« July 2006 | Main | September 2006 »

予算のばら撒きに厳しい鉄槌を振り下ろそう

8月30日(水)曇り
 各省庁挙って予算の増額要求。小泉首相の重石が取れた途端に頭を持ち上げる。少子化対策や英語教育の充実など各省は目玉施策を挙げ増額の必要性を強調するが増額分に占める割合は0.5%以下。予算を増やせば増員が付いて来る。公務員の減員などが吹っ飛ぶ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国民をバックに派閥との戦いを

8月29日(火)曇り
 勝ち馬に乗りあわよくば新政権内での影響力を強めたいと各派閥が次々と安倍支持の声を上げている。だが国民はそれを苦々しく思っている。国民には来年の参院選と言う武器がある。国民の前に派閥との違いを明らかにし国民の支持を背景に彼らと戦って欲しい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

英語ではなく日本語教育の充実を

8月28日(月)曇り
 若者の短絡的な行動は陳腐な日本語能力に由来する。相手の話を正確に理解する能力や自分の考えを相手に伝える能力が極端に悪い。文科省は何故英語に走るのか。日本には外国人に日本語を教える教科書が無いばかりか日本人に日本語の基礎を教える本すら無い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

取締りを強めると却って罪悪感が薄れる

8月27日(日)曇り
 加害者は店の前に車で乗りつけ友人と酒を飲んでいる。つまり友人だけでなく店員も飲酒運転を容認した。欧米では自己責任の思想が強く事故を起こせば重罪になるがそれ以外で取り締まる事は殆ど無い。日本では捕まらねばやっても良いとの風潮が蔓延している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

景気の回復は本物

8月26日(土)曇り
 以前から景気は回復したと言われていたが回復したのは輸出と大手製造業が中心で一般消費や設備投資は依然として足踏み。しかも企業の収益の改善はリストラに拠るとの声もある。だが企業の多くで賃上げが実施されたことは回復がいよいよ本物になった証拠だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

非正規社員への配慮でなく企業側の人件費軽減策を

8月25日(金)曇り
 日本は世界一人件費が高い。国際競争力の低下を抑えるためには非正規社員の存在は必要悪。非正規社員の能力を上げて該当者を正社員にしても他の人が非正規社員に。非正規社員への対策でなく社会保障費の半額負担など正規社員の給料以外の企業負担の軽減を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

現場作業者に基本動作の徹底を

8月24日(木)晴れ
 労働災害の半数以上は回転体や移動体での挟まれ事故。点検時には必ず元電源を切りスイッチに施錠し鍵は点検者自身が持つ。この鉄則は多くの先人の犠牲の上に出来た。現場作業者は最初にそれを教そわり身体で覚える。残念ながら今回も鉄則が守られなかった

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MD配備はカネの無駄遣い

8月23日(水)晴れ
 MDが本当に北朝鮮の脅威に対して有効な策なのか。かつてスターウォーズと揶揄され技術的にも未完成。飛んで来る一発目の弾を空中で打ち落とすより二発目以降の発射を阻止する方が効果的では。北朝鮮の脅威を騒ぎ立てるアメリカの企業戦略に乗せられるな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「何でも製造元の責任」に疑問

8月22日(火)晴れ
 指が挟まれない様に溝を狭くするか深くする。いずれも作業性は落ちる。幼児の手の届かない所に置くかコンセントを外して置けば事故は防げた。幼児の安全確保に細心の注意を払うのは親の義務。僅かな期間だ。製造元に迷惑を掛ける前に自己責任で危険回避を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

派閥の領主たちよ、国民を甘く見るとしっぺ返しに遭うぞ

8月21日(月)晴れ
 勝ち馬に乗ろうと焦る派閥領主たちの醜い顔が紙面を賑わす。小泉政権の功績の一つは派閥の無力化だったし国民は拍手を送った。ポスト小泉に課せられた緊急の課題は社会的歪の是正で決して派閥の亡霊の復活ではない筈。派閥が復活すれば国民はそっぽを向く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世界遺産を軽々に扱ってはならない

