« October 2010 | Main | December 2010 »

恥じの上塗り

11月30日(火)曇り
 記者会見での仙谷官房長官の「いい加減な人のいい加減な発言には全く関与する積もりはない」との発言に対し丸山和也議員が侮辱として損害賠償を求めて訴えた。だがもし「いい加減な人をいい加減な人と言っても侮辱には当たらない」との判決が出たらどうする積もり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国は他国並みに放射性物質を処理すべき

11月29日(月)晴れ
 中国からのレアアースの輸入量が激減している。レアアースを安く買い取ろうとするから問題なので正統な値段を払えば何処からでも手に入る。中国は鉱石に伴って出てくる放射性物質の処理を怠っているので安い。他国並みに処理すれば寡占状態などありえない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

じっくり待とう

11月28日(日)晴れ
 中国は北朝鮮が過激な行動に出ているのは米国が話し合いの席に付かないからだとしているがここで折れたら完全に北朝鮮の術中に乗ったことになり今後何度も同じ手を使わせることになる。北朝鮮が「六カ国会議参加が身を守る唯一無二の手段」を自覚するまで待つ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自民党は今こそ存在を示す絶好にチャンス

11月27日(土)晴れ
 問責決議案が可決され審議拒否に入る野党に対し前原外相が税金泥棒と批判。だが民主党が野党時代に麻生首相の問責決議案を可決した際は審議拒否をしている。自分の行為を棚に上げて相手を批判するのは天に唾する行為。だが野党も前例に盲従するのは能なし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

作り話には厳罰を

11月26日(金)曇り
 大阪ミナミの路上で痴漢行為をしたとして起訴された男性に対し大阪地検が無罪判決を下し被害者の作り話であることが証明された。痴漢行為は物的証拠がなく被害者の証言が全てなので冤罪を生み易い。被害に遭う男性諸氏のため多額の損害賠償を求めて欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

矢張り小沢氏はクロだ

11月25日(木)晴れ
 小沢元代表は国会招致に対しては現在司法手続き中であり司法の場で証言すると出席を拒否。他方裁判所に対しては検察審査会の議決は無効の訴えをしている。本当に無実ならどちらにも堂々と出て説明したらどうか。ごねればごねる程脛に傷持つ身と勘ぐられる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本選手は大リーグでは通用しない

11月24日(水)晴れ
 次々と日本選手が大リーグから逃げ帰っている。徹底した自己管理と過酷な起用にケガや故障で戦列を離れ挙句の果てに戦力外通告。球団に丸抱えで甘やかされているひ弱な選手には大リーグは無理。相手も分かっており岩隈選手の様に年俸が日本並みに低い評価。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

菅政権は韓国を見習え

11月23日(火)曇り
 韓国は事件発生後直ちに駐在の各国大使を呼び事態の詳細を説明するとともに北朝鮮の挑発を訴えた。国連安保理への提訴も視野に。海上保安庁や沖縄地検に処置をやらせて自らは無関係を決め込んだ挙句相手側の攻勢にうろたえた菅政権とは鮮やかさに雲泥の差。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

学校を責めても苛めは無くならない

11月22日(月)曇り
 小中学生の自殺が流行っている。親は決まって学校を責める。だが学校に責任を転嫁しても苛めは無くならない。苛められているか否かは主観の問題で客観的な線引きはできない。他人を疎ましく思うのは自然の感情。親が強く逞しく育てて守ってやる以外にない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小手先の規制ではジリ貧

11月21日(日)晴れのち曇り
 理美容店にシャンプーなどの洗髪設備を義務付ける改定条例案が千葉県議会に提出される。だが欧米では理容店での洗髪はない。そもそも今の理美容店は店舗数が多く1店舗当たりの水揚げが少なすぎる。若者に人気がなくここでも高齢化が進み此の儘ではジリ貧。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

野菜工場をもっと広げよう

11月20日(土)晴れ
 夏の猛暑で夏秋野菜の不作が続き値段が高騰したが今度は10月中旬以降の低温で秋冬野菜が高値。消費者の野菜買い控えへの懸念が広がっている。一方でモヤシやキノコ類などの工場生産品は売れ行きの好調が続く。これからの野菜の生産の方向を示唆している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

意味を持たないNATOのMD計画

11月19日(金)晴れ
 ロシアも含めてNATOが米国と連結したMD計画を進めると言う。元々MD計画は旧ソ連の脅威から守るために開発された計画だがそのロシアが仲間に入ったら何処からの脅威から守るための物か。イランや北朝鮮と言うが彼らに大陸間弾道弾を持つ力があるのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党は専守防衛が何たるかが分かっていない

11月18日(木)晴れ
 民主党は中国海軍の活発化を念頭に南西海域の防衛を重視し潜水艦戦力を増強すると言う。潜水艦は海底に潜み敵を撃つ攻撃型兵器。自衛隊に対し専守防衛に徹せよと言いながら「目には目を」や「攻撃は最大の防御」論が見え隠れ。暴力装置と口をすべらすのも無理ない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

補助金に甘えた農業側が悪い

11月17日(水)雨
 農業団体が「十分な国民的議論がないまま拙速にTPP参加を表明するのは問題」と言うが貿易自由化は最終的には避けて通れないのだから農業も国際競争力をつける構造改革が必要と自由化の議論が出る度に言い続けられそのための補助金も出たが全部箱物に化けた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

シンドラー社製エレベーターが事故

11月16日(火)晴れ
 シンドラー社製のエレベーターが事故。久々に聞く社名。だが原因はブレーキ関係にあるらしい。ブレーキ異常は製造の問題ではなくメンテナンスの問題。メンテナンスの不良まで製造者が責任を問われては堪らない。何でも大企業に責任を負わす悪癖は止めよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

TPP参加を前提に産業構造改革の具体策を

11月15日(月)曇りのち雨
 TPPに参加するか否かを議論する段階は過ぎた。参加以外選択肢はない。参加しなければ世界から取り残され取り返しの付かないことになる。それより参加を前提に農業のようなひ弱な産業をどう構造改革し国際競争力を付けるかの具体的方策を議論する段階に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国家が未熟な時は反体制が必ずしも正しいとは言えない

11月14日(日)曇り
 それぞれの国にはその国に合った政治体制がある。民主主義国家も有れば独裁国家もある。民主主義が良くて独裁が悪いと決め付けられない。国民自身が選択した道を他からとやかく言うべきではない。スーチーさんが時の政権に反抗しているのは紛れもない事実。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

皆がやっているのだから自分も

11月13日(土)晴れ
 国会議員歳費の1割削減が身内議員の猛反対で頓挫。「対立候補は有権者に香典や弔電を送っている。企業団体献金もなく金集めに苦労しているのに削減とは」の声。「皆が悪い事をしているのに自分だけが良い子では損をする。皆が良くなる迄自分も悪い事をする」論理。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

刑務所での待遇が良すぎる

11月12日(金)晴れ
 重大な犯罪で服役を終えた後10年の間に約3割が再犯を犯すと言う。軽度の犯罪では再犯率はもっと多い。出所したが身よりも無く稼ぐ充ても無い。ホームレスで辛い思いをするより刑務所での暮らしの方が益し。温かい布団と三食昼寝付きでガードマン迄付く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

生活の良し悪しは単なる所得の高低だけでは測れない

11月11日(木)晴れ
 沖縄知事選で立候補した全員が米軍基地の県外移設が公約にしている。だが全国最下位の県民所得を上げる振興策は基地に頼る以外に具体的な提案がない。ただ最下位でも県民が互いに助け合い豊かな精神生活を送っている現状では所得を上げる必要があるか疑問。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お座成りの経費削減

11月10日(水)晴れ
 民主党は「まず隗より始める」と大上段に構えて国会議員の来年度からの歳費削減の法案を国会に提出すると言う。だがたったの1割。参院選では定数削減も含めて国会の経費2割削減を公約にしている。加えて定数削減の方は野党との折り合いが付かず棚上げ状態に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

何でも先延ばし

11月9日(火)晴れ
 農業の構造改革に関する基本方針を来年6月に決めると言う。遅すぎる。基本方針だけなら今すぐにでも決まる。TPPに参加する以上農業に国際競争力をつける以外無い。そのためには農地を大規模に集約化し農家の法人化や企業による工場生産を積極的に進める。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

国会は全体がKY

11月8日(月)晴れ
 衆院予算委員会で質疑に立つ野党側議員が一室に集まり報道陣を締め出して議会用に編集された衝突ビデオを見た。もっと詳しいビデオがネット上に拡散したままでテレビも繰り返し報じているにも拘わらず。決め事とは言え融通のなさに呆れる。仕分けの対象に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

民主党は外交戦略が皆無

11月7日(日)晴れ
 メドベージェフロシア大統領が北方領土を訪問したことに不快感を示す意味で駐ロシア大使を帰国させたが相手が取り合わなかったことと二の矢を準備していなかったためそのまま帰任させた。僅か4日間の滞在だった。何の戦略もなく場当たり的な対応が目立つ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

情報流出は強烈な政権批判

11月6日(土)晴れ
 鳩山前首相が「海上保安庁か検察のどちらかが流したのは明らか。政府にいる人間が政権批判の情報クーデターを起こしたとすれば大変厳しい」と述べた。尖閣諸島の警備に当たる人たちは日々生命の危険に曝されている。曖昧な政府の対応では危機感を持つのは当然。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不採算の公共工事が生まれる理由

11月5日(金)晴れ
 八ツ場ダム建設の最大の根拠とされてきた200年に1度の大洪水の際の最大流量は30年前に算出されたものがそのまま使われていた。静岡空港建設の判断基準となる年間乗降客数も現実離れした数値。公共工事は全て建設必要との結論が出る都合の良い数値を使う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

相変らず煮え切らない民主党

11月4日(木)曇り
 民主党はTPPについて提言を纏めた。だが党内に異論が噴出し結局は曖昧な表現に納め政府に一任した格好。相変らず票田欲しさの体質は変わらない。TPPに参加すれば日本の農業は壊滅すると一義的に決めているが飼料や肥料などが安く入り採算は改善される筈。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小沢氏の有罪が白日の下に曝される日も近い

11月3日(水)晴れ
 小沢元代表がきちんと公開の場でやりなさいと言うのが検察審査会の意見だからそれに従ってきちんと説明したいと語った。つい最近まで検察審査会の決定は秘密裏に行われており正当性を欠くと裁判所に提訴していた主張はどこに行ったか。兎も角逃げたい一心。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

外されたのは身から出た錆

11月2日(火)晴れ
 海江田経済財政相が来年度予算編成EPAに関する閣僚委員会のメンバーから外されたと不快感を露に。だが経財相は景気の低迷や円高、財政赤字など経済財政面では問題が山積している昨今では積極的にリードしていく立場。日頃の行いを棚に上げてボヤクとは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

借金をどこまで増やすつもりか

11月1日(月)曇りのち晴れ
 菅内閣は今夏の人事院勧告に沿った国家公務員の給与法改正案を閣議決定した。仙谷官房長官は来年の次期通常国会に大幅引き下げ法案を提出すると言うが当てにならない。マニフェストのいやな部分は先送りしいい顔だけで人気取り。相変らずの借金財政が続く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2010 | Main | December 2010 »