« 目先の飴より将来の日本への礎に | Main | 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もある »

政府は感謝の気持ちを表わす顕彰を

8月31日(日)曇り
 伊藤和也氏が無言の帰国。現地の大使館で葬儀をしたり山本副大臣が通夜に参列しただけで政府の高官は遂に動かなかった。確かに民間団体の活動。だが今のアフガニスタンでは治安回復の支援はこれしかない。何か感謝の気持ちを表わす顕彰を是非捧げて欲しい。

|

« 目先の飴より将来の日本への礎に | Main | 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もある »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 政府は感謝の気持ちを表わす顕彰を:

« 目先の飴より将来の日本への礎に | Main | 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もある »