« April 2010 | Main | June 2010 »

此処にも当事者としての自覚の無さが伺える

5月30日(日)晴れ
 仮に日本が同じ攻撃を受けていたなら韓国のように冷静で落ち着いた態度を保つことは難しかったと鳩山首相が述べたと言う。いま貴方は自衛隊の最高指揮官なのですよ。日本海では今も自衛艦が哨戒活動を展開しており同様な事態が起きても不思議ではない状況。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

政府の政策は与党のマニフェストと違って当然

5月29日(土)曇り
 普天間基地の移設先問題で現行案を呑んだ首相に対し米国を始め周辺諸国が歓迎の意を表明。何故なら政権交代で一時舞い上がった新政権が漸く沈静化を見せ前政権の外交政策を踏襲し始めたから。本来政府には政策の継続性が問われるので党の政策と違ってくる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

首相の鉄面皮には開いた口が塞がらない

5月28日(金)晴れ
 首相の記者会見は余りにも軽かった。「最低でも県外」「辺野古に帰ることは絶対ない」と言い続け県民に微かな希望を持たせた同じ口で「現行案で合意」と発言。しかもその理由が米海兵隊の抑止力は日本及び東アジアの安定に貢献と古い概念を持ち出す。何の進歩もなく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「率直にお詫びします」では通らない

5月27日(木)驟雨
 一時は日米共同声明の発表を遅らせるかとの観測も流れたが小党の事情より日米関係を採った。だが発表の内容は現行案と寸分違わぬもの。10ヶ月の無意味な迷走に空虚感を抱く。そればかりでなく沖縄県民に僅かな希望を抱かせ票を荒稼ぎした上で崖下に落した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

社民党は普天間問題で何か勘違いしている

5月26日(水)曇り
 社民党は沖縄の人の賛同が得られないのだから県内移設は反対と言うがこの論理を推し進めると衆遇政治になってしまう。大所高所から見てそのことが必要と判断されれば例え住民の大多数が反対しようと実現に向けて推し進むのが政治。政治の根幹が揺らいでる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

魂胆が見え見えなのにそれで参院選を乗り切る積り?

5月25日(火)晴れ
 普天間基地の移設先に辺野古を決めたことに対して工法や場所が現行案と違うと鳩山首相は強調するが桟橋方式は米側が反対しておりしかも環境アセスメントも現行案の枠内と共同声明に明記する。参院選さえ乗り切れば後は9月に率直にお詫びして現行案で強行。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

唯反対では政権与党の資格はない

5月24日(月)雨
 社民党は普天間基地の沖縄県内移設にあくまで反対と言うなら基地を何処へ持って行くのか?グアムへの全面移転を主張するならば日本の安全保障はどうするのか?軍隊を持つことにも反対しており日本をどう守るのか?平和外交で解決すると言うが具体的な案は?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「頭を下げれば済む」問題ではない

5月23日(日)雨
 「やればやるほど難しさが分かった、率直にお詫びする」沖縄米軍基地の県外へ移設、ムダの排除で17兆円捻出、公務員の人件費2割削減、衆院議員80名削減、全てこれで通してきた。格好良い言葉だけを並べて票を集め天下を取れば後は4年間頭を下げるだけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

農水省は臨機応変な対応を

5月22日(土)晴れ
 東国原知事が種牛の殺処分回避を農水省へ要請。殺処分とは健康な牛にワクチンを投与し口蹄疫に罹り難くして感染拡大の防波堤にする手段。だが種牛まで防波堤に使う必要はない。5頭のエース級も無事である保証はない。全国の畜産業を助けるためにも英断を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

良いことは即刻実施するのが政治指導

5月21日(金)晴れ
 経産省は100円の使い捨てライターを販売禁止にすることに決めたが来夏まで待たず即刻実施しては。品薄が起きるが半数が4個以上自宅に持っており11個以上も1割いるのだから。不要になったライターは10円で業者に買い取って貰えば安全に処理してくれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学校給食費は子ども手当から国が事前引当てを

5月20日(木)雨
 文科省が子ども手当の支給と給食費の引き落とし口座を同一にするよう保護者に協力を呼びかけた。何故こんな面倒なことをするのか。子ども手当の原資は我々の税金。支給されれば個人の所有になり勝手はできないが支給される前は国の物。国が自由に出来る筈。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「小林さん、もう少し待って!」鳩山

5月19日(水)雨
 小林千代美議員が辞職する方向で調整していると関係者が明らかにした。だが辞職すると小沢さんや鳩山さんに波及する。こちらも同じく元秘書が立件されており道義的責任が問われる。それより「もう少し頑張れば選対委員長代行の刑が確定し当選が無効になるよ。」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

政権与党だったプライドは何処へ?

5月18日(火)晴れ
 相変らずの強行採決と審議拒否。これでは単にメンバーが変わっただけで自民党政権時代と変わらない。方向が正反対の法改正をお互いが遣り合い蝸牛角上のことで単に堂々巡りしているだけ。その間世界情勢は激変し日本だけが取り残され発言力が益々低下する。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

亀井さんはさっさと身を引いては

5月17日(月)晴れ
 亀井氏がいくら吠えても所詮民意が認めなかった弱小党の党首。何の影響もない。民意は既に借金よりは消費税増税止む無しに傾いている。勿論その前に国会議員の半減断行が前提。国会議員が減っても景気回復には支障を来たさない。自らが範を示すことが重要。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

普天間問題は鳩山さんの完全な独り芝居

5月16日(日)晴れ
 普天間基地で1万7千人が「人間の鎖」を完成させ基地撤廃を訴えた。軍事基地やゴミ焼却炉など近隣住民に迷惑の掛かる施設の設置は誰でもが反対する。それを事情を説明し鎮めるのが政治の役目。だが鳩山首相は逆にパンドラの箱を開けわざわざ騒ぎを大きくした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

かつてのドンも病には勝てない

5月15日(土)晴れ
 自民党の青木全参院議員会長が健康を理由に参院選立候補を断念。氏に対しては高齢での公認に難色を示す声が党内にあった。衆院選で大敗し早急な党改革が叫ばれていながら依然として派閥の長老達が居座っている現状が自然の流れの中で少しずつ変わって行く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「大阪維新の会」は久々の快挙

5月14日(金)曇り
 橋下知事が主宰した大阪維新の会が最大会派に。国政も含め既存の政党は何処も党内での理念の対立が目立ち野合集団化している。それに比べ大阪維新の会は橋下知事が目指す大阪都の実現と言う明確な旗を掲げている。一つの旗印の下に集まる集団の結束は固い。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

子ども手当で予防接種を

5月13日(木)晴れ
 子宮頚がん予防ワクチンの集団接種が大田原市の市立小学校で始まった。市で全額を負担すると言うが何故子ども手当で親に出させないのか。乳幼児を含め接種が望ましい予防ワクチンは幾つもある。強制的でなく親が子ども手当をどう使うのかの試験紙にしては。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国の「松坂牛」は不味いので売れない

5月12日(水)晴れ
 中国政府に出願した「松阪牛」の商標登録が却下された。だが人気は品質が先行しブランドは後から付いてゆく。中国で松阪牛が商標登録されなくても味で差別化できれば必ず売れる。人気が出れば別の名前でも拡販可能だ。中国産「松坂牛」は美味しくないので売れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

早急に参議院の議員定数を102人に

5月11日(火)晴れ
 参院選では単なる票稼ぎを目論んだスポーツ選手や歌手の立候補が相変らず目立つ。その結果衆参の違いが曖昧になり二院制度自体を壊している。昔は参議院は良識の府と言われ議員の品格も高かった。改選時の定数を各都道府県1名とする102名構成に改革を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここでも論理のすり替え

5月10日(月)晴れ
 高速道路無料化に伴ってCO2排出量は国交省が減るとしたのに対し環境省は増えると発表。だがいずれの試算でも増減量は運輸部門の0.1%以下でしかも何故無料化するのかの目的とは別の議論。高速道路無料化は輸送コストの低減など経済効果が本来の目的のはず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大相撲の判定は「どちらが先か」でなく「技」で

5月9日(日)晴れ
 土佐豊と豊響の取り組みでどっちの髷が先に付いたかを判定の根拠にしているから相撲が邪道に流れる。どちらが先かを勝敗の根拠にするならビデオで十分。5人の勝負審判など不要。あの勝負は同体でもなく土佐豊の体は残っているが豊響の体は明らかに死に体。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

核の傘も保有と同じ

5月8日(土)晴れ
 NPT再検討会議で福山外務副大臣が核兵器を持たない国へは核兵器は使わないと言う「消極的安全保証」を提唱したが議長から「核の傘の下にある日本は適用外」と諭された。非核三原則を掲げ自分だけ良い子ぶっているが外からは日本も実質的核保有国と見られている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子ども手当ての事業仕分けを

5月7日(金)曇り
 民主党は参院選のマニフェストに子ども手当の満額支給を書くか書かないかで揉めている。だがその前に何の目的で子ども手当てを支給するのか明確にして欲しい。当初は少子化対策と言いながら途中で景気対策に変えている。本当に少子化対策になっているのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党は公約違反を連発

5月6日(木)晴れ
 国はもんじゅの運転再開の見返りに北陸新幹線の滋賀への延伸を約した。安全と言う人と新幹線と言うコンクリートとを取引した。コンクリートから人への公約は税金の使い方に限ったことではない。政策の基本線。この辺りにも言う事とやる事の矛盾が見られる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

路上生活は決して好ましい状態ではない

5月5日(水)晴れ
 野宿者の男性が4人組に襲われ重傷を負った。弱い者に暴力を振るう側は確かに悪いが行政の差し伸べる手を拒み野宿を続ける側にも問題がある。公共の土地を不法占拠するのは違法だし風紀・衛生上も好ましくない。生活保護受給の壁は低くなっているのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

米軍の沖縄基地全廃の道を探れ

5月4日(火)晴れ
 「米軍の沖縄基地全体がパッケージとして東アジアの抑止力になっていることを改めて認識した」と鳩山首相は言うがそんなことは初めから分かっている。その抑止力自体を問い直し米軍の沖縄基地全体を縮小又は撤廃する道を探るのが本来の首相の仕事ではないのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

9条を変えずに改憲する好機

5月3日(月)晴れ
 国民の約7割が憲法9条の改訂に反対。イラクやアフガニスタンでの米軍の紛争解決失敗とオバマ大統領の核兵器廃絶への動きから軍隊の保持自体に無意味さを感じている。確かに今の憲法には現状と乖離した部分がある。9条を維持し改憲への道へ踏み出す好機。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子ども手当ては金持ち優遇制度

5月2日(日)晴れ
 子ども手当ての支給に伴って一人親や子どもの多い世帯への支援制度を廃止・縮小したり、低所得世帯向けの学費援助を見直す自治体が相次ぐ。待機児童のための保育園整備などの財源に回す。結果的に子育て環境の充実にはなるが金持ちばかりが優遇されている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

格差は何処にでもある

5月1日(土)晴れ
 上海万博の華やかさに格差社会の広がりを憂う報道が多いが格差社会は健全な姿。社会は少数のホワイトカラーとそれを支える多数のブルーカラーで構成されている。大切なのは格差を無くすことではなく格差があっても安定した社会が維持できる環境を作ること。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国民は小沢氏の暴走に怒っている

4月30日(金)晴れ
 小沢氏が高速道路新料金案に反対したのは静岡県トラック協会が民主党支援の保留を表明したため。ことほど左様に全ての政策が選挙のためで決められる。恰も我々が税金を民主党が選挙に勝つために納めているが如くに。そんな権限を民主党に託した覚えはない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桟橋方式ではなくフロート式に

4月29日(木)晴れ
 鳩山首相は現行案を修正して辺野古沿岸に桟橋方式で滑走路を建設する案を考えているらしいが桟橋方式は海へ数千本の杭を打ち込むため環境破壊は埋め立てと変わらない。何故フロート式にしないのか。別の場所で造り浮かべれば環境破壊は最小限に抑えられる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

裏から手を回すとは余りにも古過ぎる

4月28日(水)雨
 鳩山首相が徳之島に航空部隊の一部を移設すると徳田虎雄元衆院議員に説明し了解を求めたが順序が逆。先日徳之島の町長達が反対を表明した際は未だその様な案は公表していないと突っぱねて置きながら地元の有力者に先に漏らす。これで解決を益々困難にした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

検察審議会の判断で小沢氏が有罪と決まった訳ではない

4月27日(火)曇り
 検察審議会が「小沢氏の政治資金規正法違反容疑は起訴相当」の表決をした。東京地検の嫌疑不十分との判断と違う結論だが立場が違うので寧ろ当然。地検は有罪を前提に公判維持が困難としてしているが検察審議会は嫌疑の有無は裁判で明らかにすれば良いとの立場。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2010 | Main | June 2010 »