« 「真に必要」が何を指すのかに注意を | Main | 米国流の経営手法が必ず勝つ訳ではない »

北朝鮮への制裁処置は正しかったのか

12月8日(金)曇り
 相手がそれに耐え切れずに態度を軟化させないと制裁の意味が無い。それ故一度制裁に踏み込めば相手が軟化するまで際限なく強化し続けざるを得ず最後は破局へ行き着く。もし破局を避けたいなら効果が出なくともどこかで制裁を解く機会を模索せざるを得ない。

|

« 「真に必要」が何を指すのかに注意を | Main | 米国流の経営手法が必ず勝つ訳ではない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北朝鮮への制裁処置は正しかったのか:

« 「真に必要」が何を指すのかに注意を | Main | 米国流の経営手法が必ず勝つ訳ではない »