« January 2009 | Main | March 2009 »

時効は今直ぐに廃止すべき

2月28日(土)曇り
 「長い間隠遁生活を強いられて社会的制裁を受け本人も改心している十分な期間」が時効の考え方。だが他人に対する社会的関心が薄れ制裁無しにのうのうと生きられるのが現実。技術が進歩しDNA鑑定など長期間証拠が保存でき最早時効を設ける理由が無くなった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今こそ個人批判は止めて政策論争を

2月27日(金)雨
 日本は議員内閣制。麻生氏を首相にしたのは国民ではなく自民党員。なのに党員が公然と首相批判をするのは解せない。麻生総裁で選挙は戦かえないと言うなら誰なら戦えるのか。国民がいらついているのは首相の言動ではなく日本をどう導くのかの政策の無さだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本が誇る新幹線技術を世界へ

2月26日(木)曇り
 麻生首相がオバマ大統領に新幹線技術を売込む。長距離は大量輸送手段を使うモーダルシフトは温暖化対策に必須。特に高速鉄道は輸送効率が良く各国で高速鉄道網建設の計画が目白押し。日本の新幹線は輸送効率が良く安全性も高いので技術を売込む絶好の機会。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

教育の原点は家庭にある

2月25日(水)曇り
 中2では20%がメールを1日50通以上使っている。自分の部屋にいる時が殆どだが食事中と答えた子が25%もいた。一家の団欒の欠如が浮き彫りになった。オバマ大統領の演説を引くまでもなく教育の原点は家庭にある。親はもっと子供の教育に責任を持つべきだ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

太陽光発電は技術が未熟で量産効果を狙う段階ではない

2月24日(火)曇り
 政府は太陽光発電の普及を目指し通常の5倍以上の値段で電力会社に買い取らせる制度の導入を検討。ドイツを見習うらしいがドイツでは一向に発電コストが下がらない。高く買い取り量産化効果を狙うのは相当技術開発が進んでから。だが今はその段階では無い。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

伝統ある「おもてなしの心」を見直そう

2月23日(月)雨
 「おくりびと」がアカデミー賞を受賞。日本の「おもてなしの心」が評価された。日本人には伝統的に相手を敬い相手に対しベストを尽くす精神構造があるが戦後日本は伝統を捨て米国の拝金主義を最善として追い求めてきた。だがそれが今回の金融危機で完全に崩壊した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自動車産業が牽引する時代は終った

2月22日(日)晴れ
 電気自動車が本格稼動。一時有力視された燃料電池車は水素搭載の煩わしさと水素ステーション設置のインフラ障害で後席に移動。蓄電池を搭載したEVが取って代わりスタンドに充電設備の設置が急。だがEV価格の殆どは蓄電池の値段で電池会社が市場を握る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

質的豊かさを表わす新たな経済指標を

2月21日(土)晴れ
 量から質への転換が叫ばれて久しい。資源枯渇や地球温暖化を持ち出す迄も無く最早量的拡大を望むのは無理にも拘らずGDPや経済成長率など量的指標がマスコミを賑わす。禅寺では一汁一菜でも満たされた精神生活を送っている。質を表わす新たな指標がGNH。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

GNPを止めて国民総幸福(GNH)の導入を

2月20日(金)雨のち晴れ
 ブータンでは国民総幸福(GNH)の指標化が進んでいる。「公正な社会経済発展」「環境保全」「文化保存」「良い統治」の4本柱を国家運営の大原則に据える。経済成長を前提としたGNPやGDPはこれからの社会指標にならない。何が国民の幸せなのかを問い直そう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

優秀な秘書を育てよう

2月19日(木)晴れ
 もし中川前財務相に優秀な秘書が付いていたらあんな失態はさせなかっただろうし過度の服用も戒めただろう。政治資金の裏金問題で「秘書が、秘書が」といい続けたしっぺ返しか優秀な秘書がいない。小泉元首相のようにあからさまに世襲議員を乱立させるのも一因。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ついに小泉さんも過去の人

2月18日(水)晴れ
 小泉元首相が定額給付金の衆院採決に欠席すると表明したが小泉チルドレンを率いる武部元幹事長は定額給付金に賛成すると表明し同氏に同調する人は限定的と見られる。更に元盟友の加藤紘一元幹事長が中川秀直氏に脱小泉を勧める。最早小泉劇場の幕は下りた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

皆で景気回復の兆しを探そう

2月17日(火)晴れ
 「心理的な冷え込みが大きい不況期こそ新しいビジネスチャンス」とセブンがNECと合弁で新会社を設立。黙っていても不況を肌で感じるこの頃。株価下落、倒産、失業とマスコミが煽れば更に落ち込む。マスコミは小さな光明で良いから明るい話を発掘して欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

またも民主党は無策を曝け出す

2月16日(月)晴れ
 小沢代表はクリントン長官との会談は単なる顔合わせと位置付けるが疑問。相手は名うてのやり手。個別の問題について見解を聞かれたらどうするのか。次期政権を担う者が政策は政権を取ってからでは通用しない。この体たらくだから民主党には不安が付き纏う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党は国民の生活より自分達の延命を優先

2月15日(日)薄曇
 民主党が小泉さんの帰国まで補正予算関連法案の採決を延ばすと言う。今回の補正がどれ程の景気刺激になるかは不透明だがやらないよりは益しなのは事実。それを一議員の不在を理由に実施を遅らせるとは余りにも身勝手。しかも相手は既に引退を表明している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

