« 改めて鉄道事故調査委員会の怠惰を思う | Main | 小池大臣が代わっても防衛省に何の変化もない »

30年前の製品にまでメーカー責任を問うのは酷

8月23日(木)雨
 37年前に製造した扇風機から出火し老夫婦が焼死した事件でメーカー側の責任を問う声がある。しかしいつまでメーカーは責任を負うのか。機具は使い方次第。丁寧に使えば寿命は長くなる。10年程度で製造側の責任を免除し後は全て使用側の責任にしてはどうか。

|

« 改めて鉄道事故調査委員会の怠惰を思う | Main | 小池大臣が代わっても防衛省に何の変化もない »

Comments

芸能人の腕時計.com ポーランド政府は、西側諸国や日本などの先進国に食糧や経済・技術支援を強く要請し国民の飢餓を逃れた。
ポツダム会談の決定によりポーランド人民共和国に定められた領土は、東部のウクライナ・ベラルーシ西部をソ連に割譲し代わりにオドラ川以西のドイツ領であるシロンスクなどを与えられるというものであった。
関西大阪Bell&Ross正規代理店の&Bまでお問合せ下さいませ。
是非お早めにご覧下さいませ。
だったら、スイスETAムーブを載せた20万以下の別の時計で良いんじゃないの?
私は時計通じゃないですが、50万円位の他の時計を見比べるとベル&ロスは、そのレベルに達していないのかなとは思います。
オーバーホールに関しても、あまり手の込んだムーブメントなら高くなりますが、多少の付加機能のモジュール付けなら、値段はそんなに変わりませんよ(街の時計修理屋の値段)。
ベル&ロスの正規代理店でベルトを販売して頂けるお店がなかなか無いので、今回は助かりました。
だが、実際には、テストウォッチのゴールドカラーの表示要素は、古い時代の航空計器で見られる黄色に変色した蓄光塗料を想起させ、ベル&ロスのインスピレーションの源との強いつながりを感じさせる。
さらには2つの土地の時刻を同時に表示させる事ができる93-GMTモデルも発表されました。
ベル&ロスが下期の時計界を騒がす一大ニュースとして温めていたのが、まったく新しい「BR05」のリリースである。
故に手を加えないポン載せなら、時計販売価格が50万だと、その価値を疑いたくなるということです。
手を加えないで、ポン載せして、時計は50万です。
ポン載せとはムーブメントに何も手を加えないことです。
1146年、時の大公ヴワディスワフ3世はフリードリヒ・バルバロッサ(のちの神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世)からの援助を得る見返りに、当時の神聖ローマ皇帝ロタール3世に臣従し、これによってシロンスク公領の支配権を得た。
これによってシロンスク公領は当地のピャスト家が支配したままポーランド王国からは独立した状態となった。

スーパーコピー https://www.cocoejp1.com/ProductList1.aspx?TypeId=359608158031370

Posted by: スーパーコピー | May 30, 2020 04:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 30年前の製品にまでメーカー責任を問うのは酷:

« 改めて鉄道事故調査委員会の怠惰を思う | Main | 小池大臣が代わっても防衛省に何の変化もない »