« 脱北者の売名戦略に要注意 | Main | 温暖化防止対策には排出量削減しか無い »

時代に不相応な採用基準を放置した市側こそ糾弾されるべき

11月2日(木)曇り
 その職務を遂行するために最低限必要な学力として学歴制限を設けるため中学卒業以上等上限を設けないのが普通。特に最近はフリーターが問題化している等大卒は氷河期。しかも当該者は勤務態度が良好で職務遂行上問題ない。市の採用基準自体が間違っている。

|

« 脱北者の売名戦略に要注意 | Main | 温暖化防止対策には排出量削減しか無い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 時代に不相応な採用基準を放置した市側こそ糾弾されるべき:

» 新たなフリーター対策 [既卒、フリーター、ニート就職への道〜井の中の蛙ブログ!〜]
政府がまた新たなフリーター対策を行うようです。 関連記事 政府は07年度税制改正で、「再チャレンジ税制」を創設する方針を固めた。職業訓練やフリーター雇用などの「再チャレンジ支援」を実施している企業に寄付金を出した企業を対象に、寄付金の一定額までを損金算入して税負担を軽減できるようにする。安倍政権の目玉政策である「再チャレンジ支援策」で、税制面の優遇措置は初めてとなる。 だそうです。 フリーターを企業がなかなか積極雇用しないので、支援企業に寄付をした企業を減税する事で、寄付を促し、さ... [Read More]

Tracked on November 04, 2006 02:18 PM

« 脱北者の売名戦略に要注意 | Main | 温暖化防止対策には排出量削減しか無い »