« February 2009 | Main | April 2009 »

日本は果たして環境先進国か

3月30日(月)晴れ
 ポスト京都議定書の数値を決める国際会議で日本は米中印など大量排出国の参加が前提で数値は彼らが飲める値にすべきとの主張を繰り返すのみで自らの数値を示すことはしない。これでは数値の設定から逃れる策にしか見えない。先ず自らの数値を示すことが先。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鳩山さん、身内のことより国民のことを考えて

3月29日(日)晴れ
 民主党は小沢氏や検察の説明責任に関する調査チームを立ち上げると言う。だがそんな余裕があるのなら国政に関する調査をやって欲しい。国民は小沢氏の秘書が起訴されようが興味は無い。それより新しく交代する政権が何をやってくれるのかが最大の関心事だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本は本当に戦闘する意思を固めたのか

3月28日(土)薄日
 15日に自衛艦2艦がソマリア沖に出撃。今日イージス艦2艦が日本海に向けて佐世保港を出航し夜間にはPC3が東北地方に実戦配備のため浜松基地を出た。明確に敵を指定し敵に向かって照準を合わせるのは自衛隊始まって以来初めて。果たしてこれで良いのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

我々は誰に明日を託せば良いのか

3月27日(金)曇り
 政権交代を望む人の殆どは自民党の政治に飽き飽きしたからで民主党の政策を支持しているからではない。しかも民主党は未だに政策を明らかにしていないし今回の小沢代表居座りで政権交代後も政官財の癒着構造が相変らず続くことがはっきりし民主党も期待薄。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北朝鮮のミサイル実験で何故大騒ぎするのか

3月26日(木)晴れ
 「北朝鮮がミサイルの発射実験をする」と大騒ぎ。1段目の切離しに失敗してブースターが日本本土に落下する恐れがあると声を荒げるが真の理由は別に有る。この実験が他国への兵器輸出を目的としているから。核実験の折も早速パキスタンやイランへ技術輸出した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党は第二自民党。政権交代でも何も変わらない

3月25日(水)曇りのち雨
 国民は政治資金規正法の詳細は知らないし違反の有無は分からない。それより小沢代表に見た物は田中・金丸の亡霊。自民党は小泉政権時代に表面的にはぶっ壊したと言うが時々顔を出す。それが嫌だから民主党への交代を望んだのだが民主党も張本人の一人だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小沢代表はおしいチャンスを逸した

3月24日(火)曇り
 折角党内が結束して「代表を辞めないで」の大合唱で男の花道を作ってくれたのだからここは潔く辞めるべきだった。国民からそっぽを向かれ党内からも辞めるべきの声が挙がってからでは後が悪い。いま辞めれば党内に院政を敷くこともできたし回顧録も売れたのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

再度野球がベースボールに勝った

3月23日(月)晴れ
 WBCはベースボールと野球との戦い。前者は大味だが躍動感が魅力。一方後者は地味だが緻密で決して負けない。残念ながらお客が喜ぶのはベースボールでお金も稼ぐ。だが小柄でひ弱な人間が大男に立ち向かえるのは技を持つからだ。今回は再度それを証明した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花見酒の経済はやめよう

3月22日(日)雨
 輸出が駄目なら内需拡大と言うがその原資は何処から得る?身内で金をやり取りしながら手持ちの資源を消費するのを花見酒の経済と言うがそれをやれば破産する。我々に与えられた資源は太陽光しかない。太陽光をエネルギーに変え食糧に変える。それしかない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

温室効果ガスは炭酸ガスだけではなかった

3月21日(土)晴れ
 代替フロンが見積もりより2倍多く大気中に漏れていた。代替フロンは温室効果が大きくこれで京都議定書の目標達成はほぼ絶望的。フロンガスはオゾン層を破壊することから早くから厳しい規制が布かれ問題は解決したと思っていたが思わぬ所で足元を掬われた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アクアラインが値下げになっても観光客は増えない

3月20日(金)雨のち晴れ
 アクアラインの通行料が千円に引き下げられ千葉県では観光客が増えると期待を膨らます。だが現実は千葉側からの流出の方が多い。高速道路を通せば観光客を呼び込め地域が活性化されるとの主張があるが魅力が無ければ逆。インフラ整備より魅了アップが先だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党は枝葉末節な政府批判から脱却し政策論争を

3月19日(木)晴れ
 民主党は政府の政官癒着を追及することだけに存在意義を主張していただけに今回の小沢疑惑の痛手は大きい。民主党への支持は日を追って下がり続けている。この流れを止めるのは将来に対する民主党の政策を明確に打ち出し自民党と対等に渡り合う以外にない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「消費拡大で景気回復を」は間違い

3月18日(水)晴れ
 「消費の拡大で景気回復を」と実しやかに言われるが資源を全面的に輸入に頼る日本に米国の論理は通じない。資源を輸入し加工して輸出する。その差益が消費に回る。だが日本は過去に消費拡大と称して次世代へのツケを消費に回した。その結果が膨大な財政赤字だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

政治家は民意の反映より強い政治信条を

3月17日(火)晴れ
 朝日新聞の世論調査で「今の政治は国民の意思が反映されていない」が87%にも及んだ。だが民意が怖かったから政治が行き詰まった。何故なら民意は高福祉低負担だから。政治家が消費税upに強いアレルギー反応を示したため医療も介護も壊滅状態になってしまった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党は検察庁から兵糧攻めにあっている

3月16日(月)晴れ
 民主党が予算関連法案の年度内成立を容認する姿勢を示すなど浮き足立つ。検察庁は談合の取仕切りなど便宜供与の事実を匂わせ起訴の姿勢を鮮明に。起訴になれば小沢代表は辞任。政党支持率が急落し痛手は大きい。その上景気対策に不熱心と思われては壊滅的。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

此処にも無駄な公共事業が

3月15日(日)晴れ
 九州の大蘇ダムは4年前に完成したが未だに水が貯まらず供給を受ける予定の農家は困惑顔。ダム湖周辺は阿蘇山の噴火に伴う火砕流が堆積し水を通し易い地質。だがそのことは今に始まった訳ではない。水の貯まらないダムなど前代未聞。お粗末の一語に尽きる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二者択一ではなく必要な部分の修正を

3月14日(土)雨
 政府は海賊対処法案を衆院へ提出し60日理論を使うため1ヶ月弱で通すと言う。始めから反対されることを前提にしての対応。だが内容に問題があれば修正すれば良い。そのための国会審議ではないのか。何故互いの力で国民のためによりよい方向へ進まないのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

規制強化より見返りを無くせ

3月13日(金)曇り
 不正献金事件が起こる度に政治資金規正法の不備が指摘され見直しが叫ばれる。だが政治家が「適正に処理されている」と言い訳できている間は規制の効力は無い。政党助成金が各党に出ているだから献金の必要はない筈。それより献金に意味がある間は是正は望み薄。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

厚労省は自宅介護から施設介護へ方向転換を

3月12日(木)晴れ
 首相と4閣僚は民主党の下田議員の質問に答えて自宅介護より施設介護を望んでいると明かす。多くの市民も同じだろう。だが厚労省は違う。経費節減を理由に老人病院を無くし社会的入院者を追い出し自宅介護に誘導する。この矛盾が多くの老人を苦しめている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小沢さん、国民を愚弄するのも程ほどに

3月11日(水)曇り
 小沢代表が選挙に悪影響を及ぼすと判断したら代表を退くと言う。ならば選挙後に政権を取らないこともあり得ると言うのか。自らの政策を明らかにし国民に選択を求めるのが選挙では無いのか。選挙後に辞めるお積りならいま辞めて新しい代表で選挙に臨むべき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何でも学校が責任を取るのは間違い

3月10日(火)晴れ
 いじめが原因で自殺した高1男子生徒の親に校長が謝罪したが何故謝罪するのか。生きていて絶対安全な場所など無い。自分の安全は自分で守るのが大原則。他方いじめの無い世の中も無い。いじめに耐える力を付けさせるのは親の仕事。親が学校に謝罪すべき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無節操な記者たちに猛省を促したい

3月9日(月)曇り
 反響を全く考慮せず安易に報道する風潮を憂う。漆間副長官の場合も冗談交じりに言ったことが記事になった。書いた記者もこれほどの反響を呼ぼうとは想定外。これで政府筋からの情報は一切流れなくなる。記者も困るが国民が困る。記者達に猛反省を要求する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鉄道事故は科学的な原因究明を

3月8日(日)曇り
 日比谷線の脱線衝突事故から丸9年。5名の尊い命を無駄にしまいと実験まで行ない原因を突き止め競合脱線の言葉まで普及させた。一方JR宝塚線の脱線事故は誰の仕業か途中から日勤教育なる変な話題に摩り替えられ原因が曖昧なまま封をされた。何故だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党に代わっても何も変わらない

3月7日(土)曇り
 民主党が政権を取れば政治が変わるなどと言う幻想は抱かない方が良い。何故なら党を代表する人は保守本流に居た人で今でもゼネコンから多額の政治献金を受け地元では「公共工事で飯を食うならあの事務所とは深く関っておいた方が良い」と言われる実力者だから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鳩山総務相殿へ「引き際が大切」

3月6日(金)雨
 かんぽの宿では何となく策謀を感じたので国民は支持したが中央郵便局改築反対は理由に無理があり誰も応援しない。何故なら東京駅周辺では殆どが以前の建物の一部を残して改築しているからだ。適当な所で引かない「西川おろし」など他の魂胆ありと勘ぐられるぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「皆やっているのに何故オレだけ」は戴けない

3月5日(木)晴れ
 小沢代表が国策捜査と検察庁を批判したことに対し一部の党員が反発。選挙のために表面を繕い党内結束を演じることは却ってマイナスとの良識が働いたことに若干救われた感はあるが幹部が相変らず代表に媚び諂っている有様では信用回復は絶望的な状況が続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

当分は無風状態が続く

3月4日(水)曇り
 内閣支持率は1桁台に迫り「麻生総裁では選挙は戦えない」と悲鳴。さりとて代わりに押し立てる人もない。ポスト麻生とポンポンと名前は打上がるが有効打は無い。「総理大臣の発言は重いもの」と二転三転する首相の発言に苦言を呈すが本人は悠然とマイペースを貫く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

定額給付金は寄付に回そう

3月3日(火)曇り
 横浜市では定額給付金で募金をするという。当面の目標は1%だが5億円が集まる。集まった金は介護資格取得や職業訓練など臨時に出る経費の支援に当てる。2兆円と言ってもGNPの0.1%。首相が何と言おうが経済効果は無い。雇用開発に使えば効果は大きい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

暖冬で水不足が心配

3月2日(月)晴れ
 夏の茹だるような猛暑に地球の温暖化を感じるが温暖化で本当に怖いのは暖冬。今年も東日本で戦後2位の暖冬。氷上釣りの中止やスキー場の短縮が相次ぐ。日本は冬に雪や氷で水を貯め初夏に溶けて田んぼを潤す。積雪が少なくなると大事な時に水不足が深刻に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

誰が「麻生おろし」を称えているの?

3月1日(日)曇り
 「予算の年度内成立が確実となり麻生おろしが活発」と報道各社が一斉に狼煙。だが登場するのは武部元幹事長唯一人。古賀選対委員長は「全国を回わるが小沢政権で経済再生をとの声は全然聞かない。対策の相手は民主党ではなく党内の分派行動」と言う。扇動に乗るな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »