« March 2009 | Main | May 2009 »

日本は本当に京都議定書を守る気があるのか

4月30日(木)晴れ
 07年の温室効果ガスの排出量が90年比9%upになったと環境省が発表。今年から始まる評価年には6%削減が義務付けられ一気に15%削減しなければ達成できない。一方で米国の議定書からの脱退を非難し続けておきながら他方でこの有様では本気度が疑われる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新型インフルエンザは罹っても症状は軽そう

4月29日(水)晴れ
 WHOは新型インフルエンザの感染度合いをフェーズ4から5に引き上げた。報道各社はより深刻な事態に陥ったと躍起。だがこれで感染の可能性は高まったが罹患した時の症状の重度は別。元々豚インフルエンザは弱毒性で猛毒の鳥インフルエンザの場合とは違う。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

民主党による政権交代は去った

4月28日(火)晴れ
 民主党の鳩山幹事長は秘書官逮捕に対する小沢代表の説明が不十分だと更なる説明を求めているが渡部最高顧問が言うように土建屋から多額の献金を受けていた政治姿勢に批判が集まっているのであって秘書の逮捕などどうでも良い。尤も辞任しても低迷は続くが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テレビは真実を伝えないばかりか事実まで曲げて報道

4月27日(月)晴れ
 大阪府の清掃車が交差点で清掃を一端中止して国道を渡り再び清掃を始める映像をTBS系の報道番組で流した。局は後日「実際にはその様な作業はやっていない」と謝罪したが真相はヤラセ。事前に作業を依頼して映像に撮った全くの丁稚上げで厳しく責められるべき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

非正規社員は正社員とは違う前提で雇い本人もそれを承知している

4月26日(日)晴れ
 同じ仕事をしていて賃金が正規の40%程度は不当との論に対し責任が違うと会社側が反論。正社員は賃金抑制で非正規は解雇と雇用調整でも格差の報。正規社員の雇用安定のために非正規を採用したし本人も承知の上で非正規になっている。何を今更といった感じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

豚肉を食べてインフルエンザに感染することは絶対にない

4月25日(土)雨
 メキシコで豚インフルエンザが変異し人間に感染している。空港などで水際作戦を展開し防御に努めているが豚肉を食べて感染するのではとの懸念が広がっている。だがウイルスは飛沫感染で熱や薬品に弱く口から入っても胃液で完全に死滅し感染することはない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

赤子も放っておけばいずれは泣き止む

4月24日(金)曇り
 皆が騒いで色々と圧力を掛けるから北朝鮮は調子に乗る。彼らは本気で核武装しようとは考えていないし資材もない。ミサイルも一発発射すれば1年以上燃料を貯めないと次が撃てない。日本にとって脅威にならない。世界が無視すればいずれ手も足も出なくなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国政選挙ではもっと大事な争点があるのでは

4月23日(木)晴れ
 民主党の岡田副代表が「世襲と献金が次の総選挙の争点になる」と語った。世襲も献金もいずれも身内の粛清の話。国民の代弁者としての国会議員が有能なのはイロハのイ。謂わば当然の話。国の将来を決める大事な総選挙の主要課題が身内の粛清問題では貧弱すぎる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

超高級品は大事に長く使おう

4月22日(水)曇り
 昨年度の携帯端末機の出荷が3割減で過去最低を記録。販売方法を変更し端末機が5~6万円になったのが響いた。本来端末機は超ハイテク技術を駆使しレアメタルも使われているので6万円以上する。それを1円で売っていたこと自体不自然。これで正常の姿に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「何故殺したか」分からない犯罪が増えている

4月21日(火)曇り
 和歌山カレー事件で最高裁は「犯行動機が解明されていないから犯人でない」とは言えないと弁護側の主張を退けた。犯行動機は捜査段階では事件解明の鍵になるが「むしゃくしゃしたからやった、相手は誰でも良かった」と理由にならない理由での犯行が最近増えている。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

遺体は本人より寧ろ家族のもの

4月20日(月)晴れ
 家族の同意を原則とした臓器移植法の改正案が与野党の筆頭理事間で合意。大型連休明けまでに案をまとめ5月中の衆院通過を目指す。脳死状態を死と認めることや遺体を切り刻むのを了承するのは本人ではなく家族。本人の意思より家族の意思の方を優先すべき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

性差を尊重しよう

4月19日(日)晴れ
 女性と男性を区別して扱うと差別に繋がるとして同一に扱うことが主流を占めている。その結果女性が男っぽくなり男性がひ弱になった。結婚しない若者が増えているのもその為か。だが精神的にも肉体的にも男女は違う。区別してそれぞれの長所を生かす努力を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

後期高齢者医療制度の何処が悪いの

4月18日(土)晴れ
 マスコミを挙げて大騒動を繰り広げた後期高齢者医療制度だが与党プロジェクトチームは結局抜本見直しを先送りする。高額な医療費の現状では1割の現場負担は寧ろ当然。高齢者でも高額所得者は3割負担。手続きの面倒さから年金からの天引きも寧ろ好ましい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

肝心なのはどこまで我々が下支えするかだ

4月17日(金)曇り
 消費者行政一元化の法案が衆院特別委員会で可決され今秋にも消費者庁が誕生する見込みだが200人の職員は各省庁からの寄せ集めで監督官庁に強い姿勢で臨めないのではとの懸念も。だがこれは71年に発足した環境庁も同じ。国民の支援さえあれば強くなれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

温暖化と大規模農法で今や北海道は農業王国

4月16日(木)曇り
 JA新潟がコシヒカリの評判に安住し有効な対策を打たなかったと異例の自己批判。消費量で北海道に首位の座を譲る。米は元々南国の作物で北海道は冷害を受け易かったが必死の品種改良と最近の温暖化で作柄が上がり味も良くなる。北海道は農業王国になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北朝鮮の巧みな戦術に振り回された感じだが!

4月15日(水)晴れ
 北朝鮮が6者協議からの脱退を宣言し核開発を再開した。完全に元に戻った形だ。その間に銀行口座凍結解除や悪の枢軸国の指定解除を獲得し重油75万㌧をせしめた。だが前二者は米国が一方的にやったことを解除しただけ。重油もロケット燃料とどちらが高いか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

痴漢の被害者には回避行動を取る義務がある

4月14日(火)雨
 冤罪で被害に逢う真面目な男性が増えている中最高裁が自ら判決で無罪を言い渡す異例の裁判。痴漢は当事者の証言以外に物的証拠が殆ど無く冤罪が生まれ易い。画期的なのは犯行が執拗なのに被害者が積極的に回避行動を取っていないことに不自然さを指摘した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

改革の根幹は崩すな

4月13日(月)晴れ
 三位一体の地方財政改革や郵政民営化など小泉政権時代の改革に批判が集まっている。だがいずれも必要な改革。ただ若干性急に事を進め過ぎた面や増額と減額の順序が逆だったりした。官僚達の逆襲に騙されず必要な改革はどんどん進め実施面で修正すれば良い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

経験の無い人が理科の実験をするのは難しい

4月12日(日)晴れ
 学校で理科の実験に使う器具の購入費として文科省が200億円補助すると言う。厳しい財政運営から実験器具の無い学校も多い。だが器具を揃えただけで理科離れが防げるか?今の小中学校では自分の手で実験をやったことの無い先生が多い。誰が実験をするのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北朝鮮のミサイル発射で何故日本だけが騒ぐのか

4月11日(土)晴れ
 今般の北朝鮮のミサイル騒動では日本の大騒ぎだけが突出した。人気を失った時の政権が支持率挽回策でやってはいけない唯一の策が軍事で国民の不安を煽ること。現に麻生内閣の支持率が9%upしたのが気に掛かる。ブッシュ前大統領の二の舞にならねば良いが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党は政権担当能力を示せ

4月10日(金)晴れ
 民主党が20兆円の緊急経済対策を発表したが児童福祉手当の増額、高速道路の無料化、公立高校の授業料無料化、農家の最低所得補償など経済活性化には無縁のばら撒き。しかも財源は相変らずの無駄の排除と埋蔵金。これでは良識ある人からの支持は得られない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国会議員は収入より支出に工夫を

4月9日(木)晴れ
 民主党が企業団体献金の全廃をマニフェストに明記すると言うが実施が5年後では相変らずの見掛け倒れ。企業献金の全廃を前提に政党助成金を導入したのでは。与えられた金でやり繰りする癖をつけないと国家予算でも借金漬けの大盤振る舞いの悪癖が治らない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

保護者は児童の安全を確保する義務がある

4月8日(水)晴れ
 新入学児童が下校途中バスに轢かれて死亡。警察は運転手を業務上過失致死罪で逮捕。だが運転手は下車者の支払いなどに注目し下車者のその後の行動まで目が行かないしバスの真下は死角で見えない。何故親が事前に通学路を点検し適切な指導をしなかったのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

責められるべきは被害者の女子高生

4月7日(火)晴れ
 痴漢容疑の青年が自殺した。父親は「息子は多忙で前日の徹夜のため車内で熟睡してしまい気が付けば自分の手が隣の女子高生の太腿に触れていたらしい」と話す。ならば女子高生は何故席を立つなど回避しないのか。席に座る権利もあるが犯罪を回避する義務もある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

実験の技術的価値はゼロ

4月6日(月)晴れ
 北朝鮮はロケット発射の映像を公開したがロケットは発射直後から斜めに向きを変えている。人工衛星を打ち上げるにはそれなりの高度は必要で斜めに打ち上げれば高度が稼げない。その意味からも元々衛星を打ち上げる意思は無く単なる切り離し実験に過ぎない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テポドンの発射実験は成功した

4月5日(日)晴れ
 北朝鮮がテポドンを発射。真相は不明だが1段目のブースターは切り離され日本海へ、残りは纏まって太平洋の予定海域に落下した。1段目の切り離しに成功しそれ以降も予定軌道を飛んだことは実験の成功を意味する。何故なら2段目以降は同じ技術の繰り返し。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

張子の虎に怯える鼠

4月4日(土)晴れ
 自衛隊からの通報を受け政府が「北朝鮮ミサイル発射」の誤報を流し関係先を混乱させた。人間は極度の恐怖に襲われると無い物まで見えてくる。元々自衛隊はシナリオに沿った模擬訓練しかやっておらず手順書に無い事態に対処する能力はない。実戦参加など遠い先。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

増税なくして社会福祉の改善はない

4月3日(金)晴れ
 与党プロジェクトチームが後期高齢者の医療費の負担減を要望し同時に高齢者への負担増で財政が悪化した組合健保への支援拡大も盛込む。他方介護現場は介護師の人手不足が深刻化し介護師の待遇改善が打開の必須条件。だがこれらへの財源は何処から回すのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミサイル発射の過熱報道は北朝鮮の思う壺

4月2日(木)晴れ
 北朝鮮のミサイル実験発射間近と騒ぐ。だがそれの何が問題?実験に失敗し燃料タンクやロケット本体が日本本土に落ちる?あったとしても住宅密集地に落ちる確率は略ゼロ。それよりマスコミの過熱報道を逆手に取り北朝鮮が交渉のカードに使うことの方が問題。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本では風力発電は無理

4月1日(水)曇り
 発電に必要な強い風が得られる場所は郊外で電力の消費地から遠いため送電中の送電ロスも多い。特に日本は風の方向や強さが頻繁に変化し一定の電力を得ることは困難で其の儘では送電線に繋げない。加えて台風の通り道のため各地で風車の破壊が多発している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

死刑囚には死以外の苦痛を与えるべきではない

3月31日(火)晴れ
 死刑執行告知は数日前にとの意見書が東京拘置所視察委員会から出た。執行当日にしか告知されないと死刑囚はそれだけが気になり毎日怯えていなければならない。それよりは事前に告知を受け心穏かに死を迎えられればその間に十分な反省と償いができるのでは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »