« November 2008 | Main | January 2009 »

内定を厳しくすると困るのは新卒者の方

12月30日(火)晴れ
 厚労省は内定取り消しに企業名公表など厳しく対応すると言う。ならば内定など止めれば良い。多くの場合新卒者は内定を複数社から取り天秤に掛けている。自分の都合が悪くなると途端に文句を言う。即刻決定を出し受けるか否かをその場で決めさせてはどうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コーヒー粕は土壌改質剤が最も有益な使い方

12月29日(月)晴れ
 米大学がコーヒー粕からバイオ燃料を作ると発表。何でもバイオ燃料にすればエコと言うのは短絡的。コーヒー粕からはタミフルの原料になるキナ酸が取れる他有用な成分が沢山含まれている。土壌改質剤として土に返せばこれら有用物質で新たな命が再生される。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どこかがおかしい今の農業

12月28日(日)晴れ
 昔は殆どが専業農家。それでも多くの家族を養っていた。それが現在は家族数が減ったのに農業だけでは食べてゆけないと言う。何故だ。出稼ぎに行くためには出来るだけ農作業を軽くする必要がある。そのために機械を買い苗や種を買う。その金を稼ぐため働く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無駄の標的も今回ばかりは貴重品

12月27日(土)晴れ
 消費・賞味期限が迫り店に置けなくなった食品を集めて必要な人たちに再分配するフードバンクがフル稼働。年末に職を失い住む所を追い出された人たちには救世主。最近は飽食の象徴として冷たい目で見られていたこれらの食品も今回ばかりは救いの神になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ニュースのバラエティー仕立てでの放映に疑問

12月26日(金)晴れ
 TBSが取材に甘さがあったと田原市に謝罪。ニュースには必ず表と裏がある。ニュース番組での解説はその裏の部分の情報を視聴者に伝え一方的な解釈に流されないようにするためのもの。だが最近ニュースを解説する資質に疑問を抱くコメンテーターが目立つ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もみじマークは効果を認めた人だけが付ければ良い

12月25日(木)晴れ
 もみじマークや若葉マークは相手に思いやりを呼び覚まして貰うために付ける。だが中には運転に自信がありその必要を感じない人もいる。全ての人に一律に義務付けるのはおかしい。増してや罰金を取るとは言語道断。効果を認めた人だけ付ければ済む話なのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

議員は党員としてではなく個人として行動せよ

12月24日(水)曇り
 解散要求決議案に賛成した行為が意味あったか否かは即断できないが党議拘束に縛られず自分の意思を通した渡辺議員の行為は評価できる。何が何でも党決定に従うのでは議員の意味が無い。発議者は党内と言えども説明責任を果たし結果国民に理解を促す発想を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やり方の拙さを以って制度自体を批判するのはおかしい

12月23日(火)晴れ
 不況で消費税の滞納が深刻になっている。預かった消費税を事業資金に回しているからだ。ただそれを以って消費税の公平性を批判するのは筋違い。要は徴収や納付の方法が悪いので全ての人が負担する制度自体の公平性は担保され社会保障の財源に最も相応しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高速道路会社は道路建設の借金が返せず軒並み倒産?

12月22日(月)曇りのち雨
 ガソリンの高騰による交通量の減少で高速道路各社は今期軒並み大幅減益。だが近い将来石油は必ず枯渇しガソリンは今以上に急騰。ガソリンが上がれば誰も車に乗らない。結果造り続けた高速道路の借金を返せず高速道路会社は倒産。残った不良債権は誰が返す。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

定額給付金は止めさせられないのか

12月21日(日)晴れ
 来年度予算の財務省原案では暮らしの不安解消と称して大盤振る舞いが目立つ。一方税収はゼロ成長で7兆円もの大幅減収。埋蔵金で補充と言うが結局は国債の返還分を食べて後世へツケを回す。こんな非常時に誰も望まない2兆円もの定額給付金を何故出すのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今は優秀な人材採用の絶好のチャンス

12月20日(土)晴れ
 派遣打ち切りと寮からの追い出しのダブルパンチを食らい地獄を見た人は強い。どんな条件でも働く意欲満々。新卒者も例年のこの時期は何回もの試験に落ちた落ち零れが多いが今年は最初の試験で受かった金の卵が内定取り消しでやってくる。今こそ人材の宝庫。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゴーン社長の輝かしいV字回復は大胆な人員整理の賜物

12月19日(金)晴れ
 マスコミは勝手なもの。今相次ぐ人員整理に批判を強めているが過去には人員整理を渋ったばかりに経営の悪化を招き外国人社長を迎え入れて思い切ったリストラでV字回復を成し遂げた会社に拍手喝采を送っている。企業はその時の教訓を忠実に生かしただけだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パロマへの責任追及はお門違い

12月18日(木)晴れ
 湯沸かし器の事故は明らかに修理業者の不正改造が原因。ならば何故修理業者を訴えないのか。修理業者が中小零細で十分な賠償金が取れないので大手を狙い撃ちにしたとしか考えられない。いくら製造物責任と言っても不正行為の責任まで問われてはたまらない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

失職した派遣社員は全員農業で吸収を

12月17日(水)雨
 工業を興すには技術と設備が必要で緊急対応には馴染まない。農家は何処も高齢化が進み後継者不足に人手不足が追い撃ち。今は世界的な食糧危機。今こそ自給率を上げる絶好の時。失職した派遣社員を全員吸収すべく政府や自治体が農業振興に本腰を入れる策を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

労働組合は日頃から経営に参加しないと時代遅れになる

12月16日(火)晴れ
 労働環境が悪化したときだけ組合の運動が活発化し後は閑古鳥が鳴くでは組織化率や交渉能力の低下も止むを得ない。雇用形態や就労体系も大きく変わっている。経営の中での労働者の位置付けなど常日頃から経営側と交渉を持ち積極的に経営に参加しないと駄目。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

野党の緊急雇用対策法案に疑問

12月15日(月)晴れ
 生産量が減れば必要な人員も減る。コスト上昇を押さえるには給料を下げて人員を維持するか給料を維持して人員を減らすかのいずれか。一時凌ぎに派遣社員の契約取り消しを制限すれば企業の倒産が増え更に多くの失業者が出る。雇用維持より雇用拡大に注力を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

提言をし論議を巻き起こしてこそ存在意義が

12月14日(日)雨のち曇り
 確かに今は如何に選挙を戦うかに論議が集中しており天下国家の将来像を指し示す議論は皆無。その意味ではYKKKが勉強会を持つことに意味はある。だがそれも具体的な提言をしてからの話。提言もせず集まっているだけでは政界再編で鍵を握る戦術に過ぎない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マイナス成長を生き抜く知恵を

12月13日(土)曇り
 一昔前から欧米先進国は物が余り購買意欲は減退。しかも産業は開発途上国の安値攻勢に押され空洞化が進む。唯一米国だけが虚業に浮かれ必要以上の高額消費で見た目活況を呈した。それが今回一気に崩れ本性が出た。今後マイナス成長を生き抜かねばならない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

派遣契約を解除した会社が何故糾弾されねばならないのか

12月12日(金)晴れ
 キャノンの工場に派遣労働者ユニオンの幹部が押し掛け不当解雇撤回を要求。お門違いにも程がある。派遣労働者を解雇したのはキャノンではなく派遣会社。仕事が無くなれば派遣会社は別の派遣先を探す義務がある。不当解雇と叫んで押し掛ける先は派遣会社だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

増税時期を隠して何のメリットがあるのか

12月11日(木)晴れ
 選挙までは消費税の増税を隠しておけば選挙が有利に戦えると考えているなら国民を愚弄するにも程がある。きちんと内容を示して堂々と戦うべき。与党が増税を示し野党が隠すなら却って与党に有利に作用する。誰が見ても消費税の増税は避けられないのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

