« 相撲協会は大改造を | Main | 野党時代の民主党とは違う »

外から圧力を掛けないと相撲協会は変わらない

6月29日(火)雨
 「謹慎中は自宅か部屋に籠るのが慣例で今は名古屋に部屋がある」と変な理屈を付け処分の対象になった親方や力士が続々名古屋入りしいつも通りの稽古を続けている。どこが謹慎なのか。協会は今回のことで内部を改革する意思はなく蜥蜴の尻尾切りで終わらせたい。

|

« 相撲協会は大改造を | Main | 野党時代の民主党とは違う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 外から圧力を掛けないと相撲協会は変わらない:

« 相撲協会は大改造を | Main | 野党時代の民主党とは違う »