« August 2010 | Main | October 2010 »

三代揃っての肥満児

9月30日(木)雨
 三世代世襲政治の象徴としてジョンウン氏の写真が公開された。三代揃っての肥満児。国民が飢餓で明日の生活も覚束ない最中に何故太れるのか。国民を蔑ろにして自分達だけが裕福な生活を送っている証拠。米国では肥満は自己欲望を抑制できない人とゼロ評価。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

これが村木元局長冤罪事件の構図

9月29日(水)晴れ
 「村木氏逮捕の申請が通らないと思いFDの存在を隠した。弁護側に発見されるのを恐れ更新日時を書き換えた」これが前田検事の証拠隠滅の動機。「一度動き出した流れは止めない。不祥事の責任は下級役人1人が負い上司まで及ばせない」これが役人の考える全て。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国もそろそろ矛を収めては

9月28日(火)雨
 中国では依然一部の反日行動が続いている。上海万博で延べ8千人を動員して開かれるアニソンフェスティバルも中止となった。一部の行動で多くの人の楽しみを奪うのは好ましくない。中国政府もいい加減で矛を収めないと結果的に大きな代償を払うことになる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日中対立は与野党一致して対応を

9月27日(月)雨
 野党は臨時国会で尖閣諸島問題での政府の対応を正す考え。このところ多方面で対立構造が顕著になり政府が対応に追われているのを中国側に見透かされている。特に外交に関しては与野党が一致して対応しないとこのように相手から強気に出られ国益が犯される。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日中対立は与野党共同で対応を

9月27日(月)雨
 野党は臨時国会で尖閣諸島問題での政府の対応を正す考え。このところ多方面で対立構造が顕著になり政府が対応に追われているのを中国側に見透かされている。特に外交に関しては与野党が一致して対応しないとこのように相手から強気に出られ国益が犯される。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国から急いで撤退を

9月26日(日)晴れのち雨
 中国税関が日本との輸出入に対する通関の検査を厳格化し一部に遅れが出始めている。覇権を握ると強権を発動し周囲を屈服させる。それが中華思想。経済大国の称号を受け一気に攻勢に。最早中国はお得意さんではない。東南アジアに急いで舵を切る必要がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何処まで頭に乗るのだ

9月25日(土)雨のち晴れ
 日本の弱腰につけこんで案の定中国が謝罪と賠償を要求して来た。しかも4人の拘束者の大使館職員を会せ恰も人質の如くに扱う。この4人はフジタの社員で旧日本軍が残してきた毒ガス兵器の処理を担当する先遣部隊。謂わば中国人のために働いている奉仕者だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

政府の逃げ腰が更なる難題を生む

9月24日(金)雨
 処分保留のまま中国漁船の船長を釈放した。ならず者の脅迫に負けた形。これに味を占め中国は更なる無理難題を押し付けてくるだろう。不法行為に立ち向かうには多少の犠牲を払っても道理を貫かねばならずその覚悟を国民の前に明らかにし支持を仰ぐのが政治。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レアアースの輸出禁止で困るのは中国側

9月23日(木)雨
 中国がレアアースの日本への輸出を止めた。日本に圧力を掛ける意図のようだが窮すれば貪するの例えもある。いまレアアースの代替品開発が急ピッチで進んでいる。コストや若干の品質低下を我慢すれば方法は幾らでもある。代替品が開発されれば困るのは中国。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

独断専行では改革は進まない

9月22日(水)晴れ
 長妻氏が退任会見で厚労省の天敵だったのではと恨み節。だが行政には連続性が求められる。隠蔽体質や無駄遣い、天下り体質と頭から決め付けて部下の話も聞かずに変革と称して独断で一気にやり方を変えては周りが付いて行かない。結果として何も変わらない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

粛々と対応していればいずれ兵糧は尽きる

9月21日(火)晴れ
 秋葉原に来ている中国人観光客は本国での抗議行動を聞かされても全く意に介さない。SMAPのコンサート延期も被害を受けるのは中国人側。中国政府筋が一部の抗議行動を殊更大袈裟に言っているだけで多くの中国人は迷惑がっている。兵糧が無くなれば収まる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

泣く子と地頭には勝てない

9月20日(月)曇り
 中国が上海万博訪問団の受け入れを延期した。SMAPのコンサートのチケットの販売も中止。いずれも混乱を避けるためと言うが単なる嫌がらせ。石油資源の存在が分かった途端に領有権を主張し始める。他に十分な天然資源を豊富に持っているのに正に強欲の塊。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

谷亮子議員が早くも公約破り

9月19日(日)晴れ
 谷亮子選手が北京五輪後の国内外の大会に出場せず強化合宿にも参加しなかったのでシニア強化選手に降格。選挙前には五輪代表選手、ママ、国会議員の三冠を果たすと公約していながら公約実行を旗印とする小沢候補を真っ先に支持したのに早くも公約を破った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最早葬式は宗教行事では無い

9月18日(土)晴れ
 イオンが戒名料やお布施の価格表を公表したことに仏教界が反発。だが高額な戒名やお布施を請求されたと不満を漏らす人や不安を持っている人は多い。人は明瞭を好む。その流れに逆行すると自分の首を自分で締める。葬儀を儀式とし宗教行事と分けてはどうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小沢さんの政治手法は古すぎる

9月17日(金)晴れ
 小沢グループから入閣ゼロだが政治手法が正反対の人を入閣させる訳には行かない。国債を乱発し個人や特定の団体にばら撒く古い手法は時代遅れ。特に財政出動で景気が回復した例は過去20年間皆無。政府が動かせるお金はGDPの1%にも満たないのだから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

調書の捏造は日常茶飯事

9月16日(木)雨
 義父が交通事故の被害者に。事故の様子を聞きに警察官2人が病室に。1人が一方的に質問を浴びせもう1人が黙々と何かを書く。書き終わり読み始めた。「当方にも横断歩道を渡らない落ち度があるので寛大な処置をお願いします」だって。そんなこと言っていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国会議員一人ひとりに厳しく問おう

9月15日(水)曇り
 民主党代表選から一夜明けた。だが収まらないのは国会議員の投票行動。党員サポーターの意思では圧倒的に菅氏優位。でも小沢氏が健闘。国会議員は等しく選挙区に対し代表としての行動を求められる。民意を無視して何故小沢支持をしたのか明快な説明責任が。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国会議員の勝手な行動を許すな

9月14日(火)晴れ
 民主党の代表選で党員・サポーター票が250対50で圧倒的に菅支持なのに国会議員票では略互角。何故だ。国会議員は代議士とも言われ国民の意思を国会に反映させる役。民意を無視して勝手な行動を取っても良いと誰が白紙委任したのか。思い上がりも程ほどに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

モタモタが一番悪い

9月13日(月)薄曇
 名護市議選で基地移転反対派が勝利。従来案で日米が合意した後政府は何も具体的な動きを見せていないので鳩山首相の退陣で一端納まりかけた反対ムードも時間と共にぶり返した感じ。一つの動きとして一気呵成に突き進まねば事態は益々泥沼化し解決が困難に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不利を利に代える知恵を

9月12日(日)晴れ
 山口県長門市沖の日本海沿岸の定置網に8月下旬からカツオが掛かり続けている。海水温の上昇が原因のよう。一方北海道では秋刀魚の不漁が続く。円高は輸出業者にとって重荷だが輸入業者には千載一遇のチャンス。一方だけを取り上げて大騒ぎするのはどうか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

GPSぐらい自前の物を

9月11日(土)晴れ
 カーナビや船の運航などの交通関係を始めGPSは広い範囲で使われているし将来は農業や林業への応用も計画されている。だがGPSは米国からの借り物。米国の事情次第で使えなくなることも。今回の打ち上げで漸く自前の物を持つ。だがあと2基の見通しはない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大学院生の実力の無さには呆れる

9月10日(金)晴れ
 特に裁判官や検事の増員を図るために創設された法科大学院だが修了者の合格率が悪すぎる。実力判定なので修了者に実力がないのは明らか。大学院での教え方が悪いのか本人の努力が足りないのか。単に大学院に行きさえすれば試験に合格すると考えるのは甘い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何処の議会も議員報酬が高すぎるし数が多すぎる

9月9日(木)晴れ
 地方議会で議員報酬削減や定数削減で市長と議会が激しく対立している。国会議員も含め議員報酬が高過ぎるし数が多すぎる。だがどちらも議会を通らねば実施されない。好んで自分の首を絞める人はいない。この二つだけは別の手段で実施できるようならないか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いくら財政出動しても景気は良くならない

9月8日(水)嵐
 小沢前幹事長は円高対策として2兆円以上の財政出動が必要と言う。今が緊急事態だから国債の追加発行も止むを得ないとも言う。だが小渕政権からずっと同じことを言い国債を発行し続けてきた。その結果景気浮揚感は薄く借金だけが膨らみ閉塞感が募るばかり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ねじれ状態こそ健全

9月7日(火)晴れ
 小沢前幹事長は代表選に勝てば参院で連立を探しねじれ状態を解消すると言う。それで自分勝手な法案を全て強引に通すとの考え。野党と折り合いをつけることによって最大多数の民意が反映される。自分に都合の良いことだけを貫けば国民生活は滅茶苦茶になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

抗生物質の乱用は止めよう

9月6日(月)晴れ
 帝京大学病院でアシネトバクターによる院内感染があり死亡者まで出た。獨協大学でもインドから帰国した患者からNDM1遺伝子を持つ大腸菌が見つかった。いずれも多剤耐性菌。抗生物質は即効性の治療薬だが乱用していると効かなくなる時代が必ずやって来る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

企業への数々の規制を撤廃せよ

9月5日(日)晴れ
 スズキがインドに新工場を建設し日本を上回る生産拠点にする。製造業での派遣労働禁止や正規雇用の義務付けなど日本での生産維持は益々難しくなり企業は競って海外へ拠点を移す。政治家が目先の支持率に目が眩み規制を強めると大切なものを失う結果になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

臓器提供は本人の意思に関係なく家族が決めるのが自然

9月4日(土)晴れ
 死んだ本人に意識は無い。死体は残された家族の物。本人の意思に関係なく臓器提供は家族が決めるもの。ただ顔色も良く規則正しく息をしており心臓も動いている。この状態で死んだと認める。体を切り裂かれることを思うだけでも苦痛。家族の負担は想像以上。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

匠の技を磨こう

9月3日(金)晴れ
 製造業の倒産が再び増える懸念がある。主力工場が海外移転した所謂空洞化だけでなく応用や改善技術など楽な技術開発へ流れたため中国などの新興国に技術的にも追いつき追い越されている。長期間修行を積んだ匠の技を生かした基礎技術の充実こそ生き残る道。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小手先の施策ではデフレ脱却はできない

9月2日(木)晴れ
 公明党が約4兆円の補正予算を柱とする緊急経済対策を発表。幹線道路の整備や雇用対策、子育て支援や医療・介護などの福祉分野へ投入しデフレ脱却を目指すという。だがデフレとは消費活動全般の症状。特定の分野を活性化しても消費活動全体へは波及しない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

額に汗して働かねば景気は回復しない

9月1日(水)晴れ
 デフレスパイラルが実しやかに言われているが消費停滞は物余りから来ている。金融緩和などデフレ克服策を講じても景気は回復しない。不況の最大の理由は日本の技術が外国に負けてしまったことにある。汗を流さずちょっとした思い付きと機転が横行し過ぎた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »