« イランは北朝鮮ほどバカではない | Main | 意地を張らずに軟着陸する勇気を »

国際線を羽田にもって来るべき時が来た

9月26日(土)晴れ
 羽田空港のD滑走路の工事が来年秋の開業を目指して着々と進んでいる。赤字に悩む地方空港とは違い開業を待ち望む声は大きい。完成すると24時間の離発着が可能となり有力な国際空港となる。成田は余りにも遠すぎるし狭い。成田を国内専用に代えてはどうか。

|

« イランは北朝鮮ほどバカではない | Main | 意地を張らずに軟着陸する勇気を »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国際線を羽田にもって来るべき時が来た:

« イランは北朝鮮ほどバカではない | Main | 意地を張らずに軟着陸する勇気を »