« 政府は感謝の気持ちを表わす顕彰を | Main | 救いようの無いKY症候群 »

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もある

9月1日(月)曇り
 政策も言わず政権交替一点張りの小沢民主党への批判が高まる。自党の都合のみでバラマキをごり押しする公明党も批判の矢面。身内の間とは言え総裁選で政策論争を展開し国民の政策への関心が高まった所で一気に解散総選挙をすれば被害を最小限に留められる。

|

« 政府は感謝の気持ちを表わす顕彰を | Main | 救いようの無いKY症候群 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もある:

« 政府は感謝の気持ちを表わす顕彰を | Main | 救いようの無いKY症候群 »