« 保存方法が違えば当然賞味期限も変わる | Main | 35人学級を進めるより教員を雑用から解放しよう »

現状の延長の発想では半減は絶対にできない

5月18日(日)晴れ
 「産業界の自主努力で京都議定書の目標達成は出来るが半減を目標とする長期計画には必ず何等かの強制処置が必要になる」との声が強い。だが逆で強制処置は10%削減が限界。何故なら半減するためには野心的な技術革新と生活スタイルの大幅な変革が必須だからだ。

|

« 保存方法が違えば当然賞味期限も変わる | Main | 35人学級を進めるより教員を雑用から解放しよう »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 現状の延長の発想では半減は絶対にできない:

« 保存方法が違えば当然賞味期限も変わる | Main | 35人学級を進めるより教員を雑用から解放しよう »