« April 2007 | Main | June 2007 »

禁煙デーではなく嫌煙デーに

5月30日(水)雨
 「癌になる」との忠告も余計なお世話。確かに煙草を吸うか吸わないかは本人次第。但し人に迷惑を掛けない範囲で。喫煙が問題なのは多くの人が受動喫煙を強いられるから。煙草を嗜む人は一度周りを見て欲しい。貴方の煙で如何に多くの人が苦しめられているかを。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年金記録問題の解明は全て社保庁の手で

5月29日(火)曇り
 過去の年金支払いの証明は受給者でなく社会保険庁がやる。社保庁のミスだから。社会保険庁は残務整理機関として全面解明まで残存さす。現行業務は国税庁へ暫定移管。全ての問題が解決したら解体して社会保健機構へ移行。それまでは現職員の異動は凍結する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

補助金漬けでは農業の将来は無い

5月28日(月)晴れ
 松岡大臣は農政改革に熱心だったと安倍首相は言うが補助金のばら撒き行政に固執。補助金は麻薬と同じで国への依存度を高め従順な選挙民を増やすだけ。最終的には自らの保身に繋がる。その結果若者は農業に見切りを付け何処の農家も後継者問題を抱えている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

教育の再生は家庭での躾から

5月27日(日)晴れ
 教育再生会議が家庭教育の充実を提言したことに対し越権行為との批判。だが学校で公衆道徳に時間を取られては本来の知育に時間が十分割けない。ただ親自体に道徳面で欠陥があるので親を教育する何等かの社会システムが必要でありその面まで言及して欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タクシーは規制を解いて完全自由化を

5月26日(土)晴れ
 タクシーの過当競争が激化しているため規制を強めると言う。だが客待ちの長い行列がそこ此処で見られ尚且つ必要な時には捉まえ難い。やっと来れば法外な迎車料金を取られる。いっその事規制を解き完全自由化すれば自然淘汰されもっと利用し易くなるのでは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国はミスの重大さを自覚していない

5月25日(金)雨
 「申し出た人全員に支払えとでも言うのか」と安倍首相は開き直る。だが顧客に落ち度が無い以上民間なら当然の話。雪印牛乳中毒事件でも実際の10倍弱の人を補償した。それだけ企業側の責任は重い。だから緊張感を持って仕事に当たる。国とて責任は免れられない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

白々しい安倍首相の提案

5月24日(木)晴れ
 2050年迄に温室効果ガスを半減すると言う。6%削減と言う当面の約束も果たせる見込みも無いのに何が半減か。具体的な方策を示さねば単なる絵空事。環境と経済の両立を図ると言うがそんな生易しい事では達成出来ない。しかも半減しても温暖化は止まらない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

銀行の冬の時代は当分続く

5月23日(水)晴れ
 個人金融の低迷で銀行が失速。基盤の弱さを露呈。企業は自己資本を充実させた上高い金利の融資より配当で還元できる投資を選ぶ。しかも個人投資家が増え投資市場は過熱気味。多品種少量生産で大型の設備投資案件も無い。旧役員へ退職金を払う余裕はない筈。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

社会保険庁は兎も角調査を開始せよ

5月22日(火)晴れ
 社会保険庁には所在不明の年金名簿が5000万件有ると言う。多くは係官の入力ミス。此の儘では多くの未納付扱いが出る。申し出れば調査すると言うが本人は実情を知らない。目星の付く物からともかく調査を開始しなければ埒が明かない。自らの非は自らが償え。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

この際全員麻疹の予防接種を

5月21日(月)晴れ
 麻疹は他の病気と違い一度免疫ができれば生涯効果を持続する。しかも罹患した場合年長になればなる程症状は重くなる。大学生も休講の間を利用し医師の監視の下で予防接種を受けておこう。ワクチンに副作用が有るかも知れないが一度は通らねばならない道だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党は参院選を前にして血迷った

5月20日(日)晴れ
 民主党の農家への戸別補償制度提案には呆れた。所得補償は麻薬と同じで当面の苦しみは免れるが人を怠惰にする。戦後の農業を崩壊させたのは食糧管理制度だった事は疑う余地が無い。共産主義が崩壊した理由も計画生産と所得補償。苛酷だが自由競争しかない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

これからの農業政策はプロ・アマの分離から

5月19日(土)曇り時々雨
 プロの農業は集約化して会社組織とし徹底した合理化を進めて国際競争力を付け農業従事者の所得の安定と国の食糧自給率の向上を図る。他方アマの農業は物産センターやネットを通じて消費者と直結し安全・安心な食品の提供を旗印に個々に流通経路を構築する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

弱腰の警察に憤り

5月18日(金)晴れ
 ペットボトルを手にした男が恐々立っている。盾を構え完全武装した屈強な警官隊が男を囲み取り押さえる。甲高い記者の声と共に2日間放映し続けた終幕だ。たかが拳銃1丁にこれだけの警官隊を投入し29時間もの時間を浪費した。若い警察官の犠牲迄添えて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

縦割り組織導入は時代錯誤

5月17日(木)曇り時々雨
 教育関連法案の改正で学校に縦割り組織を導入する。縦割りは立ち上がり当初は組織運営が円滑に進み好循環を生むが直ぐに人事が硬直化し機能不全に陥る。企業では逆にどんどんスタッフ組織や文鎮型組織が進んでいる。官僚の考える事は相変わらずの時代錯誤。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もし改憲したいなら全体ではなく各条で

