« March 2008 | Main | May 2008 »

ガソリンの溜めタンクを買って幾ら儲かるの

4月30日(水)晴れ
 再議決により明日からガソリンが上がる。少しでも家計の助けにと40㍑のガソリンの溜タンクが売れている。ポリ容器では幾つかの発火事故が起きており今回は消防法に合致する本格的な物。だが差額を㍑当り30円として容器代が1200円を越えれば明らかに損。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不満ムードを煽るだけで理屈が通らない

4月29日(火)晴れ
 後期高齢者医療保険について民主党は年金からの天引きが悪いと廃止を要求。だが払込みは良くて天引きだと何故悪い。どんな方法でも払うべきは払う義務がある。75歳からを別扱いにしたのも悪いと言うが税金の負担部を増やし若者の負担部を軽減して何故悪い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大山を鳴動させたが鼠一匹取れなかった

4月28日(月)晴れ
 首相問責決議案提出を当面見送る。「暫定税率を期限切れに追込みガソリンの値下げを行えば後で2/3の再議決で値上げした場合国民の不満が爆発し一気に解散へ持込める」が民主党の戦術ではなかったか。この間に起きた混乱と財政に穴を開けた責任をどう取るのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党が方針転換しない限り先行きに灯りが見えない

4月27日(日)晴れ
 山口補選で勝った。評判の悪い暫定税率復活も自民党は強行の方針。後期高齢者医療制度も不満解消の有効な手が打てず手詰まり状態。内閣支持率は下がる一方。全て民主党の筋書き通りに事が進んでいる。だが肝心の解散総選挙の声は聞こえず閉塞感のみが拡大。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

裁判は罪を裁くのであって人を裁くのではない

4月26日(土)曇り
 裁判員制度に関し「被告の一生を左右するので責任が重い」との意見があるが裁判は犯した罪に対する量刑を審議する場で被告によって差異があってはならない。他方「被害者の感情が被告に不利になる」との意見があるが犯した罪の重さは被害者の被害の度合いで決まる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党に国政を担う資格は無い

4月25日(金)晴れ
 3月末の期限切れでガソリンが値下げされ4月末の衆院での再議決で値上げされる。道路特定財源の10年間延長も12日には再議決で成立する見込み。その間民主党は問責決議案を提出する構えだけ見せ何の意思表示もしない。これで国政を担っていると言えるか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本政府は米国に対しもっと強い態度を示せ

4月24日(木)曇り時々雨
 町村官房長官は「単なるミスでシステム上の問題は無い」と言うが米当局者は「米国民や他の国の人が食べている安全な肉だ」と恰も問題視する日本側が悪いかの如き発言をする。潜伏期間の長いBSEに対し当事者がこんな認識ではシステム上の問題と言わざるを得ない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

米国は相変らず自らの論理を押し付けようとしている

4月23日(水)晴れ
 米国産牛肉から特定危険部位が見つかった問題で当事者は日本向けでない肉が混入したと釈明。ならば他国向けなら良いのか。河豚は卵巣などを除去すれば安全性の検査は不要と同じ理屈で危険部位さえ除去すれば全数検査は不要との論理から導入された処理方法。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自民党は国民のために王道を突き進め

4月22日(火)晴れ
 財政に穴を開けて知らん顔を許すな。近視眼的な利益誘導に乗せられて民主党を勝たせても喜ぶのは民主党だけ。勝った途端に穴埋めと称して重税を押し付けてくる。それよりここは再議決を許して後の重税を逃れるのが賢明な選択。問責活議案でも何でもどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本は世界の食糧危機をまともに喰らう

4月21日(月)晴れ
 政府は世界的な食糧価格の急騰を受けて食糧輸出国に対し輸出規制解除を働きかえる。だが外国への輸出より国内の食糧確保を優先するのは何処の国でも当り前。だからこそ自国の食糧は自国で確保するため農業人口が減り休耕地が増え続ける現状を何とかせねば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コメントする資質の無いコメンテーターが多すぎる

