« 薬害肝炎で何故国の責任を問うのか | Main | 議員立法は謝罪ではなく救済で »

被害者の個人感情で法を歪めてはならない

12月22日(土)曇りのち雨
 テレビの前で泣く演技を演じて裁判を原告有利に導こうとする傾向が強い。だが感情で法を歪めてはならない。特に裁判員制度が始まれば懸念が膨らむ。刑法はあくまで社会秩序を守るためで個人感情は民事で解決すべき。単に金銭的解決だけなく別の解決方法も。

|

« 薬害肝炎で何故国の責任を問うのか | Main | 議員立法は謝罪ではなく救済で »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 被害者の個人感情で法を歪めてはならない:

« 薬害肝炎で何故国の責任を問うのか | Main | 議員立法は謝罪ではなく救済で »