5月16日(水)晴れ
 安倍首相は改憲を話題にしているがピンと来ない。自衛隊から教育問題まで幅広く議論しようとしているからだ。民主党の分断を策し参院選を有利に進めるための道具にしようとの魂胆も見え隠れ。もし本当に改憲をしたいなら全体ではなく各条で議論して欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

憲法に自衛権を認めた条項は無い

5月15日(火)曇り驟雨
 何気なしに聞き流している内に洗脳される事がある。NHKのニュースで「憲法で保障している集団的自衛権がどの範囲かを検討する懇談会が始動した」と述べた。だが憲法には自衛権を認めた条項は無い。時の政府が「主権国家には当然自衛権はある」と解釈しているだけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハシカは乳幼児期に全員済ませたのでは!

5月14日(月)晴れ
 若者のハシカが大流行。上智大学等学校閉鎖も。ハシカは青年期で罹患すると症状が重く深刻な後遺症の危険も。それ故ワクチンが開発され幼児期に免疫を作る。だが副作用が報道され未接種者が増えたのが原因。タミフルも含め特異現象を過大報道するのは問題。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

刑務所とは何のための施設?

5月13日(日)曇り
 山口県で民間が運営する刑務所第1号がお披露目。高い塀も無くロビーにはテレビも有る。従来のブタ箱とは雲泥の差。初犯の短期刑期者を中心に社会復帰を目的とした職業訓練などを行なう。だが対象はあくまで罪を犯した受刑者。「罪の償い」の面を忘れては困る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CO2の排出を実際に減らさねば温暖化は止まらない

5月12日(土)晴れ
 京都議定書の第一約束年が近づくにつれバイオ燃料や排出権取引など単なる数字合わせの姑息な手段に論議が傾注。確かに約束した目標値を達成することは重要だが本末を転倒してはならない。単なる数字合わせでは地球の温暖化を止めることは出来ないのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無実だと言うなら真相を明らかにしてはどうか

5月11日(金)晴れ時々曇り
 村岡元官房長官が幾ら不当判決と息巻こうが自らの口で事の真相を公表しない限り誰も同情しない。本当は誰が悪いか皆は知っているのだから。「一人を殺せば殺人犯だが1万人を殺せば英雄」とヒットラーが言った様に大物政治家は1億円もの大金を闇の中に葬れる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

松岡大臣を所得税法違反で告訴しよう

5月10日(木)晴れのち雨
 我々庶民は領収書等で公的支出を証明しない限り全て所得と見なされ所得税法違反で告訴される。松岡大臣とて同じ。領収書があれば事務所費としての正当な支出か否かが分かり領収書がなければ所得税法違反で告訴すれば良い。大臣とて例外扱いする必要は無い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「バイオ燃料では空気中のCO2は増えない」は真っ赤なウソ

5月9日(水)晴れ
 バイオ燃料奨励の根拠は「植物は空気中のCO2を固定するのだから燃料で燃やしてもCO2は増えない」とする論理。だが全ての植物は栄養源として動植物の体内に残るか土に戻る。分解してCO2になってはいない。燃やしてCO2にすれば当然空気中のCO2は増える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

果実酒を酒税法違反とするのは誤り

5月8日(火)晴れ
 北海道のペンションで宿泊客用の果実酒を造ったとして酒税法違反で廃棄命令。元来酒税はアルコール製造に科せる税。果実酒はエキスを焼酎で抽出しただけで焼酎のジュース割りと同じ。違反とするなら国税庁はアルコール度数が上がっていることを証明すべき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「車が欲しい」時代は過ぎた

5月7日(月)晴れ
 景気が回復したのに自動車の国内販売台数は依然減少傾向。特に若者の自動車離れが顕著。パソコンや携帯電話の普及で居ながらにして情報が得られる、買いたい物が多様化し高額の車に1点集中する気になれない等が主な理由。自動車も単なる移動手段の一つに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「親学」より「大人学」が先

5月6日(日)雨
 再生会議が親学を提案。だが「子は親の鏡」と言われる通り親の行動が悪ければよい子は育たない。電車の中での飲食や化粧など公衆道徳の欠如が目立つ。公と私的な場を区別する大人学の提唱が先では。受動喫煙を防ぐ意味からも絶対に子供の前では煙草は吸わない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

絶叫マシーンはバーチャルで

5月5日(土)晴れ
 コースター死亡事故で会社が業務上過失致死罪に。結果責任だから当然だが安全対策が限界に来ているのでは。人が求める恐怖のレベルに際限は無い。物理的でなくバーチャルで恐怖を体験する方法に切り替える時期では。高度なロボットが現存しているのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

環境立国で世界制覇を

海外旅行で暫く休載しましたが、今日から再開します。
5月4日(金)晴れ
 CO2の最大の排出国米国と中国の温暖化防止対策の遅れを責める時間があったら更なる省エネ技術の開発に専念しよう。エネルギー効率の1番高いジーゼル機関でさえ効率は40%台、原発に至っては数%台。利用効率を倍にしただけでCO2は半減するのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2007 | Main | June 2007 »