« February 2010 | Main | April 2010 »

これからも閣僚の暴走が多発する

3月30日(火)晴れ
 鳩山首相がゆうちょ銀行の預金限度額の引上げ案をあっさり飲んだ。国民の生活や国家の将来より当座の閣内不統一の批判を鎮める方を優先した形。先ず外に向かって声高に宣伝し閣内不統一を演出すれば何でも自分の思い通りに事が運ぶと言う悪い前例を作った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

目先の誤魔化しに騙されるな

3月29日(月)曇り
 亀井郵政改革相は金融機関などとの意見交換会でゆうちょ銀行の預け入れ限度額について「施行時に見直す」と述べた。今国会での成立を目指す法案では引き上げをちらつかせて参院選を有利に運び選挙が済んだ後は他への影響を考慮して実際には現行通りを継続する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

途中に誤魔化されず結果を注視しよう

3月28日(日)曇り
 菅副総理と亀井大臣の間で言った・聞いていないで水掛け論。恰も連立解消の如き諍いだが実は猿芝居。国民新党にとって郵政票確保は至上命題。一方民主党は郵政の肥大化を見過ごせない。お互いジャブを出しあって国民の反応を見ながら落とし所を探している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここでも枝葉末節的議論ばかりが目立つ

3月27日(土)晴れ
 普天間基地移転先問題で騒然としている。だが何処へ移すかの議論をする前に何故辺野古海上の合意案では駄目なのかが国民には説明されていない。しかも軍の機能を二分して移設することが果たして可能なのかも大いに疑問。これらの国民的合意が先ず必要では。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゆうちょ銀行への預け入れ限度額を何故引上げるのか

3月26日(金)曇り
 前原国交相がゆうちょ資金で国家ファンドを立上げインフラ輸出を後押しする案を提唱した。高速鉄道や原子力発電所建設には莫大な費用が掛かり良案だと思うがそれが即預け入れ限度額引上げとは結び付かない。今でも膨大はカネがゆうちょ銀行に集まっている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党はやらねばならないことを単に先延ばしで支出を抑えている

3月25日(木)雨
 都議会民主党は来年度予算から築地市場移転予定地の購入費を削るつもりらしいが現在の築地市場は老朽化が激しい。移転しないなら現市場の補修費を計上する必要がある。どちらにも手を付けないなら単なる先延ばしに過ぎない。国の八ツ場ダムと同じ轍を踏む。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党政権下で空洞化が益々進む

3月24日(水)雨
 パナソニックは2011年の採用計画で海外1100人に対し国内290人と発表。海外シフトを進める姿勢を鮮明にした。派遣労働者の規制強化や最低賃金の引き上げなど雇用に対する不自由さが増していることと高い法人税など国内に留まる難しさが増したのが遠因に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いまの政権は何処か感覚がズレている

3月23日(火)晴れ
 鳩山首相が官房機密費の公開を明言。岡田外相は機密文書消失の顛末を調査する委員会の設置を発表。前原国交相は吉野川可動堰計画の中止を明言。人気回復を狙った発言だが国民が求めているのはもっと大局的な発言で枝葉末節的なことは担当者に任せれば済む。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カネだけでなく遂に人事にまで手を付けた

3月22日(月)晴れ
 亀井郵政改革相が日本郵政の取締役に旧特定郵便局長経験者を起用する意向を表明。先にゆうちょ銀行への預け入れ限度額を3000万円に引上げ特定郵便局長会へ潤沢な資金を流す構想も明らかにしている。全て国民新党の支持母体である大樹の会の建て直しのため。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

公益法人を徹底的に潰す新たな制度を

3月21日(日)晴れ
 公益法人に対する事業仕分けが鳴り物入りで始まるが俎上に載るのは6000強ある内僅かに80弱。それらを全て廃止しても出てくるお金は1千億円がやっとか。次年度予算のためには7兆円以上の無駄取りが必要。事業仕分け以外で法人を廃止できる制度を作るべき。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

年金制度への信頼回復こそ喫緊の課題

3月20日(土)晴れ
 08年国民年金被保険者実態調査で加入者の約4分の1が保険料を払っていないことがわかった。その6割が経済的に支払うのが困難なためと言うが少ない収入の中で何を優先して支出するかはその人の価値判断の問題。将来に備える心さえあれば優先して払う筈。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

多様な食材を食する文化を育もう

3月19日(金)晴れ
 大西洋クロマグロの輸出禁止案が否決され小躍りして喜ぶ節があるがマグロ資源の枯渇が解消した訳ではなく自主規制を更に強める必要がある。日本はかつて海老やナタデココブームで東南アジアの環境を破壊した苦い経験を持つ。特定の食材への集中は避けよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「何でもかでも義務化」には疑問

3月18日(木)晴れ
 国交省がブレーキ優先装置の義務化を検討。だがかつて急上昇しようとして墜落した事故があった。原因は「低空飛行時は着陸を優先する」システムのため。安全確保のやり方まで一律に義務化するのは却って危険。安全確保を義務付けやり方は業者に任せるのが最良。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

方針さえしっかりしていれば正副大臣で十分

3月17日(水)晴れ
 民主党は官僚主導の打破を目指して英国型モデルを採り入れ100人の議員を行政側に送り込もうとしているが本国では弊害が指摘されている。政務官間の意見の不統一から却って官僚の業務が増え非能率に拍車を掛ける。結果公務員の人件費2割削減は遠い先の夢。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

亀井さん、お願いだからこれ以上借金を増やさないで!

3月16日(火)晴れ
 予算が成立すると直ぐに補正予算の話が出るが今回はそう簡単には行かない。例年補正予算の財源は税外収入など所謂埋蔵金で賄うが今回は既に10兆円使ってしまった。建設国債の名の下に出す借金も過去最高が計上され国民のアレルギーは最高潮に達している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

亀井大臣は誰のために政治をしているのか

3月15日(月)晴れ
 亀井金融担当相がゆうちょ銀行の預入れ限度額引上げに対する中小金融機関の不安に対し「検査の緩和で対処する」と発言。厳しく検査するのは経営を健全化し倒産などで預金者が被害に遭うのを避けるため。一般人を犠牲にしてでもゆうちょ銀行を肥大化したい考え。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クロマグロを止めてブラックバスを食べよう

3月14日(日)曇り
 大西洋クロマグロの取引規制に反対の声が強いが人間は自然の恵みの下で生かされており自然を破壊してまで欲を通せば生存自体が危ぶまれる。希少動物を食べるよりは寧ろ鹿や熊、ブラックバスなど異常繁殖している動物を食べ多様性を維持するのが人間の役目。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

他党の恥部を暴くより自党の政策立案に勢力を使え

3月13日(土)晴れ
 民主党は前政権の恥部を暴露することで政権交代の正当性を裏付けようとしたが逆に自党の恥部を露呈する結果に。核持込では密約の存在を暴露した結果持込に対する自党の曖昧な態度がバレ、事業仕分けで無駄遣いを暴露しようとして無駄遣いが少いことを証明。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

政治家も少数精鋭でないと共倒れ

3月12日(金)晴れ
 経団連などの団体が献金を止めて各企業任せに。だが長引く不況で企業献金が減少。しかも政治とカネの問題で企業団体献金は禁止の方向。政治家苦難の時代へ。頼るは個人献金だが魅力ある政治家でないと個人は出さない。解決策は唯一政治家の数を減らすこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何故11年7月にアナログを停波しなければならないのか

3月11日(木)晴れ
 地デジ難視聴地域対策で衛星放送を用いた地デジ放送が始まる。アナログ放送の停波日までにデジタル中継局の建設が間に合わない地区が対象。だが何故停波を11年7月に拘るのか。スカイタワーの本格稼動は12年7月と言う。せめてそれまで延期できないのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鳩山内閣に空中分解の兆しが

3月10日(水)曇り
 鳩山政権内で内閣改造発言相次ぐ。子供手当の満額実施や後期高齢者医療保険廃止、年金制度の抜本改正など財政負担は目白押し。反面財源とした無駄取りはお先真っ暗。詰め腹を切らされる閣僚達は小沢辞任も含め5月が政権の山場と見て政権からの離脱準備に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党は他党の恥部を暴く隙があったらやるべきことをやれ

3月9日(火)雨
 膨大な手間と金を掛けて密約の存在を暴いて何の得がある。歴代首相が国益と判断してやった行為だし我々も恩恵に預かった。それより民主党は非核三原則と核の傘論との矛盾をどうするのか。米国に嫌なことを押し付け自分だけ良い子でいる身勝手さは通らない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国の経済成長は決してバラ色ではない

3月8日(月)晴れ
 中国の車市場は2桁成長が続くと中国自工会幹部が胸を張る。中国は国土が広く公共交通網も整備されていないため自動車の需要は日本以上に強いので当然の成り行き。だが今後燃料不足や温暖化など制約条件が更に厳しくなるので近々中に何処かで頭打ちが来る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

競争重視の橋下知事の施策に賛意

3月7日(日)雨
 「だめな高校は公私立とも退場してもらう」と橋下知事の高校改革が本格始動する。確かに志願者数の割りに高校の数が多く質の悪い学校も多い。だが問題は質の良し悪しを何で判断するかだ。高校は義務教育ではない。全体の底上げよりも個々の能力の育成を重点に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

他の「訳あり」商品と「訳」が違う

3月6日(土)曇り
 最近アウトレットばやりで何処も混雑している。野菜などに訳ありと表示して割安商品を陳列する店も増えた。外観に若干傷があっても中身の性能が同じなら安い分お得。だが今度大阪府営住宅で「事故住宅」を訳ありと表示をして公募すると言う。しかも価格は同じ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鳩山さんはCO2を25%削減する意思はない

3月5日(金)晴れ
 温暖化対策基本法が政府内で論議されているが25%削減を掲げるものの中身は排出権取引と環境税の導入による使用抑制で削減策は太陽光発電のみ。他方高速道路無料化、春秋の連休の分散取得など排出増加策は目白押し。目標達成に取り組む意思があるのか疑問。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「交代から半年しか経っていない」の言い訳はもう通じない

3月4日(木)曇り
 鳩山首相は官房機密費の公表に意欲。民主らしさを強調し政権浮揚につなげたい意向だが国民が求めているのはそんな枝葉末節的なことではない。普天間問題でも移設先の選定が先んじ日米安保体制の見直しの本筋が抜けている。大所高所からの行政をして欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

沖縄からの米軍撤退に僅かな光りが

3月3日(水)晴れ
 米元国防副次官が「辺野古案でなければ海兵隊撤退も」と発言。我々はその言葉を待っていた。前政権の幹部なので現政権の考えとは違うがかつてフィリピンの空軍基地で米高官の撤退発言で住民の基地返還要求に火が付いたようにこれを機に県外移設が実現するかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

規制を強めると派遣社員はどんどん減る

3月2日(火)曇り
 景気が好転していないのにアルバイトの時給が上昇傾向。企業が規制を強める派遣社員を嫌いパートやアルバイトにシフト替えをしたためと見られる。亀井大臣は「雇用される側の立場を政策に組み込む」と息巻くが雇用する側の環境が好転しないと事態は改善しない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

与野党とも借金を減らして財政を切り詰める考えはない

3月1日(月)曇り
 民主党は来年度予算では7兆円の無駄を削り子ども手当てなどの財源に当てると公約。だが実際に削れたのは7千億円なのだから子ども手当てなど支出も削るべき。それが何故手当てだけ残し借金を増やすのか。自民党も今ごろ修正案を出しても本気度が問われる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鳩山さんは「幸福度」100

2月28日(日)曇りのち晴れ
 低炭素社会実現には省エネ省資源を徹底させることが必須で大量生産大量消費の社会とは反対側に位置する。それゆえGDPで将来戦略を構築するのは間違い。ただそれが幸福度かと言うと何となくむず痒い。フランスを真似たらしいが満足度の方がぴったりくる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2010 | Main | April 2010 »