4月20日(日)晴れ
 CNNで中国を誹謗したコメンテーターに対し抗議のデモ。光市の母子殺害事件の裁判に関する偏った報道にBPOの検証委員会が注意勧告。報道では編集だけでなくコメントを通して局の姿勢を表わす。コメンテーターに報道局の意思を代弁している自覚があるのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ワーキングプアは社会問題ではなく本人のやる気の問題

4月19日(土)曇り
 ニートやワーキングプアが問題になっているが農漁村は人手不足に悩んでいる。日当1万円で宿泊費タダの条件で募集しても若者が来ないか来ても3日で逃げてしまう。仕方なく中国やベトナム人を受け入れている。若者に職が無いのでなく彼らに働く意志が無い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プライベートブランド品には限界がある

4月18日(金)嵐
 プライベートブランドが好調だが所詮PB品はメーカー品のコピー。研究開発や市場開拓に掛かる費用を一切払わないので安くできる。しかも最近は同じメーカーに製造を委託し自社ブランドで売る物が多く本家のメーカー品を駆逐しては成立たない。1割が限界。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

聖火リレーこそ中国のチベット政策への抗議行動

4月17日(木)曇りのち雨
 夥しい数の警察官が沿道を固め誰もいない道を数十人の警備員に囲まれて聖火が通過して行く。しかもルートや細かな時間は関係者以外には知らされていない。何のための聖火リレーなのか。中国政府は何も起こらず成功したと胸を張るがこれこそ立派な抗議行動。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さすがは小泉さん、言葉は短いが威力がある。

4月16日(水)晴れ
 ストライキを続け国民生活に混乱を起して解散へ追込む民主党の戦法に苦々しさを感じるが問責決議がちらついては黙って見守るしかなかった。そこに光明が。確かに会期内の問責では残る期間参院は首相を呼べない。首相抜きでどれだけ審議が出来るのか見物だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学校は親の教育までする必要はない

4月15日(火)晴れ
 授業料未納家庭に対し担任たちが電話や手紙、家庭訪問などで納付を説得すると言う。何故教師にこんな負担を強いるのか。教師をもっと授業に専念させるべき。払うべきものを払わない者は即刻退学させれば良い。妙な温情は社会的モラルの欠如を助長するだけ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ただ廃止するだけでは問題の解決にならない

4月14日(月)曇り
 民主党が後期高齢者保険制度廃止を主張。ならば現行の制度維持を主張しているのか。高齢者の医療費は増加の一途をたどり此の儘では国民健保全体が破綻する。高齢者医療を他と分離して特別に扱うこと自体は良い方向。不都合な部分を個々に補正すれば済む話。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党の醜態が続く

4月13日(日)曇り
 民主党はまたも暫定税率復活に対する賛否の態度表明を避ける。財源不足に悩む地方議員にとって暫定税率の廃止は自らの政治生命を絶つに等しい。党内が2分しているのは自民党と同じ。ここは黙んまりを決め込んで全ての責任を自民党に被せる以外に道はない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

入学式に参加させなかった高校側の対応は正しい

4月12日(土)晴れ
 入学金を払っていないのだから入学式に参加させないのは当然の措置。高校は義務教育ではないので無理をして迄高校へ通わす必要はない。無学な大学生が氾濫する今様から考え早い内から手に職をつけた職人の方が寧ろ将来が明るい。日本は技術立国なのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党の近視眼的党利党略が結果的に自民党の悪政を助ける

4月11日(金)晴れ
 民主党が参院で相変らずののろのろ審議。ひたすら28日を待っている。60日を過ごし衆院で再議決させそれに怒ったふりをして6月の会期末まで審議拒否を続ける。サミットの関係で其の儘会期が終り結果暫定税率は10年間延長され59兆円の道路特定財源も残る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

環境税って何のための税?

4月10日(木)雨
 「温室効果ガス削減に環境税の創設を」との意見が有るが趣旨が分からない。消費を抑えるためなら高額でないと意味が無く産業界がコスト負担に耐えられない。自然エネルギー開発の補助金に使うなら経済原則に沿わない技術は長続きせず今でも研究費は余っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

単に総理に質問するだけなら党首討論を開く必要はない

4月9日(水)曇り
 党の政策を掲げて党首同士が討論するのが党首討論。あくまで政策の討論であって単に総理に質問するなら他の委員会で十分。特に民主党は参院で多数を占め政権の一翼を担っているのだから批判ばかりせずしっかりした政策を打ち出さないと政権を任せられない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本は風力発電に不向き

4月8日(火)あらし
 発達中の低気圧の通過で強風が吹き荒れ東伊豆町にある風力発電施設2基の羽根が折れた。日本は元々風力発電には向かない。温帯特有の変化の激しい気象状態に加えて台風銀座、太平洋環地震帯の中に位置し中央に急な山が聳え上昇気流が起き易く雷が頻発する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小沢代表は政権を取って何がしたいの?

4月7日(月)曇り
 道路特定財源や年金記録問題などを争点に選挙すべきと小沢代表は言うがこんな枝葉末節的な事でやられてはたまらない。少子高齢化社会での個々の負担の問題や財政再建、経済優先から環境優先への転換など大きな問題には名案が無いのか一切触れようとせずに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国から食品を輸入して誰が食べるの?

4月6日(日)晴れ
 「中国が日本向けに食品の輸出を再開」との報に接し驚く。製造側で安全を保証しない食品をなぜ買うのか。これを機に東南アジアに輸入先を代えてはどうか。勿論自給率アップのため国産品を増す好機でもある。さもないとギョーザ事件がこのままウヤムヤに終るよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

硫化水素自殺とは変なものが流行ったものだ

4月5日(土)晴れ
 硫黄の化合物はオナラの匂いの主成分であるメルカプタンを始めどれも嫌な匂い。だからこそ都市ガスの洩れ警報用にも使われている。ガス中毒はガスそれ自体の毒性ではなく酸欠による死の方が圧倒的に多い。ならば窒素や炭酸ガスの方がずっとスマートなのに。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

後期高齢者医療制度導入でも負担が増える訳ではない

4月4日(金)晴れ
 後期高齢者医療制度に関して「年金から天引きされては生活ができない」の声。野党も天引き凍結を検討中。だが現在でも老人は国民健康保険として保険料を払っている。今回負担が増した訳ではない。ただ扶養されている場合は子供が払っており、本人負担が増える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

作られた恐怖で相手を元気付けた

4月3日(木)晴れ
 映画YASUKUNIの上映中止が相次いでいる。当初は何の動きもなかったのに一国会議員の軽率な行動とマスコミの無配慮な報道で寝た子を起した。興行側も夜の柳の揺れに怯えている。プリンスホテルの日教組集会拒否に次いでまたも右翼を元気付けてしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

今回の混乱の責任は全て民主党にある

4月2日(水)晴れ
 シェークスピアの言葉に「言っていることは正しいかもしれないが今言うのは間違っている」がある。暫定税率を国民に還元するのも税金の無駄遣いを正した余剰分を充てるべき。ガソリンスタンドの救済も救済措置法案を成立させるのが先。後先の逆が混乱を招いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党は一日も早く問責決議案の提出を

4月1日(火)晴れ・強風
 小沢代表はしばしば問責決議を脅しに使っているが世論の支持がなければ単なる決議で終る。確かに年金問題での社会保険庁の対応は悪いが舛添厚相個人への批判は少ない。一日も早く問責決議をして貰い辞任に追込めない実績を作って脅しの牙を抜いてしまおう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党は歳入欠陥の責任を取れ

3月31日(月)雨のち晴れ
 零時を過ぎて値札を付け替えるガソリンスタンドへ群がる車の列を華々しくテレビで流す。勝ち誇った顔の民主党幹部。だがこんな祭り騒ぎで良いのか。膨大な借金を抱える財政で2兆6千億円の歳入欠陥は大きい。医療や教育でのサービス低下の責任は誰が取る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »