« 選挙では苦い話を争点に | Main | あれ!また、凍結資金全面解除? »

延命治療の決定権は本人ではなく家族

4月9日(月)曇りのち雨
 延命で精神的・経済的に影響を受けるのは家族。延命治療をするか否かの決定はあくまで本人の意思と厚労省は言うが家族の意思を優先すべき。その場では本人の意識は無く以前なされた意思表示も非現実感の下での物。元々人は自分の意思で生まれた訳ではない。

|

« 選挙では苦い話を争点に | Main | あれ!また、凍結資金全面解除? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 延命治療の決定権は本人ではなく家族:

» 延命治療中止の指針(終末期医療ガイドライン)チーム判断 [ブログで情報収集!Blog-Headline/health]
「延命治療中止の指針(終末期医療ガイドライン)チームで判断」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =... [Read More]

Tracked on April 10, 2007 11:47 AM

« 選挙では苦い話を争点に | Main | あれ!また、凍結資金全面解除? »