相変らず変わらないお役所体質

2月14日(土)晴れ
 島根の男性が戸籍の記載ミスで婚姻届が受理されなかった。市側はミスを認め後日謝罪したが何故その場で受理しないのか。戸籍には2人の長女が記載されておりミスは明白。その場は書類上仮受理の形を採り後日訂正の許可が下り次第正式受理に代えれば済む話。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

要は都市再生機構のやる気次第

2月13日(金)晴れ
 都市再生機構が失職者用に提供した賃貸住宅の入居希望者が極端に少い。理由は家賃が月3万円~7万円と公営住宅の数千~2万円前後に比べ高すぎる。機構側は「家賃は近隣賃貸住宅並み」との法律があり安く出来ないと言うが市に貸して市から提供すれば安くできる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

要は都市再生機構のやる気次第

2月13日(金)晴れ
 都市再生機構が失職者用に提供した賃貸住宅の入居希望者が極端に少い。理由は家賃が月3万円~7万円と公営住宅の数千~2万円前後に比べ高すぎる。機構側は「家賃は近隣賃貸住宅並み」との法律があり安く出来ないと言うが市に貸して市から提供すれば安くできる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北陸新幹線の開業が遅れても新潟県の責任ではない

2月12日(木)晴れ
 三位一体の改革と美くしい言葉だが実態は国が補助金を4.7兆円削りながら税源移譲は3兆円に留まっている。地方財政はどこも火の車。第2の夕張市になるなと歳費削減に躍起。そこに建設資材の値上がりを理由に一方的に220億円の負担増を通告。無茶な話。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

詐欺師は詐欺に掛かり易い

2月11日(水)曇り
 気が動転して自分の息子の名を言い間違えた女性の元に後日間違った息子の名で電話が掛ってきたため警察に通報し詐欺未遂容疑で現行犯逮捕された。本人も何故間違えたか分からないので犯人も信用してしまった。先ず別の名を言ってみるのも撃退法の一つかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もっと火を恐れよう

2月10日(火)晴れ
 動物は火を恐れるが人間は恐れない。自分で起すことも消すことも出来るから。だが最近は火の起こし方や消し方を知らない人が多すぎる。にも拘らず火を恐れない。火はある時点を境に一気に拡大する。それまでに逃げないと危ない。韓国の野焼で死亡者が出た。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

就職できないのを理由に在学期間を延長するのはおかしい

2月9日(月)曇り
 大学は学問を学ぶ所で遊び半分に在学する所ではない。規定年度内に規定の単位を履修していれば卒業するのが当然。企業側の都合で就職できないのを理由に在学を延長させるのは新卒者が就職に有利と考えての措置だろうが本末転倒。企業側が配慮すれば済む話。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

此処まで来れば後は任期一杯までやりたい放題

2月8日(日)晴れ
 衆院を解散して国民に信を問うべきだと野党は決まり文句を叫ぶが解散は私が決めますと首相は馬耳東風。内閣支持率も落ちる所まで落ちた。どうせ下野するなら任期一杯までやりたい放題で懸案を一気に始末して欲しい。将来に道をつけて置くのが現政権の務め。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

派遣切りは派遣元の問題

2月7日(土)晴れ
 派遣切りで派遣契約を解除した企業に批判が集ったが批判されるべきは派遣元。派遣元は稼いできた派遣費の中から管理費と言って上前を撥ねる。その上前分を財布に入れずに新たな派遣先を探し教育訓練やセーフティーネットを整備するなどリスクに備えるべき。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

惑わされることなく郵政民営化の真の目的を追い求めよう

2月6日(金)晴れ
 郵政民営化の目的は郵便貯金と簡易保険で集めた膨大な金の放出。使い放題で優遇された郵政職員。膨大な資金を財政投融資に回し権力を誇示した官僚。これらに守られた族議員。この三者からの剥奪が目的。その意味では民営化は成功。2社の統合はこれらと別。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

インターネットの書き込みは全て署名つきで

2月5日(木)曇り
 警視庁はブログに誹謗中傷の書き込みをした18人を書類送検する方針。ブログは匿名で無責任な書き込みが後を絶たないと以前から言われて来た。署名をしない意見にはどこか後ろめたさがある。プロバイダーで送信者のアドレスを自動的に掲載することにしては。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国民は本物の政治家を待っている

2月4日(水)晴れ
 減反の選択制導入を提案した石破農水相に対し「消費税騒動が漸く納まったのに又波風を立てる」と与党議員から批判の声。だが選挙で目先の甘い言葉を並べる悪癖は限界。地方議会も含めれば選挙は絶えずある。その都度苦い話を先へ送ったツケが今の閉塞を招いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

公務員を退職させず民間へ出向させる

2月3日(火)晴れ
 天下りを無くすことは複雑な手続があり実現が難しい。だが今一番の問題の公益法人を次々と移り歩きその都度高額な退職金を貰う「わたり」を無くせば良い。そのためには退職して民間へ移るのではなく出向させれば良い。最後に辞める時だけ退職金を払えば済む話。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんな家でも火災報知器の設置が義務?

2月2日(月)晴れのち曇り
 11年6月から既存住宅でも台所と寝室に火災報知器の設置が義務付けられる。だが我が家はマンションの1室。台所と居間との境はなく居間にいれば報知器より早く匂いを感じる。寝室は専用で暖房など加熱器は一切無く煙草は吸わないので寝タバコの心配もない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

上昇飛行を止めて低空で水平飛行を

2月1日(日)晴れ
 「雇用不安に加えてワークシェアーで給料まで下げれば消費は冷え込み企業は減産を余儀なくされ更なる人件費の削減に走るという負のスパイラルに落ち込む」と言う。だがコストを下げて売値も下げれば消費は維持され貧困者も生きて行ける正のスパイラルに変わる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »