« 今が絶好のチャンス、暗闇を取り戻そう | Main | 当面は道路特定財源の一部を社会福祉費へ »

裁判における弁護士の役目とは

6月17日(火)曇り
 宮崎勤の死刑執行。死刑は死の恐怖を前に犯した罪を償うことに意味があるのに時間的余裕が無いと担当弁護士が批判。だが罪を犯してから20年過ぎており反省する時間は十分にあった。寧ろ多重人格などと持て囃し本人からその機会を奪った弁護士の責任は重い。

|

« 今が絶好のチャンス、暗闇を取り戻そう | Main | 当面は道路特定財源の一部を社会福祉費へ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 裁判における弁護士の役目とは:

« 今が絶好のチャンス、暗闇を取り戻そう | Main | 当面は道路特定財源の一部を社会福祉費へ »