« 派遣契約を解除した会社が何故糾弾されねばならないのか | Main | 提言をし論議を巻き起こしてこそ存在意義が »

マイナス成長を生き抜く知恵を

12月13日(土)曇り
 一昔前から欧米先進国は物が余り購買意欲は減退。しかも産業は開発途上国の安値攻勢に押され空洞化が進む。唯一米国だけが虚業に浮かれ必要以上の高額消費で見た目活況を呈した。それが今回一気に崩れ本性が出た。今後マイナス成長を生き抜かねばならない。

|

« 派遣契約を解除した会社が何故糾弾されねばならないのか | Main | 提言をし論議を巻き起こしてこそ存在意義が »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マイナス成長を生き抜く知恵を:

« 派遣契約を解除した会社が何故糾弾されねばならないのか | Main | 提言をし論議を巻き起こしてこそ存在意義が »