« February 2007 | Main | April 2007 »

徒に不安を掻き立てるのは止めにして欲しい

3月30日(金)雨のち晴れ
 「絶対に起きてはいけない臨界事故が起きたのに隠した」とキャスターは力説する。だが原子炉の中は常に臨界状態。臨界にしないと発電出来ない。それを一々届け出るのか。あれは定期修理中に電源を切ったのにヒューズを抜かなかった単なるヒヤリ事例に過ぎない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

道徳より哲学を教科に

3月29日(木)晴れ
 教育再生会議で道徳を教科に格上げする案が出ている。戦後レジームからの脱却を掲げる安倍内閣だけに忠君愛国の戦前教育復活か。道徳や倫理は時代と共に変わる。効果が見え易い実用面の教育を重視するのでなくその基盤となる哲学を教科として取り上げては。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

何が真実か

3月28日(水)晴れ
 TBSが不二家品質管理問題に関し不適切な報道があったと謝罪。元従業員の証言は10年前の事で十分な解説をせずに報道したと言う。だが10年前と解説付で報道するか。古い話として却下するだろう。元従業員であり話したのも事実だが真実は伝えていなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

捏造問題は関西テレビ1社の問題ではない

3月27日(火)曇り
 民放連は関西テレビを除名処分にして幕引きを図ろうとしている。だが今の民放は全体的に稼ぎ第一。コマーシャルが多過ぎる。結果番組が細切れになり黒白を付ける論理が横行する。マスコミは常に両論を併記して中立を保たねばならない立場にあるにも拘らず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

科学者が言わないのかマスコミが採り上げないのか

3月26日(月)晴れ
 タミフルに関して重要な情報が欠けている。タミフルは治療薬ではなく予防薬。予防薬は正常な人が服用し治療薬は異常時に飲む。普通でも体温が40℃を超えると幻覚症状が出て来る。それがタミフルで助長された否かが論点で正常者が服用した症例は未だに無い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

耐震強度を上げても家屋は倒壊する

3月25日(日)雨
 地震で家屋が倒壊する原因には大きな揺れによる以外に地面の変形に伴うものがある。昨日の能登半島地震も断層のずれが陸地に掛かっていたため陥没や隆起による倒壊があった。阪神淡路大震災の時も同じ。地盤変形では幾ら耐震強度を上げても家屋は倒壊する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

少子化なのに産科医が足りない?

3月24日(土)晴れ
 産科医不足のため分娩を取り止める病院が続出の報。豪華な病室と手厚い接遇を売りに妊婦の取込みに躍起になる街の産院のニュースが流れたのはつい最近だが隔世の感。その間少子化で経営に行詰り倒産が相次ぐ。妊婦に対する医師の割合は変っていないのでは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

真実でなくても捏造でなければ許されるのか

3月23日(金)晴れ
 関西テレビの捏造だけが悪いのか。0を1にするのは捏造で×だが1を7にするのは演出で○。事実を積み重ねても真実は分からない。真実を追い続ける強い意志が報道関係者には必要。だが視聴率を重視するあまり大衆に迎合し誤った方向に社会を導いてしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

資産デフレは悪いことではない

3月22日(木)晴れ
 土地の平均公示価格が16年ぶりにプラスに転じた。「資産デフレ脱却」と明るいニュースとして報じている。だが土地が高いと相続税で苦しむ。住んでいる土地は何も価値を産まないのに多額の税金を払う。止む無く一部を切り売りして現金化するか物納で間借り人に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タミフルが使えなければ子供をどうすれば良いの?

3月21日(水)晴れ
 「タミフルが使えなければ子供をどうすれば良いの」とキャスターが聞く。「その儘寝かせておけば良い」と記者が答える。発熱は身体が熱で病原菌を殺そうとしている証。外から無理に冷やすと却って病原菌が元気になる。その儘寝かせじっと回復を待つのが最良の治療。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

いまイラクに必要なのは軍隊ではなく警察

3月20日(火)晴れ
 戦闘の困難は続くが必ず勝利するとブッシュ米大統領は演説するがいまのイラクに勝者は居ない。国の崩壊と言う敗者が存在するだけ。正当か否かは別にしてフセイン政権を倒すまでは軍隊の役目だったが途中から警察力に代えるべきだった。何処かで道を誤った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

志賀原発での臨界事故を知ってもJCOの事故は防げない

3月19日(月)晴れ
 原子炉の中は常に臨界状態。それを制御棒で調節しているだけ。制御棒が脱落すれば当然臨界状態になる。一方JCOの事故は臨界への対策など講じられていない普通の反応器で臨界が起きた。臨界事故と言う共通の題目で括り事象を大袈裟に報道する態度に憤り。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

教師はもっと高圧的に学童を勉学に追い込め

3月18日(日)晴れ
 外部から強い圧力が掛かれば内部は結束してそれに対抗する。逆に外圧が弱ければ内部対立が起きる。今の学校は教師と学童との関係がおかしい。教師と学童との間に強い対立関係が出来れば学童同士は結束し教師に対抗する。結果仲間同士でのイジメは無くなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

実用化技術重視の大学研究に疑問

3月17日(土)晴れ
 大学にも競争原理を導入すべきとは思うが何が成果かの判断を誤ると大学の存在価値自体を失う。特に特許の数で企業と競争する所では断じてない。大学は汎用性の高い基礎技術を産出する所で広範囲な普及が前提。反面特許は独占権を保障する物で普及を妨げる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

堀江氏は素直に非を認め謝罪すべき

3月16日(金)曇り
 堀江氏は「指示していない、聞いていない」と無実を主張するが「これらの行為は社長の裁断無しには出来ない」との裁判長の言葉が全て。本人が指示したか否かに拘らず部下が行う社外行為に対して社長は全ての責任を負う。例え部下の一人相撲でも任命責任が問われる。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

新東京銀行は早急に民間への払い下げ

3月15日(木)曇り
 箱物は目的を達した後の処理が問題。それは組織も同じ。中小企業への貸し渋りが横行した時代は都の緊急融資はそれなりに効果を発揮した。だが銀行まで作ると後の運営が大変。武士の商法では競争に勝ち抜けず大幅な赤字。これ以上続ければ傷はもっと深まる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

時代錯誤の賃上げ闘争

3月14日(水)晴れ
 大手の回答が出揃い春闘も山を越えたが平均1000円の賃上げでは十分な労働分配率になっていないとの批判。だが一時金はどこも満額回答。いま人件費は固定費から変動費への移行が進んでおり報酬も成果主義に動いている。そもそも基本給は年功序列時代の名残。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

早く完全ウェーバー制に

3月13日(火)晴れ
 輝く宝石も並べただけでは価値が無い。装飾具に嵌め込まれてこそその美しさが人を魅了する。実力のある選手だけを金に物を言わせて掻き集めても強いチームにはならない。巨人軍はいつまでその愚を繰り返すのか。完全ウエーバー制の下で一から育てる気力を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国会審議の材料にするには次元が低すぎる

3月12日(月)晴れ
 松岡農相の光熱費処理は明らかに不適切。詳細な規制が無いから違法で無いとの主張も誤魔化し。だがこれらはあくまで松岡氏個人の資質の問題。任命権者の責任追及や予算審議の論戦材料には違和感。答弁させないなど個人の政治生命を脅かす方法で攻めるべき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

孤立化しても筋を通せ

3月11日(日)曇り
 日朝交渉が完全決裂したのに対し米朝交渉は順調に進み韓国は物資の救援活動を開始するという。中国やロシアは元々北朝鮮と友好関係にある。北朝鮮の日本孤立化戦略に完全に嵌ったとの批判がある。だがここで折れたら益々北朝鮮は図に上り先軍政策を強める。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

悔しいがここはじっと耐え忍ぼう

3月10日(土)晴れ
 従軍慰安婦の形成に軍は組織的に関与しなかったのが実態だとしても慰安行為を強要された被害者への同情が優先され表立って真相を訴えることは難しい。河野談話で一応政治的決着が付いているので逆鱗に触れる事無くそっとして置くのが最良の策かも知れない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

首相は強制連行があったか否かに何故拘るのか

3月9日(金)晴れ
 私の発言を捻じ曲げて問題にしていると米議会の動きに首相は不快感を示すが曲解は折込み済みの筈。狭義の意味で強制連行であろうがなかろうが当事者が強制的に慰安行為をさせられたのは事実。素人目には何故強制連行に拘るのか不可解。その背景が知りたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天下りと官製談合とは表裏一体

3月8日(木)晴れ
 天下りの道を閉ざすと公務員が安心して働けないと自民党が反対する。予定価格を漏らすなど公共事業での手心が期待出来るから企業は天下りを受け入れる。その結果高い発注価格になり税金が無駄に使われる。つまり税金が官僚達の再就職のために使われている。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

タミフルと異常行動との因果関係は無い

3月7日(水)晴れ
 タミフルを服用した後マンションから転落死する事故が相次いだ。確かに連続して2件起きた。だが今年初めての事故。過去3年間は3件しか起きていない。しかも昨年だけで860万人が服用している。これでは因果関係は議論出来ない。注意を喚起する事は必要。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

教諭の給料を減らしてもイジメは無くならない

3月6日(火)晴れ
 福岡県教育委員会はいじめによる自殺事件で担任教諭など3名を減給処分した。だが今回の事件は1教諭の過失が原因か。処分すれば言動を改めいじめが解消するとでも思っているのか。いじめ問題は個人的改心では無く教育体制全体を含めた抜本的な改善が必要。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

検察庁は冤罪を生む体質に抜本的メスを

3月5日(月)嵐
 鹿児島地検は控訴断念で済むかも知れないが冤罪で苦しみ続けた被害者達はそれでは収まらない。妙な縄張り意識から組織を挙げて立件に驀進する。政治的圧力もあるやに聞く。検察庁はこれを機に冤罪を生む体質にメスを入れ総力を挙げて改善に取り組んで欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高知県知事の対応に憤り

3月4日(日)晴れ
 県知事は県民の不安を取り除くのが本来任務。例え自分とは違っても町長の判断にも一理ある。処分場の安全対策について住民が十分理解できる説明を国に要望するなど住民同士の不必要ないがみ合いを避けるのが先決。率先して反対運動に加担するなど言語道断。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東洋町の皆さんは間違った情報での不必要な啀み合いを避けて欲しい

3月3日(土)晴れ
 高レベル放射性廃棄物には現在想定される全ての危険要因に対応した高水準の安全対策が施されしかも永久固定のため完全な密閉が可能で感情論を別にすれば最高の安全が確保されている。東洋町の皆さんはこの安全状態を理解した上で何を選ぶかを決めて欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東洋町の住民は最終処分場の本質の議論から始めて欲しい

3月2日(金)晴れ
 原発誘致での苦い経験から高レベル放射性廃棄物の最終処分場に関しては国主導の下での候補地の絞込みを止め住民からの自主的な決断を待つとしてそのための情報公開を5年以上掛けて構築してきた。しかし今回の東洋町の騒ぎではそれが全然活かされていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

現場作業の教育は先ず裏方の作業から

3月1日(木)晴れ
 国鉄時代は整備工を経験してから運転手になった。JRになり整備は下請けに出され車両点検の経験無しに運転を担当する。多くの企業で裏方の仕事は下請けに出され社員は華やかな表の仕事のみを担当。定常時は無難にこなせても異常が起きたら対応しきれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

上海ショックは単なるガス抜き

2月28日(水)晴れ
 上海ショックが世界を一巡。上海経済が世界の株価を左右するほど大きくなったとの見方もあるが景気至上主義が各国に蔓延し何処も資金流動性が上っている。潤沢な資金は投資に回り世界的株高が続いた。だが地球は有限であり何処かで行き詰まり現象が起きる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »