« 郵政人事への抵抗は世襲のためのパフォーマンス | Main | 党議拘束は百害あって一利なし »

絶対に許せない民主党の恐慌政治

6月18日(木)曇り
 民主党の鳩山代表が昨日の党首討論で政権を取ったら西川社長を解任すると明言した。100%国有とは言え民間の株式会社だ。株式会社は株主総会を最高の決定機関としている。その決定をも国家権力によって覆そうと言う。こんな非民主的なやり方が民主党なのか。

|

« 郵政人事への抵抗は世襲のためのパフォーマンス | Main | 党議拘束は百害あって一利なし »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 絶対に許せない民主党の恐慌政治:

» 社会民主党 [けっこうニッチなニュースダイジェスト]
大丈夫か?。民主党。 【民主党解剖】第4部 新体制の行方(3)どうなる外国人参政権 (3/4ページ) 2009.6.4 23:36 このニュースのトピックス:国会 ■事務局はアジト? 「何かこう、独特の不自然な日本語が目立つよね。やっぱり、あの党事務局が書いているからなあ・・・(続きを読む) ミニ集会で 「民主党は年金改革案として、基礎年金は全額税方式にすると公約していますが、保険料を払わなかった場合も基礎年金は払われるのですか?それは不公平ではありませんか?」という質問を頂きました。時々同じ... [Read More]

Tracked on June 19, 2009 12:58 AM

« 郵政人事への抵抗は世襲のためのパフォーマンス | Main | 党議拘束は百害あって一利なし »