« 親が駆け込み寺にならねば誰が子供を助ける | Main | 再び陰の薄くなったニッポン »

リサイクル品は庶民のささやかな救世主

10月18日(水)晴れ
 インクの減りが早くインクが高すぎる。庶民の悲痛な叫びが聞こえる。リサイクル品がささやかな救い。プリンター自身も驚くほど安い。だが新しい機種が次々と登場。使用中のインクが店頭から姿を消す。多消費を前提にした販売戦略を改める時代に来たのでは。

|

« 親が駆け込み寺にならねば誰が子供を助ける | Main | 再び陰の薄くなったニッポン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リサイクル品は庶民のささやかな救世主:

« 親が駆け込み寺にならねば誰が子供を助ける | Main | 再び陰の薄くなったニッポン »