« 度を越した要求は逆効果を招く | Main | 地下鉄サリン事件はテロではない »

如何なる理由が有ろうとも他人の財産を奪う権利は無い

6月20日(金)曇り
 理由が正当なら何をやっても許されると言う主張がある。捕鯨に反対しているグリーピースが記者会見で告発した横領行為の証拠として鯨肉を手に入れたことを明らかに。だが家宅捜査や証拠物件として他人の所有物を押収できるのは裁判所の許可を得た検察のみ。

|

« 度を越した要求は逆効果を招く | Main | 地下鉄サリン事件はテロではない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 如何なる理由が有ろうとも他人の財産を奪う権利は無い:

« 度を越した要求は逆効果を招く | Main | 地下鉄サリン事件はテロではない »