« 首相は強制連行があったか否かに何故拘るのか | Main | 孤立化しても筋を通せ »

悔しいがここはじっと耐え忍ぼう

3月10日(土)晴れ
 従軍慰安婦の形成に軍は組織的に関与しなかったのが実態だとしても慰安行為を強要された被害者への同情が優先され表立って真相を訴えることは難しい。河野談話で一応政治的決着が付いているので逆鱗に触れる事無くそっとして置くのが最良の策かも知れない。

|

« 首相は強制連行があったか否かに何故拘るのか | Main | 孤立化しても筋を通せ »

Comments

とにかく慰安婦問題については、小林よしのり著「戦争論2」の「総括・従軍慰安婦」を読んでみてほしい。
あらゆる関連本の中で一番良い。
この問題の全容も把握できる。

Posted by: a | March 15, 2007 10:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 悔しいがここはじっと耐え忍ぼう:

« 首相は強制連行があったか否かに何故拘るのか | Main | 孤立化しても筋を通せ »