8月20日(日)曇り時々雨
 世界遺産は元々観光目的などの乱開発から資産を守るために設けられた制度。観光資源開発を目的に登録を促すのは本末転倒。登録になると改修の大幅制限や人の立ち入り禁止など観光目的には却ってマイナス。経産省も他人の褌で相撲をとらず自らの力で開発を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学校の責任を問う前に家庭での躾に問題

8月19日(土)晴れ驟雨
 非行は集団の中で行なわれる。だが一人一人は弱い。外界から隔離し個人としての自立心を養うのも一つの指導方法。訴えを起した親は学校にどの様な指導を望むのか。学校に煙草を持ち込む行為を見逃して来た親の責任は無いのか。自らの家庭教育を反省すべき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本型資本主義が未だ健在

8月18日(金)曇り
 アオキに続いて王子もTOBに失敗しそうな気配。金に物を言わせて強引に乗っ取るやり方はどうも日本の風土に合わない。株主利益のためとの口上も受けが悪い。会社は従業員の幸せを第一に考えるとの殺し文句が支持される。米国資本主義に陰りが見えて来た。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウンコは大切なモノ

8月17日(木)曇り驟雨
 ウンコは汚いモノとの教育が子供の心を荒ませた。江戸時代は糞尿が高額で取引されている。糞尿は健康のバロメーターであり尿を飲む療法もある。大腸菌は消化吸収には欠かせない大事なもので大切に飼わねばならない。勿論トイレも家の中心に位置づけるべき

| | Comments (0) | TrackBack (0)

軍隊には人命尊重の心は無い

8月16日(水)曇り
 何も人命までとの声があるが軍隊とは極論すれば国益を守るために人を殺す仕事。そのための訓練を受けている。例え不法者でも人命を守るのが大原則の警察とは違う。軍隊に警察と同じ思いやりを望むのは無理。だからこそ軍の増強にはより慎重さが求められる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

靖国参拝は騒ぎ立てるマスコミに問題

8月15日(火)晴れ
 首相は靖国神社に参拝してもしなくても問題になる。曖昧が一番。小泉氏は総裁選で靖国参拝を約束して遺族会の支持を得た。安倍氏は既に党員の過半数から支持を得ているので遺族会に気兼ねする必要はない。自身の心の問題なら私的にこっそり参拝すれば良い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大型集中発電から小型分散発電へ

8月14日(月)晴れ
 事故が起きたからではないが都市の生命線である大動脈を空中に晒している危うさを感じる。電気はダムによる水力発電中心から火力や原子力など多種類の発電の組み合わせに変った。更に自然エネルギー利用も叫ばれている。分散型給電への方針転換の時期では。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

先生たちはもっと勉強を

8月13日(日)晴れ
 幾つになっても勉強すれば頭が良くなると言う。先生たちには朗報。だが単なる知識の収集では生徒に負ける。先生には智恵がある。得た知識を分類整理し理論立ててから記憶しないと神経回路が生まれない。それによって自分なりの主義主張が生まれ哲学が育つ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゼロリスク論からの脱却を

8月12日(土)驟雨
 国が減災へ方針変更した事は意義深い。今迄如何なる災害の発生も許さずとの声が大勢を占めマスコミも主張して来た。だが災害の発生を完全にゼロにする事は不可能だし非効率。低発生頻度の物や低被害の災害は起きることを前提に被害を最小限に抑える対策を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

社会的弱者を泣かせるのがマスコミの役目?

8月11日(金)曇り
 マスコミが企業を責めると決まってその皺寄せがパート等の弱者に向く。今回も20年間で死者が僅かに21人。規模から見て大騒ぎで社会問題化する程の問題ではない。しかも製造元の瑕疵ではなく無責任なメンテナンス体制。それを強引に製造元に罪を擦り付けた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

矢祭町を特殊なケースで終らせるな

8月10日(木)晴れ
 本来自治体は住民が出来ることを肩代わりしてやっている。その方が効率も良く質の高いサービスが出来るからだ。仕事を住民に戻せば経費は安く済むし財政再建に役立つ。大事なことはその切り分け。住民に徹底して情報を公開し意思の確認と協力を求めること。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

数の多さは問題ではない

8月9日(水)台風
 日本は欧米に比して労働災害が極端に少ない。その要因の一つにヒヤリ・ハットメモがある。死亡等重大災害の裏に30倍の中規模災害が潜み300倍の軽度災害が有ると言う。その軽度災害撲滅に役立ったのがHHメモ。HHメモは多くの事例を集める事から始まる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

単なる悲惨な体験談で終わっては意味が無い

8月8日(火)曇りのち晴れ
 核兵器の廃絶や平和憲法の維持を話すことは政治的発言にならない。そもそも主催者が被爆体験談を望むのはその事を聴衆に訴えるためだ。ただ単なる悲惨な状況説明で終わっては効果が半減する。国際情勢や日本の立場等戦争へ突入した背景まで言及して欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

競争社会から協調社会へ

8月7日(月)晴れ
 小泉改革で米国型資本主義が導入され競争社会が激化。結果経済が活性化し国民全体に意欲と自信が蘇った反面お互いの関係がギクシャクし社会的モラルも下がる。そろそろ協調社会に舵を切り替える時期。自分が拠出した税の使い道を自らが決める一端にもなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

改革を10年も続けたら県政は滅茶苦茶に

8月6日(日)晴れ
 急激な変革では必ず歪が生ずる。その歪の緩和には踊り場が必要。抵抗勢力が強ければ強いほどその踊り場は早く来る。小泉さんはそれを5年と決めた。田中さんも今回不出馬を宣言し残された期間に全力を傾注すべきだったのでは。北川さんや浅野さんのように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

介護者の爆発寸前のストレスに理解を

8月5日(土)晴れ
 虐待は悪いと処罰を求めるのに異論は無い。過度の虐待は正すべき。だが日々介護に追われる介護者の大変さも理解して欲しい。自分の介護義務を施設に押し付ける家族の行為の方がもっと酷い虐待ではないのか。他人の非を批判する前に自らの非を反省すべきだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

例外への対応は失政を意味しない

8月4日(金)晴れ
 国が補償などの対応をとる場合は勿論公平が大原則。ある根拠に基づいて基準を決め基準に従って判定せざるを得ない。だが現実は理屈通りに行かず必ず例外が出る。その例外を行政の失政と判断し頑なな態度をとるのではなく救済を原則に柔軟に対応して欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年金既納者の未納扱い救済を優先せよ

8月3日(木)晴れ
 不正々々と莫大な労力を掛けた実態調査と大量処分で大騒ぎするが所詮は数字合わせ。寧ろ年金を払ったにも拘らず未払い扱いで泣いている人が続出している問題の方が深刻で実害が大きい。しかも数百万人にも及ぶ本人確認が出来ない年金納付者をどうするのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

亀田興毅よ、興行主義に潰されるな

8月2日(水)晴れ
 判定結果に責任は無い。だが判定の集計に若干の時間が掛かったのも事実。「勿論亀田に勝って欲しいさ。だってベネゼェラでやるより日本でやった方がずっと実入りが良いから」との他国の挑戦者の言葉が耳から離れない。再試合こそが高視聴率を維持する唯一の策。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

激しい国際競争の中では今の雇用形態は止むを得ない

8月1日(火)曇り
 かつて日本は世界一人件費が高かったので企業は先を争って中国や東南アジアに生産拠点を移し結果自国の工業生産力が落ちるドーナッツ現象に悩んだ。その後派遣や請負など雇用形態を変えて必死に人件費削減に努めた結果最近漸く国内の生産力が上がってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

先ず空爆の全面停止を

7月31日(月)晴れ
 イスラエルは遺憾の意を表しながら次々と罪の無い市民に犠牲を増やしている。勿論イスラエル側にも被害はあるがその数は10分の1。ゲリラ戦法にはゲリラ戦法で戦うしかない。勿論桶狭間で戦えば大軍でも負ける。されど山全体を破壊することはルール違反だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »