« 穴開きダムは苦肉の策の割りには良策 | Main | 多発する事故は消費者側の責任で事故が減るとメーカーの責任 »

どこまで製造側の責任が問われるのか

2月9日(金)曇りのち雨
 一酸化炭素中毒による事故が相次いだ……との報道。しかし7年で僅か5件しか起きていない。しかもその間28万台が製造されている。それでも事故が相次いだと言えるのか。人間は生きている以上絶対安全など有り得ない。勿論使い方を間違えれば事故は起きる。

|

« 穴開きダムは苦肉の策の割りには良策 | Main | 多発する事故は消費者側の責任で事故が減るとメーカーの責任 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference どこまで製造側の責任が問われるのか:

« 穴開きダムは苦肉の策の割りには良策 | Main | 多発する事故は消費者側の責任で事故が減るとメーカーの責任 »