実態を知らない役人の考え。殆どの企業でサービス残業が常態化しておりフレックスタイム制や裁量労働制など残業が付かない勤務形態への移行も増加。年俸制にして時間給でなく実績給にする所も。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メンテナンス会社が全ての責任を負え。それなりのお金を取っているのだから

6月10日(土)曇り
 日本では製造元の責任を重視し保守点検を軽視しがちだが製品はある条件下での使い方に基づいてしか設計されていない。それ故使い方が異なれば性能や寿命が大幅に違ってくる。それだけに保守点検が重要になる。保証期間以後の責任は全て保守管理会社にある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何故いま閣議決定なのか

6月9日(金)雨
 防衛問題は周辺諸国だけでなく世界的な影響をもつ。一つの国家単独で決める問題ではない。特に日本は平和憲法を誇りとし専守防衛を国是として来た。だが米軍の再編で嫌でも米軍と共同作戦行動を取らざるを得ない。臨時国会でばたばたと決める問題ではない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

事故の責任はメンテナンス会社に

6月8日(木)曇り
 事故発生直後に責任が無いことを表明したシンドラー社の対応に心情的には許せなさを感じるが理論的に正しい。メーカーは設計上の欠陥に対して責任を負うがその後の管理上の問題は全てメンテナンス会社の責任。勿論必要な情報は全て独力で集めねばならない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

楽天・TBSとの連携交渉難航

6月7日(水)晴れ
 堀江氏に続く村上氏の逮捕で急進派の旗色が悪くなる。株主優先とばかり無理な配当性向で疲弊した会社も出てきた。企業は定款に定めた社会への貢献活動を全うすることこそ本分で株主優待はその資金を集める手段に過ぎないとの守旧派の論議が息を吹き返した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

喫煙中は周りに対する配慮を

6月6日(火)曇り
 各所で分煙化が進み生活空間は総じて空気が綺麗になる。その分皆の臭覚が鋭敏になり受動喫煙に対する嫌悪感が強まる。愛煙家はそのことを意識すべき。従来許容されていたからと言って無軌道に喫煙すると周りから睨まれる。周囲に対する心遣いが更に重要に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

村上氏の何処に違法行為があったかは裁判所に決めて貰おう

6月5日(月)晴れ
 法律は体制を守るために作られているから体制を変えようとすると必ず法の壁にぶつかる。賢者たちは行政側との粘り強い交渉で少しずつ改革を勝ち取ってゆくが風雲児たちは強引に突き進み結果違法行為として罰せられる。各時点での許容限界は裁判所が決める。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

村上ファンドは本当にインサイダー取引をしたの?

6月4日(日)晴れ
 村上氏がインサイダー疑惑で起訴されるとは信じ難い。彼はファンドのプロでありインサイダーの境界領域で毎日仕事をしている。地検は熊谷前代表取締役などLD側の情報は得ているだろうがそれに呼応したファンド側の動きは抑えていない。それとも別の容疑?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

賞は金額ではなく権威の維持

6月3日(土)曇り
 ノーベル賞が世界最高の賞と言われるのは金額ではなく権威。明確な選考基準と公平公正な選考過程が重要。勿論政治的に利用することなど論外だし思想・信条に偏りがあってもいけない。特に科学技術は成果の判定が難しく経済的貢献だけで評価してはならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

村上ファンドが受けた被害は誰が補償するのか

6月2日(金)晴れ
 特にファンドマネーは風評に振れ易い。この報道だけで村上ファンドは壊滅的な打撃を受けるだろう。明らかに法を犯していたなら仕方ないが単にヒルズ族に対する妬みから健全な経済活動の芽を摘んでは問題。大衆が過剰反応を示さないようにより慎重な報道を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

受信料義務化なら徹底した番組改編を

6月1日(木)晴れ
 受信料を義務化するなら公共放送のあるべき姿を徹底的に追求して欲しい。視聴率競争から民放と相互に補完しあう関係に変える。大衆迎合を止め社会に何が必要かの視点から番組編集する。娯楽性を排除し文化活動に特化。伝統文化を奨励し後継者の育成に参加。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

公取委は何が問題かをはっきり言うべき

5月31日(水)晴れ
 特殊指定に問題があるとするなら何が問題かを明らかにすべき。行政諸機関には問題として一度提起すると面子に掛けても問題無しとは言わないとの風潮がある。だが審議した結果問題点は総じて軽微であり敢えて現行を変える必要がないとの結論は当然あり得る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2006 | Main | July 2006 »