« 時間の引き延ばしをせずに速やかに裁判で決着を | Main | 中国が禁輸しても心配御無用 »

耐震強度自体を見直せ

10月19日(火)曇り
 国交省は建築法違反に対する罰則を強化するというがそもそも耐震強度を震度7に引上げたことに問題がある。震度7は震源地の真上でないと観測されないし真上では地盤自体が変形するのでどんな建物でも壊れる。その建物に過大な費用を掛けるのは愚かなこと。

|

« 時間の引き延ばしをせずに速やかに裁判で決着を | Main | 中国が禁輸しても心配御無用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 耐震強度自体を見直せ:

« 時間の引き延ばしをせずに速やかに裁判で決着を | Main | 中国が禁輸しても心配御無用 »