« 日本型資本主義が未だ健在 | Main | 世界遺産を軽々に扱ってはならない »

学校の責任を問う前に家庭での躾に問題

8月19日(土)晴れ驟雨
 非行は集団の中で行なわれる。だが一人一人は弱い。外界から隔離し個人としての自立心を養うのも一つの指導方法。訴えを起した親は学校にどの様な指導を望むのか。学校に煙草を持ち込む行為を見逃して来た親の責任は無いのか。自らの家庭教育を反省すべき。

|

« 日本型資本主義が未だ健在 | Main | 世界遺産を軽々に扱ってはならない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 学校の責任を問う前に家庭での躾に問題:

« 日本型資本主義が未だ健在 | Main | 世界遺産を軽々に扱ってはならない »