« 残業代をまともに払っている会社は少ない | Main | 犯罪加害者は被害者に全額弁償すべき »

領有権問題は双方が熱が冷めるのを待ってから

6月12日(月)晴れ
 韓国が竹島を基点とした提案をすることは当然予想されたこと。双方が領有権を主張している以上第三者機関の裁定を仰ぐか双方で統治する以外に方法は無い。特に時の政権が政治に利用している段階では感情的になり易い。ここは時間を掛けてじっくりとやろう。

|

« 残業代をまともに払っている会社は少ない | Main | 犯罪加害者は被害者に全額弁償すべき »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 領有権問題は双方が熱が冷めるのを待ってから:

« 残業代をまともに払っている会社は少ない | Main | 犯罪加害者は被害者に全額弁償すべき »