« 非核三原則堅持だけでは不十分 | Main | リサイクル品は庶民のささやかな救世主 »

親が駆け込み寺にならねば誰が子供を助ける

10月17日(火)晴れ
 苛めを苦に自殺した子の親からは遂に反省の弁が聞けなかった。外からの攻撃から子供を守るのが保護者の役目。子供の駆け込み寺になってやれなかった反省がまるで無い。世に出れば苛めは日常茶飯事に起きる。苛めに耐える方策を教え強く育てるのも親の仕事。

|

« 非核三原則堅持だけでは不十分 | Main | リサイクル品は庶民のささやかな救世主 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 親が駆け込み寺にならねば誰が子供を助ける:

« 非核三原則堅持だけでは不十分 | Main | リサイクル品は庶民のささやかな救世主 »