« 北朝鮮への制裁処置は正しかったのか | Main | 市民とは勝手なもの »

米国流の経営手法が必ず勝つ訳ではない

12月9日(土)雨
 どちらが勝った負けたではない。栄枯盛衰は世の習い。企業には必ず浮き沈みがある。ただ製造業なら高い製造技術と品質の良さが最後には勝敗を決める。品質の良い物は必ず残り顧客を大事にする会社は支持される。経営手法万能の米国流を気にする必要は無い。

|

« 北朝鮮への制裁処置は正しかったのか | Main | 市民とは勝手なもの »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 米国流の経営手法が必ず勝つ訳ではない:

« 北朝鮮への制裁処置は正しかったのか | Main | 市民とは勝手なもの »