« 希少価値より使い心地 | Main | 情報付加で資源生産性の向上を »

持続可能型社会の構築では日本が先頭に立てる

1月9日(火)晴れ
 資源生産性の大幅向上には超小型超薄型機器の開発が不可欠。また製品寿命の大幅延長には無接触接点での検知と制御が基幹技術。このためにはマイクロマシーンの開発やナノテクノロジーの発展が鍵を握る。しかもこれらは日本の得意分野で日本が先頭に立てる。

|

« 希少価値より使い心地 | Main | 情報付加で資源生産性の向上を »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 持続可能型社会の構築では日本が先頭に立てる:

« 希少価値より使い心地 | Main | 情報付加で資源生産性の向上を »