始めにダム建設有りきの論理

12月10日(水)晴れ
 現在計画中のものを除いて新たに100基のダムが必要と国交省が試算。100~200年に1度ある大規模な洪水に備えると言う。だがダムによる流量低下は下流の水質汚染の原因となるばかりでなく海岸の砂浜をどんどん後退させる。大洪水の被害よりこの方が大きい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

在宅介護者は苦難な毎日を送っている

12月9日(火)雨
 介護保険で08年度末までに全国で約3800億円の黒字が見込まれる。サービスの利用が予想より少なかったためと厚労省は説明するが一方で厳しい査定で多くの人が介護等級を下げられ苦難の毎日を強いられている現実が。特に在宅介護の高齢者にその傾向が強い。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

次期政権を誰に託せば良いのか

12月8日(月)晴れ
 マスコミ各社が麻生内閣の支持率急落を報道。小沢代表も末期的症状と断じ早期解散に追込むと意気込む。だが解散ムードは一向に湧き上がらない。何故なら絶対に小沢代表に代わって欲しいとは思わないし本人もその気は無い。これで一体誰が後を引き継ぐのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

資金不足にあえぐマスターズリーグ

12月7日(日)晴れ
 マスターズリーグも8季目ともなると一時の人気だけでは続かず開催の趣旨を鮮明にしなければならない。往年の人気選手を集めて野球人気を喚起するためか、過去の応援に感謝する目的か。新たな興行として収益を目指すのか、単なる自分達の自己満足のためか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

裁判員制度では事実認定より量刑判断に重点を置く

12月6日(土)晴れ
 裁判員制度では死刑を選択するのに躊躇するとの声。それに伴い事実認定のみを一般人が行い量刑は裁判官が行なう陪審員制度の方が良いのではの声。だが専門家は事実認定を素人が行なうのは困難であり現在の裁判批判は社会常識と懸け離れた量刑にあると指摘。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党は行政担当能力を見せて欲しい

12月5日(金)曇り驟雨
 民主党が本当に国民の為を思っているのなら独自の緊急経済対策を提案してはどうか。次を意識して組閣した陰の内閣を持っているし参院では多数を持っているのだから。ただ揚げ足取りだけでは国民は民主党に任せる気になれない。それとも内部分裂が怖いのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

知恵の無い景気浮揚策は百害あって益なし

12月4日(木)晴れ
 議員諸氏は挙って景気対策をと言うが国の力で景気は好転するのか。借金をして公共事業に大盤振る舞いをした結果が膨大な財政赤字になった。日本のお得意はものづくり。省エネや省資源化の技術を軸に21世紀の世界を牽引しよう。その方が少ないお金で済む。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

施設介護者よりホームヘルパーの待遇改善を

12月3日(水)晴れ
 厚労省は介護報酬を手厚くするたたき台を示した。だが基本的には施設介護より在宅介護を奨励しておきながら全ては事業所勤務者が対象でホームヘルパーの待遇改善が見当たらない。ホームヘルパーは殆どが生活支援で十分な報酬が貰えず青息吐息の状態が続く。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

良い品を少しだけ作って売る戦術に

12月2日(火)晴れ
 ユニクロは機能性肌着が好調で過去最高の売上を記録。不況で消費は冷え込んでおり買い物の機会は減っている。少ないチャンスにできるだけ良い品を買おうとする。それだけに薄利多売ではなく少し値が張っても良い品を売ることが大切。省エネ省資源が合言葉。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

支持率が低下しても打つ手が無い

12月1日(月)晴れ
 議員内閣制では首相と言えども自由に政策を実行できない。特に今国会での給付金騒動は元々反対だったものを無理やり飲まされた。限られた範囲内での政策運営だから支持率が下っても有効な手が打てない。尤も小沢代表の無策ぶりで随分と助かった部分もある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2008 | Main | January 2009 »