« October 2008 | Main | December 2008 »

ドイツは更なる削減努力を

11月30日(日)晴れ
 ドイツが京都議定書の21%の削減目標を07年度で達成したと発表。6%削減で悲鳴を上げている日本とは大違い。環境先進国の面目躍如と賛辞を送りたい所だが1990年はベルリンの壁崩壊後2年目。東ドイツでは石炭火力が全てで膨大な温室効果ガスを出していた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

裁判員制度を導入すると何が変わるのか

11月29日(土)曇り
 裁判員制度がいよいよ現実の物に。だがマスコミ各社は挙って辞退の理由や方法に関する報道のみで何故裁判員制度が導入され、それによって何が変わるか、裁判官は法の下に裁き一般裁判員は社会正義の下に裁くところに意味があるなど本質の解説は一切しない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小沢さんはまたも無策振りを曝け出した

11月28日(金)雨のち曇り
 初めて行なわれた党首討論だが小沢代表は麻生首相の失言や発言の一環性の無さを批難し解散を迫ったが、経済危機をどう乗り切り財政再建をどうするのか、温暖化対策は等肝心な政策論は出ず。オバマ氏が候補時代に大統領と経済対策を話し合ったのとは大違い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フィリピン中学生に温情を

11月27日(木)曇り
 フィリピン人中学生一家の強制退去に疑問。不法滞在者でも長期間日本に居住し社会に完全に溶け込んだ人まで強制退去させるのは問題。米国は誰でも一定期間滞在すれば国籍が取れる。それまで放っておいた国にも責任がある。不法滞在者にも時効を適用しては。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党は独自で補正予算案を出してはどうか

11月26日(水)晴れ
 第二次補正予算案を今国会に提出しないなら内閣不信任案や問責決議案を提出して麻生内閣と厳しく対決すると民主党は言う。国民の困窮を救うために緊急経済対策が必要と言うなら何故独自の補正予算案を出さないのか。今解散をする時期ではないとは国民の声。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自動車ショーに不参加が続出

11月25日(火)晴れ後雨
 オープンカーで風を切り颯爽と走る姿が羨望の的になっていた時代は終った。自動車は財産的価値から実用的価値に移ったのだ。環境汚染や地球温暖化の元凶として批判の標的にもなっている。停車時はエンジンを切り急発進や急停車を控えるエコドライブで運転。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マスコミは殺人犯を甘やかすな

11月24日(月)曇り後雨
 今日1日小泉容疑者に関する報道で大騒ぎ。生い立ちから中学時代の恩師のコメントや近所の評判など恰も総理大臣が誕生したかの如き扱い。殺人犯には正当性も無く抗弁の余地も無い。こんな甘やかしがネット上に新たなヒーローを生み第2第3の模倣犯を出す。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

世の中を不安に陥れたマスコミの罪は重い

11月23日(日)曇り
 元次官宅連続襲撃事件は結果孤独なネットオタクの犯行。事件発生と同時にマスコミは挙って連続テロ事件と決めつけ大キャンペーンを展開。テロと断定するには時期尚早とコメントした麻生首相を危機意識の欠如と批難して国民を不安に陥れた罪をどう償うのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

父親は平日は仕事に専念すべし

11月22日(土)晴れ
 父親は平日子供と触れ合う時間がなくても心配要らない。男は仕事に専念すれば良い。一家の大黒柱として家族を養う役割があるのだから。子供は父親の背を見て大きくなる。だが子供の悩みを知らないのは問題。要は母親との情報交換がしっかりしていないのだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

値上げをすれば収入は減る

11月21日(金)晴れ
 各地でガソリンスタンドの閉鎖が相次いでいる。この所の急激な価格の高騰で消費が冷え込んだため。値上げをすれば却って収入が減る。タクシー業界で幾度も繰り返された現象だ。社会保障費の補填の充実のために消費税率upが論議されているが消費税も同じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

医療事故で訴訟を起している人に問いたい

11月20日(木)晴れ
 たった一言の謝罪の言葉を求めて多くの医師を萎縮させ現場に医師不足を引き起こしている。医師も人間。見落としや勘違いはある。医師は治して当り前。ミスをやれば責められる。相次ぐ医師の起訴で特に救急医療や小児科、産科等リスクが高い所は敬遠される。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

増税論議が出来ず社会福祉が全て蛸壺の中

11月19日(水)晴れ
 医学生の7割は医師不足地域での勤務も条件次第ではOK。医学生だけでなく全ての医師が同じ気持ちだろう。問題は条件。健康保険制度は何処も赤字運営。公立の病院の殆どは赤字経営で縮小を余儀なくされている。詰まる所医師不足は増税させない野党のせい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

糞尿のリサイクルを復活しよう

11月18日(火)晴れ
 横浜市立の全小中高で児童生徒のトイレ掃除を復活すると言うがこれを機にウンチは汚い物、不浄な物と言う概念を払拭して欲しい。戦前まで糞尿は貴重な天然肥料として高い値で取引されていた。鉱物資源の枯渇や温暖化で太陽エネルギーの利用が叫ばれている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

首相は解任されても御曹司の強みで食べて行ける

11月17日(月)晴れ
 民主党が幾ら強気に出ても麻生首相は意に介さず馬耳東風と受け流す。今回の金融サミットで国際的に日本の主張が高く評価されたことに自信を持った。蝸牛角上の細々したことは全て他に丸投げで自分のペースを崩さない。負けて元々の八方破れでやりたい放題。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

貸し渋りは会社側の責任も大きい

11月16日(日)曇り
 金融業も事業を営んでいる。どんなに貸し渋りと批難されても返済の見込みのない会社には貸せない。企業側も相手を責める前に自らの義務を果せ。先の建設不況で農業生産会社に転身する会社が増えた。当座の食糧自給率upの大合唱に呼応する手もあるのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自動車産業全盛の時代は終った

11月15日(土)晴れ
 自動車は全世界的にほぼ行き渡った。殆どが買い替え需要で新規購入は少ない。少しでも金回りが悪くなるとそのまま持ち続ける。日本では若者の自動車離れが進み今回の金融危機以前から販売台数は落ち込んでいる。大幅減産でも耐えられる体質への改善が急務。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何のために参考人招致をするのか

11月14日(金)晴れ
 参院で第1党になった民主党は滅多矢鱈と参考人招致をするがいずれもその後の法案の修正や新法案の提出に何の影響も及ぼしていない。先の田母神前幕僚長の場合も含め質問はもっぱらマスコミ報道の追認に留まり政治的意味を正す意図など微塵も感じられない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

選挙で投票者に定額報奨金を出したら

11月13日(木)曇り
 定額給付金は実施に当たる自治体から手間が掛かり過ぎると不満の大合唱。労せずして貰ったカネは有難味が薄く消費を刺激する効果に疑問の声も。選挙で投票に来た人全員に定額の報奨金を出してはどうか。支給対象者が明確で投票行動の対価とすれば納得する。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

石油は完全に枯渇する、代替エネルギーの開発が急務

11月12日(水)曇り
 昨今の原油急騰は異常だが現状は1バレル60ドルが妥当な線。12日国際エネルギー機関は2030年に200ドルになると予測を発表。以前から言われていた2020年から産出量が減り始め2060年に完全枯渇するとの予測はどうやら本当の様だ。温暖化の前に枯渇が来る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

文民統制の弱体化は文側が無力だから

11月11日(火)曇り
 田母神前空幕長の言う「言論の自由」は明らかに履き違えているが「文民統制は組織活動を縛るもので個々の自衛官の行動を縛る物ではない」。死と背中合わせの戦闘現場では武器の使用を優先するのは当り前。文側がその程度の認識なのだから文民統制が有名無実になる。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

国民の過半数が疑問を持っているのに何故やるの

11月10日(月)曇り
 公明党が強く押す定額減税が迷走している。元々実施に難色を示している政府や自民党は熱が入らない。実施を1年に限定し更に減税から給付に衣替え。全世帯対象から高額所得者を外す案に。法律で線を引くと実施時の手間が問題。自主申告では法律にならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガンは治療ではなくQOLを優先する医療に

11月9日(日)曇り
 立花隆氏は「人間が生きることそれ自体がガン細胞を育てている」と話している。生命体は自らの尊厳を護るために自らの命を断つ手段を持っている。医学がその力を削いだために高齢者問題が深刻化した。残りの時間を有意義に使うことを優先する医療に方向変換を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いま選挙しても国民は投票出来ない

11月8日(土)小雨
 民主党は相変らず選挙選挙の大合唱だが争点の無い選挙では投票できない。それとも民主党に白紙委任せよと言うのか。白紙委任されるほど国民から信頼されていると思うなら思い上がりも甚だしい。もし本気で解散を求めるなら先ず自ら政権構想を明らかにせよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

偉大なジャーナリスト逝く

11月7日(金)曇り
 筑紫哲也氏が亡くなった。報道番組のキャスターを18年間務め報道のあり方の手本を示した。報道は常に中立でなければならない。正しく伝えたかではなく正しく理解されているかを常に検証すべき。間違っても大衆に迎合し世論を一方向に扇動してはならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子供は意外な所で技術を身に付けている

11月6日(木)晴れ
 中学3年の女子生徒が車を運転しひき逃げ事故を起こして逮捕された。他方小学3年の男児が車を運転し保護された。いずれもゲームセンターで運転を覚えたと言う。子供と思って安心してキーを付けたまま車を離れたり机の上などに安易にキーを置かないことだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

解散の前に議席数の低減を

11月5日(水)曇り
 人口が日本の約2倍で世界一の経済大国を誇る米国では上院が100議席で下院が435議席だ。それに引替え我が日本は参院が247議席で衆院が480議席もある。逆に言えば日本の国会議員が多すぎる。早急にせめて参院100議席、衆院300議席まで減らして欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天に向かって唾をすると自分の顔が濡れるよ

11月4日(火)晴れ
 「田母神前空幕長は以前から同様の主張を繰返しておりそれを見過ごして来た自公政権の責任は重い」と小沢党首が相変らずの政権批判。だが国会には国政調査権があり官僚の行過ぎをチェックするのは国会の仕事。政権党のみの責任ではない。民主党にも責任がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

過ちを繰り返さないためにも太平洋戦争までの顛末を学校で教えるべき

11月3日(月)晴れ
 日中戦争と太平洋戦争とは分けて考えるべきだ。満州事変を皮切りに大東亜共栄圏を掲げて南方諸島まで資源獲得のために侵略を繰り返し次々と植民地化して行った日中戦争は明らかに侵略戦争。他方太平洋戦争は米英からの圧力に立ち向う正当防衛的要素がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党に問う「3年後の消費税率アップは必要ないのか?」

11月2日(日)晴れ
 麻生首相が消費税率アップを明言したのに対し民主党の鳩山幹事長は無駄を無くせば消費税は上げずに済むと反論。だが民主党の案も3年後迄。首相も3年後の話としている。3年後に備えて今から手を打つか3年後に突然無理を強いられるか国民はどちらを選ぶ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

minnsyoutouni

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オレオレ詐欺は自分に自信のある人ほど掛かり易い

11月1日(土)晴れ
 詐欺は手品と同じでその場に居ないと何故騙されたかが理解できない。だから自分だけは大丈夫と思っている人ほど掛かり易い。理性的に考えればおかしな論理展開でも間髪を入れずに畳み込まれるとついその気になってしまう。予想外な話の展開にも注意が必要。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2008 | Main | December 2008 »