« 絶対に許せない民主党の恐慌政治 | Main | 議論より実績が求められている »

党議拘束は百害あって一利なし

6月19日(金)晴れ
 臓器移植法改正案の審議は当初から党議拘束を外したため緊張感が漂う。提出された4案とも過半数を得られず難航が予想されたが最初のA案であっさり過半数を超える予想外の展開。本来議員は各選挙区から選ばれ個別に行動するのが原則で党議拘束は外すべき。

|

« 絶対に許せない民主党の恐慌政治 | Main | 議論より実績が求められている »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 党議拘束は百害あって一利なし:

« 絶対に許せない民主党の恐慌政治 | Main | 議論より実績が求められている »