« 小手先の規制ではジリ貧 | Main | 菅政権は韓国を見習え »

学校を責めても苛めは無くならない

11月22日(月)曇り
 小中学生の自殺が流行っている。親は決まって学校を責める。だが学校に責任を転嫁しても苛めは無くならない。苛められているか否かは主観の問題で客観的な線引きはできない。他人を疎ましく思うのは自然の感情。親が強く逞しく育てて守ってやる以外にない。

|

« 小手先の規制ではジリ貧 | Main | 菅政権は韓国を見習え »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 学校を責めても苛めは無くならない:

« 小手先の規制ではジリ貧 | Main | 菅政権は韓国を見習え »